09-18 [London 1983 2nd Night]


ジャケット画像

Black Box [015]
London 18 September 1983

Disc 1

  1. Land Of Hope And Glory
  2. Over The Rainbow
  3. Spotlight Kid
  4. Miss Mistreated
  5. Fool For The Night
  6. I Surrender
  7. Can’t Happen Here
  8. Catch The Rainbow
  9. Drinking With The Devil
  10. Guitar Intro.
  11. Difficult To Cure
  12. Drum Solo

Disc 2

  1. Power
  2. Blues
  3. Stargazer
  4. Stranded
  5. Death Alley Driver
  6. Fire Dance
  7. All Night Long
  8. We’ll Meet Again (Outro.)

1983年のイギリス・ツアー、終盤に行われた2日間のロンドン公演、その2日目を収録したとされるオーディエンス音源をソースとした2枚組プレスCD。アナログ盤[Sweet Silence]の盤起こしです。

この日はオープニングとエンディングのSEが通常のコンサートと異なっていることがよく知られているところです。オープニングはイギリスの歌手、ヴェラ・リンが歌う「希望と栄光の国(Land Of Hope And Glory)」です。通常のオープニングSEは行進曲「威風堂々第一番(Pomp and Circumstance)」ですが、このメロディに歌詞をつけると『戴冠式頌歌』の終曲である「希望と栄光の国」という別の曲になるわけです。このヴェラ・リンの歌うヴァージョンはおそらくパーロフォンから1962年に出ていたシングルの録音と思いますが、確証はありません。エンディングは、同じくヴェラ・リンが歌う"We’ll Meet Again"で、オリジナルは1939年のSP盤ですが、戦時中の1943年にリリースされたものが一番有名かもしれません。映画「博士の異常な愛情」のエンディングでも使われています。ちなみにPink Floydの"The Wall"アルバムに収録されている"Vera"は、彼女と"We’ll Meet Again"について歌われています。

で、「なぜこのロンドン2日間(初日はSEが録音されていませんが、おそらく同じテープを使っていたと思われます)だけ、SEが変わっていたのか」という疑問ですが、考えられる理由の一つに、この時期にロンドンで行われるクラシック音楽祭があります。「BBCプロムナードコンサート」、略して「プロムス」と言われるイベントで、夏のロンドンで8週間にわたって行われる音楽祭ですが、その最終日は「Last Night of The Proms」と呼ばれる特別なコンサートとなります。このコンサートの最終曲に「威風堂々第一番」を観客全員の歌入りで演奏するのが慣例となっています。この1983年の「Last Night of The Proms」は9月17日、つまり、Rainbowのロンドン公演初日でした。そこで、プロムスにひっかけてこのロンドン公演2日間だけ、「希望と栄光の国」に変更したとも考えられます。エンディングは……オープニングに合わせたとか(汗……ちなみに、1983年は"We’ll Meet Again"の戦時中のリリースからちょうど40周年ではあります。

ちなみに、数あるRainbowのライブCDではオープニングSEで流れる行進曲に"Land Of Hope And Glory"とクレジットされることが大変多いですが、前述の通り、流れているテープは行進曲なので、正確なクレジットは"Pomp and Circumstance"と修正されなければなりません……が、あのメロディが始まると海外の大半のオーディエンスは歌詞を知ってて歌っちゃうので、"Land Of Hope And Glory"でもあながち間違いではな……いやいや会場で流れてるテープは歌なしなのでやはり(以下略……日本ではほとんど歌う人いないので、これから出る日本公演ものではぜひとも正確なクレジットを(以下略再。

えーっと、この音源の内容についてはアナログ盤の記事を参照してください(汗