11-11[Rainbow Moon In Yoyogi 1995]


ジャケット画像

Shakuntala SICD 150/51
Tokyo 11 November 1995

Disc 1

  1. Land Of Hope And Glory – Over The Rainbow
  2. Spotlight Kid
  3. Too Late For Tears
  4. Long Live Rock’n’Roll – Black Night
  5. Hunting Humans
  6. Wolf To The Moon
  7. Difficult To Cure
  8. Keyboard Solo
  9. Still I’m Sad
  10. Drum Solo
  11. Man On The Silver Mountain
  12. Temple Of The King

Disc 2

  1. Black Masquerade
  2. Guitar Solo
  3. Ariel
  4. Since You Been Gone
  5. Perfect Strangers
  6. Greensleeves
  7. Wartzing Matilda
  8. Hall Of The Mountain King
  9. Sweet Home
  10. Burn
  11. Over The Rainbow

1995年、再編成Ritchie Blackmore’s Rainbowの来日公演初日、11月11日の代々木オリンピック・プールでのステージを収録したとされるオーディエンス音源をソースとしたプレスCD。当サイトでは[The 1st & 2nd Show]しか紹介できていませんが、1995年当時はもう一種、某レーベルからプレス盤が登場していました。そちらは聴いていないので、今回登場した音源が初登場かどうかについては自信がありませんが、私は初めて聴くものだということだけは言えます。ステージから距離があるというより、あのオリンピック・プールの会場で音が拡散してしまう状況でよくここまで、と思う、良い状態で録音されたテープだと思います。バランスも良好ですし、歪みもありません。

クレジットでは"Land Of Hope And Glory"が収録されているように書かれていますが、"Over The Rainbow"からスタートします。この日は"Land Of Hope And Glory"のテープが流れてから、なかなか"Over The Rainbow"がスタートせず、Rushの"Fly By Night"がかかったりしてから"Over The Rainbow"のSEが始まる、という変則的な始まり方でした。当時聞いた噂では、バックステージで少々トラブルがあったらしいですが、真偽のわからない話なので詳細は触れません。そこから始まるステージは翌日の同会場でのショウより曲数こそ少ないものの、リッチーのギター・ソロが随所で長く演奏されており、時間的には翌日のショウと遜色ない内容を繰り広げています。本作はそんなリッチーのギターのディティールを良い状態で捉えており、"Ariel"後半、キャンディスのコーラスに乗せてプレイされるリッチーのツアー中最長のソロ・パートなどを十分に堪能できます。


11-12 [Stranger Day’s:The Second Day]


ジャケット画像

WV-181-T3/4
Tokyo 12 November 1995

Disc 1

  1. Spot Light Kid
  2. Rainbow Eyes
  3. Too Late For Tears
  4. Long Live Rock’n’Roll – Black Night
  5. Hunting Humans (Insatiable)
  6. Wolf To The Moon – Difficult To Cure – Guitar Solo – Keyboard Solo
  7. Still I’m Sad – Drums Solo
  8. Man On The Silver Mountain
  9. Love Hurts
  10. Temple Of The King

Disc 2

  1. Black Masquerade
  2. Arial
  3. Street Of Dreams
  4. Trad. Song
  5. Since You Been Gone
  6. Perfect Strangers
  7. Trad. Song
  8. Hall Of The Mountain King
  9. Stone Cold
  10. Trad. Song
  11. Burn
  12. Maby Next Time
  13. Woman From Tokyo
  14. Smoke On The Water

コメント未作成


11-16 [Osaka 1995 1st Night]


ジャケット画像

Black Box [006]
Osaka 16 November 1995

Disc 1

  1. Land Of Hope And Glory
  2. Over The Rainbow
  3. Spotlight Kid
  4. Too Late For Tears
  5. Long Live Rock’n’Roll
  6. Hunting Humans
  7. Wolf To The Moon
  8. Difficult To Cure
  9. Keyboard Solo
  10. Still I’m Sad
  11. Drums Solo
  12. Street Of Dreams
  13. The Temple Of The King
  14. Black Musquerade

Disc 2

  1. Ariel
  2. Since You Been Gone
  3. Perfect Strangers
  4. Traditional Song – Waltzing Matilda
  5. Hall Of The Mountain King
  6. Maybe Next Time
  7. Stone Cold
  8. Burn
  9. Greensleeves
  10. Over The Rainbow

