11-28 [Miss Molly At University]


ジャケット画像

Bondage BON 165-166
Disc 1 : Hidelberg 28 November 1970
Disc 2 : Amsterdam 15 January 1970 (TV Studio Live)

Disc 1

  1. Speed King
  2. Into The Fire
  3. Chile In Time
  4. Mandrake Root
  5. Black Night
  6. Lucille
  7. Good Golly Miss Molly

Disc 2は省略

1970年の二つの音源をカップリングした2枚組プレスCD。当サイトでは日付ごとに掲載します。

Disc 1は、当時久しぶりに登場した1970年のライヴ音源です。名盤"Scandinavian Nights"収録のストックホルムから約2週間後のハイデルベルクでの演奏とされるCDです。このツアーは前日の11月27日からスタートし、12月12日までドイツを回っています。ただ、"Live Cassette Analysis"に掲載されている、11月28日のものとされるテープの曲目を見ると (現物を聴けないのが苦しい)、アンコールの曲目が違います。

音質はこの時期のDeep Purpleのオーディエンス音源としては標準的なもので、かなり苦しいものがあります。ダビングを重ねたことによると思われる音の濁り、カスれが目立ち、大音量になるところでは過大入力による歪みもあり、聴きやすいものではありませんが、"In Rock"リリース後のライヴ音源が意外と少ない現在、この音源の存在自体は貴重なものがあります。バランス自体はそれほど悪くはありませんが、リズム隊がやや聞き取りにくく、"Speed King"などではノリがあまり感じられません。これも、この時期の音源で共通することが多い欠点ではあります。

演奏面ではジョンの活躍が目立ちます。インプロビゼイションなどの全体的な雰囲気は"Scandinavian Nights"と同様ですが、CD1枚分の時間ということから、おそらく曲のカットがあると思われます。しかし、やはりなんといっても注目はそのセットリストでしょう。現在この音源でしか聴けない"Good Golly Miss Molly"は、Deep Purpleファンにとってはこの曲のためだけにこのCDを探す価値のあるものです。アンコール最終曲としてプレイされたこの曲は、いくぶんゆったりとしたノリの"Lucille"からメドレーのように引き継がれて始まり、"Lucille"よりもドライヴしたノリがカッコいい名演となっています。3分足らずのプレイですが、Deep Purpleらしさが存分に発揮された聴きものです。この曲を収録しているテープとしては11月22日のクロイドンでのものがあるそうですが、そちらは2時間近くのテープだそうです。このCDの元ネタとなったテープがどういうものなのか、現時点では未確認です。