04-04 [Koln 4.4.70]


ジャケット画像
DP-007-1/2
Koln 4. April 1970
Disc 1

  1. Speed King
  2. Mumblin’ Thing Blues
  3. Wring That Neck

Disc 2

  1. Paint It Black
  2. Mandrake Root

4月4日にドイツのケルンで行なわれたステージを収録したとされている音源です。なかでも興味深いのは、未発表曲を演奏していることでしょう。"Mumblin Thing Blues"とタイトルされている (ギランが、曲紹介をしている) この曲は、リッチーのギター・トラブルの間つなぎ的に即興で演奏されたセッションの様です。1曲目の"Speed King"の途中からどうもリッチーのギターが聞こえなくなるようなので (音が良くないのではっきりしませんが) その回復のあいだ、4人でもたせていたのでしょう。途中からギターが唐突に切り込んでくるのを聴くと、よけいそう感じます。

でも、あまりブルースに聞こえない曲なのであった(^^;;)

"Live Cassette Analysis"によれば、やはりこの日は機材に問題があったようで、リッチーがギランに、観客に詫びるように頼んだところ、ギランに「自分で言った方がいい」と言われ、リッチーが詫びたようです。著者は「リッチーが観客に話しかけるのを初めて聞いた」と書いています。

このテープにその場面らしきものが収録されているかどうか、聴き込む努力をする気になれない音質なので、まだ確認していません。確認された方がいらっしゃいましたら、どのあたりで聴くことができるか教えてくださるとありがたいです。

この曲はアナログ盤"Back To The Rock"に収録されていたことで1970年代からその存在は有名な曲でしたが、この日のステージの本編全貌が手軽に聴けるようになったのは、CDでライヴ音源のリリースが活発になってきた、1990年代以降の事です。この、"Koln 4.4.70"は、音源バブルの真っ最中にリリースされた「Purple大全」シリーズの一枚です。2枚組で5曲という凶悪な(^^;)物で、音質もなかなか凶悪ですが、"Mumblin Thing Blues"が"Back To The Rock"よりは聴きやすくなっていました。