USA Eagle ER 202302 : [In Concert]


ジャケット画像 ジャケット画像

2011年8月にリリースされた、再発アメリカ盤CD。以前、アメリカでの初CD化盤としてSpitfireからリリースされていたものですが、レーベルをEagleに移しての再登場となりました。基本的なパッケージはSpitfire盤と変わりません。詳細はSpitfire盤の記事を参照してください。


JP Victor VICP 64308/09 : [In Concert]


ジャケット画像 ジャケット画像

2008年にビクターエンターテインメントに発売権が移動してリリースされた、完全版リマスター。紙ジャケットは更に作りが細かくなり、VAP盤では省略されていたトータル・タイム表示まで復活しています……が、これ、曲数が少ないアナログ盤のタイムだから、意味がないんじゃないでしょーか(^^;

Disc 1 (In Concert 1970)

1970年の"In Concert"を収めた1枚目。当日の実際の曲順とされているオーダーに直され、司会者のMCも復活しています。当ディスクで聴かれるミックスは、ステレオ・プレゼンスが若干加えられているようですが、イギリス盤ほどノイズが多かったり位相がふらつくこともなく、安定して聴こえます。1998年のテイチク盤に近い印象です。これでリバーブがもう少し多めにかかってたらアメリカ盤に近い感じですね。どちらにしても、聴きやすいリマスタリングがされている印象です。

  1. Speed King
  2. Child In Time
  3. Wring That Neck
  4. Mandrake Root

Disc 2 (Sound of Seventies 1972)

1972年に収録された"Sound of Seventies"の分を収めた2枚目のディスク。こちらはアナログ盤でカットされていた"Maybe I’m A Leo"と"Smoke On The Water"が新たに収録され、ナレーションや曲間も再現されています。こちらもイギリス盤とは異なるマスタリングがされている可能性がありますが、もともとが状態が良かったらしいこともあり、1970年の録音ほど、イギリス盤との相違を感じさせる点は見当たりません。

  1. Highway Star
  2. Strange Kind Of Woman
  3. Maybe I’m A Leo
  4. Never Before
  5. Lazy
  6. Space Truckin’
  7. Smoke On The Water
  8. Lucille

このビクターのシリーズがリリースされた時は、単にVAPの持ってたマスターをそのまんま出し直しているのかと思ってましたが、このディスクを聴いて印象が変わりました。(いや、中にはそのまんまかもしんないディスクもないことはな……げふん、げふん)


JP VAP VPCK 85316 : [In Concert]


ジャケット画像 ジャケット画像

2003年にVAPからリリースされた完全版リマスター。紙ジャケットはテイチク盤よりも作りが細かくなり、アナログ盤に掲載されていたライナーノーツも細かーい字で全て掲載されています。誰が読むんだ、こんな小さい字(^^;。

Disc 1 (In Concert 1970)

1970年の"In Concert"を収めた1枚目。当日の実際の曲順とされているオーダーに直され、司会者のMCも復活しています。当ディスクはパソコンにマウントすると、1992年のイギリス盤と同じと認識されます。音の方も、ノイズが多く、位相が怪しいステレオ・プレゼンスが加えられた、イギリス盤の音でした。

  1. Speed King
  2. Child In Time
  3. Wring That Neck
  4. Mandrake Root

Disc 2 (Sound of Seventies 1972)

1972年に収録された"Sound of Seventies"の分を収めた2枚目のディスク。こちらはアナログ盤でカットされていた"Maybe I’m A Leo"と"Smoke On The Water"が新たに収録され、ナレーションや曲間も再現されています。こちらも1992年のイギリス盤と同じと認識されます。音の方もイギリス盤の音そのもの。

  1. Highway Star
  2. Strange Kind Of Woman
  3. Maybe I’m A Leo
  4. Never Before
  5. Lazy
  6. Space Truckin’
  7. Smoke On The Water
  8. Lucille

インナー・スリーブまで再現された紙ジャケットの出来はなかなかで、日本盤ながらイギリス盤の音そのものが味わえる当VAP盤は、パッケージとして興味深い作りとなりましたが、いかんせん音そのもの(特に1970年)が良くないのが致命的でした。


USA Spitfire SPT 15069 2 : [In Concert]


ジャケット画像 ジャケット画像

2001年にリリースされたアメリカ盤CD。アメリカでの初CD化盤にあたります。1992年にイギリスでリリースされた完全版リマスター音源を基本に、クレジットによれば、Joe Lambertというエンジニアがニューヨークでリマスタリングを行なっています。

Disc 1 (In Concert 1970)

1970年の"In Concert"を収めた1枚目。当日の実際の曲順とされているオーダーに直され、司会者のMCも復活しています。当ディスクで聴かれるミックスは、イギリス盤のような不自然なステレオ・プレゼンスは加えられておらず、聴感上はモノラル・ミックスとなっています。若干のリバーブが加えられているような印象もありますが、1989年にテイチクからCD化されたモノラル・ミックスよりも若干音圧が増した音像は、今の時代にあっては聴きやすいものとなっている印象です。自分としては1992年のUK盤リマスターCDよりも好きな音です。

  1. Speed King
  2. Child In Time
  3. Wring That Neck
  4. Mandrake Root

Disc 2 (Sound of Seventies 1972)

1972年に収録された"Sound of Seventies"の分を収めた2枚目のディスク。こちらもやや音圧が増したような音ですが、1970年のリマスタリングほど、効果を上げているようには思えませんでした。音の輪郭がややはっきりしているのは良いのですが、自分としては各楽器やヴォーカルの調和という点に不満が残るという印象です。とはいえ、日本のメーカーがよくやる、どこが向上したんだかわからない、宣伝文句だけとしか思えない「リマスター」とやらに比べれば、聴いていて面白いですが。

