USA Tetragrammaton T 107 : [The Book Of Taliesyn] (Factory No.4 – Fake?)


ジャケット画像

Deep Purpleのアメリカ盤テトラグラマトン・レーベルは、ヴァリアントが多い上、カウンターフィットの存在も指摘されているなど、あまりハマりたくない要素が多いのですが、現時点で確認しているヴァリアントを掲載していきます。

東海岸プレスとされるファクトリー・ナンバーが「4」のジャケットには、たまに怪しげなプレスのレコードが混じっていますので要注意です。上に掲載した画像がそのジャケットになりますが、これだけではちょっとわかりにくいです。それでも、スリックの貼り方がぞんざいだったり、絵画やタイトル・ロゴの枠線が太めで、ぱっと見がけっこう野暮ったい仕上がりに感じますが、これは比較できる人にしかお勧めできない見分け方になりますので、あまりこだわらないでください。

ジャケット画像

裏ジャケットの文章上に表れる罫線やシンボル・マークも少し野暮ったいかもしれませんが、これは比較できる人に(以下略。で、この野暮ったいジャケットに入っているレコードの音なんですが、B面で壮大なノイズが入ります(以前、伝記本『狂気の雷舞』で「カッティングが良くないので音質最悪」と書かれていたのはもしかしたらこの盤だったかもしれないとも思います)。

ジャケット画像
ジャケット画像

こちらがレーベル。画像ではあまり表現できていませんが、シルバー・レーベルの「ギラギラ度」がかなり高いです。シルバー・レーベルだからと言ってあからさまな銀色にこだわるとアブない理由は、このようなレコードの存在にあります。刻印は鉄針で引っ掻いたような手書きの適当なものが刻まれています。

ジャケット画像