05-29 [Berlin 5.29.70]


ジャケット画像
DP-009
Berlin 29. May 1970

  1. Wring That Neck
  2. Mandrake Root
  3. Speed King

この1970年は、とにかくドイツを中心としたヨーロッパで主にライヴを行っていて、残っている音源もドイツのものが大変多いです。これもクレジットを信用するならば、5月29日のベルリンでのステージで、ある資料によれば"Neue Welt Festival"というフェステイヴァルに出演した時の演奏となっています。しかし、この日のツアー日程が確認できない資料もあるため、はっきりとは断定できません。

かなりステージから遠いオーディエンス録音で、少しこもり気味ですが、テープ自体はかなりマスターに近いらしく、音の濁りはそれほどありません。バランスは、この当時の録音ならば十分といえます。ピッチはかなり早く、音程にして約半音高くなっています。

演奏の方は、この頃の即興マシーンともいうべきDeep Purpleの魅力が思う存分味わえる名演です。"Wring That Neck"は特に素晴しく、靜と動のコントラストが魅力的な、この曲のベストテイクに近い出来です。ジョンのフリー・ソロでは、"Hallof The Mountain King"が聴けます。リッチーのフリー・ソロもジョンに負けじとばかりに凄まじいプレイを展開しています。

続く"Mandrake Root"も凄まじい演奏ですが、プレイタイムが21分40秒とかなり短い (!)です。それもそのはず、後半のフリー・フォーム、リッチーのパートがこれから盛り上がろうというところでテープが切れてしまっています。"Speed King"は、おそらくこの日もオープニングを飾ったと思われます。かなりテープの状態が悪く、キュルキュルとヒスノイズが聞こえてきます。

この日はかなり充実した演奏が聴けますが、いかんせん音があまり良くないのと、完全収録でないのが残念です。テープではこの3曲の他に、"Black Night", "Child In Time", "Paint It Black"が収録されているとか。