04-04 [Progressive Pop Festival]


ジャケット画像

Bondage BON 298/299

Koln 4. April 1970
Disc 2 2-3 : Offenbach 10 April 1971
Disc 2 4 : Vienna 6 April 1970

Disc 1

  1. Speed King
  2. Mumbling Thing Blues
  3. Wring That Neck
  4. Paint It Black

Disc 2

  1. Mandrake Root
  2. Black Night
  3. Lucille
  4. Hush

これも、"Koln 4.4.70"と同じく、4月4日にドイツのケルンで行なわれたステージを収録したとされている音源です。

この日の演奏を収録したテープには、もっと音質の良いものがあるらしく、それにはアンコール曲"Lucille"が収録されているようです。2003年になってリリースされた、このCD、"Progressive Pop Festival"は、クレジットではアンコール曲が収録されているようになっており、音質の向上を期待させてくれましたが、残念ながら期待どおりのリリースとはいきませんでした。本編の音質は"Koln 4.4.70"に比べ、若干の向上は感じられます。各楽器のディティールは、よりはっきりと感じられるようになっていると思います。ただ、音のこもり具合にややムラがあり、ちょっと聴きづらい個所があります。ヌケがよくなったり悪くなったり、という感じ、というのが一番近い表現になるでしょうか。

アンコールとして収録されているのは、"Black Night"と"Lucille"ですが、"Black Night"がこの時期にここまで完成されていたとは考えにくく、このCDを聴く前から若干の不安があったのですが、やはりこの2曲は残念ながらこの日の演奏ではありません。日付データに記載したとおり、1971年の項に掲載した"Live In Offenbach 71"で聴くことができる演奏です。ただ、音質は向上しており、この日の演奏の凄まじさ(とりわけリッチーのソロのブチ切れ具合)は、十分に楽しめると思います。

ラストに収録されているのは、クレジットによれば2日後にウイーンで行なわれたコンサートより収録されたとされる"Hush"です。たしかにこの日、2曲目に"Hush"を演奏しているようです。この日の演奏を収録したテープは80分ほどの長さだそうで、それを聴いてみない限りなんとも言えませんが、"Live Cassette Analysis"に書かれている記述からすれば、音質はここに収録されているものと同じような感じのニュアンスなので、ほぼこの日の演奏と思って良いと思います。その音質ですが、良いか悪いかと問われれば、「良くない」と言うしかありません(笑)。バランス面でかなり不満を感じますが、ギターはハッキリ聞こえるので、ギターが聴ければ良しとする向きもアリかな、と。1970年の演奏とされる"Hush"は、これと3月のチューリヒ、以上の2テイクがライヴCDで聴けるようになったわけですが、どれも曲中のソロの展開が素晴らしく、1970年のDeep Purpleの特徴をはっきりと伝えてくれる好演となっています。

"Progressive Pop Festival"は、内容的には今一つ物足りないリリースとなってしまいましたが、ジャケット裏面にはこのコンサートの告知ポスターがレイアウトされており、アルバムタイトルどおり、フェスティバルへの出演という形のステージだったことを教えてくれ、作り自体はなかなかいいCDです。