USA Tetragrammaton T 102 : [Shades Of Deep Purple] (Factory No.4)


ジャケット画像

Deep Purpleのアメリカ盤テトラグラマトン・レーベルは、ヴァリアントが多い上、カウンターフィットの存在も指摘されているなど、あまりハマりたくない要素が多いのですが、現時点で確認しているヴァリアントを掲載していきます。

ファクトリー・ナンバー「5」の盤と比較すると、このジャケットの印刷のシェードは鮮やかとは言えず、全体的にくすんだ感じがすると思います。これは、経年変化ではなく、この様な印刷シェードのジャケットが当時から存在していました(見てきたよーなことをゆーてますが)。この様なくすんだジャケットの裏には、たいていの場合、以下の画像の様な番号が入っているはずです。

ジャケット画像

「PRINTED IN U.S.A.」の下に「4」と書かれています。ファクトリー・ナンバー「4」のジャケットになります。ジャケットだけではなく、レーベルの字体もファクトリー・ナンバー「5」の盤とは異なっています。

ジャケット画像

A面のレーベル。字体の違いがお分かりいただけ……だけ……るかどうかわかりませんが(汗、違っています(ヲイ)レーベル外周のクレジットは多分、ほぼ、間違いなく、「A DIVISION OF…」クレジットになっているはずです。

ジャケット画像

レーベルのB面。ラン・アウト・グルーヴには「○印に"MR"」の刻印は入っていません。原盤番号が手書きで刻印されているのみとなります。そして、ファクトリー・ナンバー「4」のレコードで聴ける"Hey Joe"は、エンディングのSEが収録されていません。この盤は東海岸プレスとされています。西海岸プレスと東海岸プレス、どちらの音を好みとするかは人によると思いますが、個人的にはエンディングのSEが収録されていない盤をわざわざ採らないでもいいのではないかと考えています。

ジャケット画像