[Stranger In Us All]発表後に行われた1995年ワールド・ツアーの最終日程となった日本公演より、大阪初日となった11月16日、大阪城ホールでのステージを収録したとされるオーディエンス音源をソースとした2枚組プレスCD。新レーベルBlack Boxよりの登場です。この日を収録したアイテムは来日直後に[Stranger Day’s:The Fourth Day]がリリースされて以来のプレスCD。

本作のソースとなった音源、[Stranger Day’s:The Fourth Day]とは異なっているか?うーん、かなりグレイではありますが、同じじゃないかなー?という印象。[Stranger Day’s:The Fourth Day]はモノラル音像で、当盤はステレオ音像です。両者とも楽音のバランスは同程度で、オーディエンスの歓声は同じものが聴こえます。ただ、歓声の聴こえ方が違うような気がしないでもないのですが、方やモノラル、方やステレオということが関係してるかもしれず、両者が非常に近い位置で録られた別音源か、[Stranger Day’s:The Fourth Day]がステレオ・マスターをモノラル・ミックスしていたのか(当盤のステレオ音源は定位が非常に不思議な聴こえ方をしていてどのような位置関係の録音なのか今ひとつ掴めない)、なんとも断定する材料に乏しいのですが、ステージ上の音を非常に近く捉え、オーディエンス・ノイズも過剰に入ることのない優良録音であることは共通しています。[Stranger Day’s:The Fourth Day]が登場して20年が経過しているので、このステージを未聴の方は当盤を探してみるといいでしょう。


11-22 [炎 – Burning Yokohama]


ジャケット画像

Tarantura TCDRAINBOW 35
Yokohama 22 November 1995

Disc 1

  1. Over The Rainbow
  2. Too Late For Tears
  3. Long Live Rock’n’Roll
  4. Hunting Humans
  5. Smoke On The Water
  6. Wolf To The Moon
  7. Difficult To Cure
  8. Keyboard Solo
  9. Still I’m Sad
  10. Drum Solo
  11. Man On The Silver Mountain

Disc 2

  1. The Temple Of The King
  2. Black Masquerade
  3. Ariel
  4. Since You Been Gone
  5. Perfect Strangers
  6. Waltzing Matilda
  7. Hall Of The Mountain King
  8. Maybe Next Time
  9. Burn
  10. Stone Cold
  11. Yokohama Song
  12. Greensleeves
  13. Street Of Dreams
  14. Over The Rainbow

[Stranger In Us All]アルバム発表後の日本公演より、終盤となる11月22日に行われた横浜文化体育館でのステージを収録したとされるオーディエンス音源をソースとした2枚組プレスCD。来日当時は様々なプレスCDがリリースされていた1995年の日本公演ですが、近年はCD-Rのみのリリースが定着しており、本作はおそらく今世紀初の(笑)プレスCDによるリリースとなります。この日の主なプレスCDには[The 8th & Last Show][Stranger Day’s:The Eighth Day]があり、以後20年近くプレスCDでのリリースが途絶えていたことになります(……と、思います)。

今回登場した本作で使用されているソースはおそらく[The 8th & Last Show]と同様の録音と思われますが、こちらの方がとっつきやすいマスタリングが施されており、楽しめると思います。会場のサイド側の席で録音していたような音像はそのままなので、よりバランスの良いオン気味の音像を求めるなら[Stranger Day’s:The Eighth Day]の方が若干有利かもしれませんが、リッチーのギターにより焦点の当たったこの録音も捨て難い魅力に満ちています。私はこの公演に足を運びましたが、その時のことを思い出させてくれるディスクです。


10-02 [In The Hall Of The Mountain King]


ジャケット画像

Tarantura TCDRAINBOW 29
Stockholm 2 October 1995

  1. Over The Rainbow
  2. Start
  3. Spotlight Kid
  4. Long Live Rock’n’Roll
  5. Hunting Humans
  6. Black Masquerade
  7. Blackmore’s Blues
  8. Since You Been Gone
  9. Perfect Strangers
  10. Hall Of The Mountain King
  11. DJ
  12. Smoke On The Water
  13. Band Introduction
  14. DJ Outro.

