03-04 [Zurich 3.5.70]


ジャケット画像
DP-011
Zurich 4 Or 5. March 1970

  1. Speed King
  2. Hush
  3. Child In Time
  4. Hard Road
  5. Mandrake Root

1970年当時のDeep Purpleは、あらかじめ組まれたスケジュールに従ってツアーを行うということはあまりなく、マネージメントはほとんど行き当たりばったりという感じでコンサートをブッキングしています。この頃のツアー日程に今一つ信用がおけないのは、こういったスケジュールの問題とともに、現在最もまとまっているであろうチャールズワース著のフォト・バイオグラフィ掲載のツアーデイトが会計帳簿から起こされたものであることがあります。この音源も日程、場所の最終的な確認はとれていませんが、現在のところ1970年のコンサート音源としては一番古いものということになっています。スタジオ・ライヴを含めたところだと、1月に行われたらしいオランダの放送局での音源が一番古いものになりますが、これに関しては"Miss Molly At University"の項をご覧ください。

"Hush"は、Deep Purpleのデビューシングルであり、全米第4位のヒットになった曲ですが、第2期になってからはほとんど演奏されていません。今まで聴けたのはオフィシャルで、"Power House"等に収録されている、1969年のライヴのみです。1980年代の再結成時代、デビュー20周年ということで再録音されるまで、演奏されることはありませんでした。この3月5日のチューリヒのライヴと言われる音源 (3月4日だとする資料もあります) で、珍しく"Hush"を演奏しています。スタジオ盤や、1969年のライヴに比べると即興の部分が増えて長く演奏されており、この頃のDeep Purpleの特徴が出ています。この"Hush"だけを「1969年、パリ」というクレジットで収録してあるオムニバス盤もありますが、演奏の雰囲気からして1969年とは考えにくいです。もし1969年だとしたら、かなり年も押し迫った頃の物になると思いますが、"Speed King"の導入部を聴くと、2月19日の「イン・コンサート」に似ているので、やはり1970年初頭と見るのが妥当ではないかと思います。