再編成Rainbow初のツアーとなった1995年秋のヨーロッパ・ツアー、開始2日目となる10月2日、ストックホルムでのステージを収録したとされる放送用音源をソースとしたプレスCD。ツアー当時に登場していた[Stranger In Stockholm]以来となるCDです。

[Stranger In Stockholm]よりも音圧が上がりエッジの立ったサウンドとなっていて、好みが分かれるところですが、両者とも使用されているソース自体の違いはさほどないように思われるので、機会があればどちらで聴かれても構わないと思います。内容的には、こちらにはボーナス・トラックがなく、ストックホルム音源のみで構成されているところがポイント。コンサートの体験としては曲数的に物足りなさを感じるところですが、余計なボーナスがついているのもそれはそれでうっとおしいとか、リスナーはいろいろと身勝手なものでございまして(汗

[Stranger In Stockholm]が出た当時は、「今のご時世ならノーカットの音源もすぐに流出してくるだろー」などとたかをくくっていたのですが、未だにこれ以外のテープは出てきていません。唯一、"The Temple Of The King"のみ、当時リリースされていたシングルCDに収録されています。この日のステージはオーディエンス・ショットの映像が存在していますので、コンサート全体のセットリストはそちらを参照してください。


11-22 [Stranger Day’s:The Eighth Day]


ジャケット画像

Wyvern WV 181 Y15/16
Yokohama 22 November 1995

Disc 1

  1. Too Late For Tears
  2. Long Live Rock’n’Roll – Black Night
  3. Hunting Humans(Insatiable)
  4. Smoke On The Water
  5. Wolf To The Moon – Difficult To Cure
  6. Still I’m Sad
  7. Man On The Silver Mountain
  8. Temple Of The King

Disc 2

  1. Black Masquerade
  2. Ariel
  3. Since You Been Gone
  4. Perfect Strangers
  5. Waltzing Matilda
  6. Hall Of The Mountain King
  7. Maybe Next Time
  8. Burn
  9. Stone Cold
  10. Traditional Song – Greensleeves
  11. Street Of Dreams

コメント未作成


10-31 [Long Live France]


ジャケット画像
EC 008-011
Disc 1/2 : Lyon 30. October 1995
Disc 3/4 : Paris 31. October 1995

Disc 1,2は省略

Disc 3

  1. Over The Rainbow
  2. Spotlight Kid
  3. Too Late For Tears
  4. Long Live Rock’n’Roll
  5. Hunting Humans
  6. Traditional Song – Wolf To The Moon
  7. Difficult To Cure
  8. Keyboard Solo
  9. Still I’m Sad
  10. Drum Solo
  11. Man On The Silver Mountain

Disc 4

  1. Traditional Song – Temple Of The King
  2. Black Masquerade
  3. Ariel
  4. Since You Been Gone
  5. Perfect Strangers
  6. Woman From Tokyo
  7. Walzing Matilda
  8. Hall Of The Mountain King
  9. Blues – Burn
  10. Smoke On The Water
  11. Over The Rainbow

ドイツ・ツアー終了後、10月30日と31日にはフランスでコンサートを行っています。これは、この2日間を収録した4枚組で、たいへん音質、内容とも素晴しいです。特にセット・リストで目立った変化はありませんが、充実した演奏が聴けます。当サイトでは日付ごとに掲載します。

ハロウィンにあたる31日のパリ公演は、30日に比べるとギターが小さめな感じがしますが、それでもなかなかのバランスで聴くことができます。’"Spotlight Kid’"の導入で、いつもならすぐにギターのリフが始まるのですが、この日はなぜかなかなか弾き出さず、ポール・モーリスのキーボードの音が長く聞こえています。

全体的な演奏の雰囲気は他の公演と変わりませんが、やはりリッチーのライヴは、こういう場でも書き切れない細部の違いにも楽しみがあり、この日も’"Too Late For Tears’"の後半部など、聴き所は一杯です。ジャケットにはミスで’"Ariel’"がクレジットされていませんが、ここに上げたとおりちゃんと収録されています。この’"Ariel’"の後半のソロはいつも聴きものですが、この日は特に素晴しいプレイをしています。日本公演初日、代々木でのプレイと遜色ないものが聴けます。

アンコールの’"Blues’"は、いつもとちょっと違う導入フレーズで始まります。そのあとのアンコールは、いつもの流れで終了します。この日は特に珍しい曲はプレイされませんが、内容的には充実していて、基本セットの演奏ではベストの出来に近いでしょう。

この日のステージは、スタッフがステージ袖から撮影した高画質のプライヴェートビデオも出回っています。リッチーがスタッフに支持する声が聞こえたり、ドラムソロのあいだアンプの影で休んでいるリッチーを追いかけていたりする、ファンにはオイシイ映像です。音質はよくありませんが、それはこのCDを聴けば解消されます。また、フランスのテレビ取材で撮影された、ワンカメラによるプロ・ショット映像も存在します。

このあとは翌日11月1日にブリュッセル公演があり、この日はプライヴェート・ビデオが出回っています。