  1. Highway Star
  2. Strange Kind Of Woman
  3. Maybe I’m A Leo
  4. Never Before
  5. Lazy
  6. Space Truckin’
  7. Smoke On The Water
  8. Lucille

リマスタリングの内容は良いものの、ブックレットは1992年のイギリス盤に付属していたものと殆ど同じで、写真が全部モノクロになってしまっています。全体的にパッケージが安っぽいので、中身の斬新さ(あえて良さとは言いません)が伝わってないんじゃないかと思います。


JP Teichiku TECW 28720/21 : [In Concert]


ジャケット画像 ジャケット画像

1998年、Deep Purple結成30周年記念としてリリースされた、完全版リマスターの日本初発売盤になります。テイチクからリリースされた最後の盤にもあたります。1992年にイギリスで完全版がリリースされた時は、ジャケットに"Two Complete 1970 – 1972 Recordings"というクレジットが加えられていましたが、日本盤はメーカーを問わず、このクレジットがついたことは一切ありません。

Disc 1 (In Concert 1970)

1970年の"In Concert"を収めた1枚目。当日の実際の曲順とされているオーダーに直され、司会者のMCも復活しています。当ディスクで聴かれるミックスは、ステレオ・プレゼンスが若干加えられているようですが、イギリス盤ほどノイズが多かったり位相がふらつくこともなく、安定して聴こえます。1989年に初CD化された時の印象のまま、音圧がやや高められた感じでしょうか。イギリス盤よりは聴きやすい音だと思います。

  1. Speed King
  2. Child In Time
  3. Wring That Neck
  4. Mandrake Root

Disc 2 (Sound of Seventies 1972)

1972年に収録された"Sound of Seventies"の分を収めた2枚目のディスク。こちらはアナログ盤でカットされていた"Maybe I’m A Leo"と"Smoke On The Water"が新たに収録され、ナレーションや曲間も再現されています。こちらもイギリス盤とは異なるマスタリングがされている可能性がありますが、もともとが状態が良かったらしいこともあり、1970年の録音ほど、イギリス盤との相違を感じさせる点は見当たりません。

  1. Highway Star
  2. Strange Kind Of Woman
  3. Maybe I’m A Leo
  4. Never Before
  5. Lazy
  6. Space Truckin’
  7. Smoke On The Water
  8. Lucille

1992年のイギリス盤からかなり遅れての登場となった日本盤ですが、1992年のイギリス盤とはマスタリングがやり直されているとはっきりわかります。時間がかかっただけのことはあるリリースで、テイチクが残したディスクの中でも出来が良い1枚といって良いでしょう。


JP Teichiku 32DN 28/29 : [In Concert]


ジャケット画像 ジャケット画像

1989年にテイチクよりリリースされた、初CD化盤にあたります。海外では1992年に全長版が登場するまで、当BBC音源をソースとしたCDのリリースはありません。テイチクからは、ゴールドCDやピクチャー・ディスク、ボックスセット等を含め、何回かの再発がされていますが、最後のリリースになった紙ジャケットによるCDを除き、すべてアナログ盤と同じ編集によるディスクがリリースされ続けていました。

Disc 1 (In Concert 1970)

1970年の"In Concert"を収めた1枚目。インナー・バッグはブックレットに掲載されています。当CDはディスクやパッケージに初めてモノラル表示がされています。聴感上もやっぱりモノラルっぽい。ということは、レコードでも、やっぱりステレオ・プレゼンスは加えられていなかったんじゃなかろうかと推察したくなりますねー。

  1. Speed King
  2. Wring That Neck
  3. Child In Time
  4. Mandrake Root

Disc 2 (Sound of Seventies 1972)

1972年に収録された"Sound of Seventies"の分を収めた2枚目のディスク。当CDのリリースから3年後にイギリスで全長版が登場するわけですが、全長版の日本でのリリースはかなり遅れ、かなり後までアナログ盤の編集のままのCDが出回っていました。

  1. Highway Star
  2. Strange Kind Of Woman
  3. Lazy
  4. Never Before
  5. Space Truckin’
  6. Lucille

USA Portrait R2 38050 : [In Concert]


ジャケット画像

1982年6月、イギリスや日本でのリリースからやや遅れての登場となったアメリカ盤。CBS系列のレーベル、Portraitによるプレスで、カッティングを当時のCBSの売りだったCXシステムで行なっているとクレジットされています。ジャケットのカラーがやや異なり、ちょっと寒々しい印象を与える青味の強い紫色でプリントされています。また、ジャケットが見開きではなく、シングル・ジャケットに2枚のレコードをおさめるスタイルになっています。

ジャケット画像

Disc 1 (In Concert 1970)

1970年の"In Concert"を収めた1枚目のレコード・レーベル。シンプルなデザインですね。カスタム・インナー・バッグは付属していません。イギリス盤よりも多少メタリックな感覚を覚える音は、聴感上の印象はやっぱりモノラル。しかし、やっぱり"STEREO"表示なのだな(^^;

Side A

  1. Speed King
  2. Wring That Neck

Side B

  1. Child In Time
  2. Mandrake Root

Disc 2 (Sound of Seventies 1972)

1972年に収録された"Sound of Seventies"の分を収めた2枚目。レーベルは掲載しませんが、1枚目と同様のデザイン。こちらは、各楽器のエッジが多少とんがっているような感じで、暖かみがやや少ない印象が残る音ですが、これはこれで好みだという方もおられるかもしれないですね。

Side A

  1. Highway Star
  2. Strange Kind Of Woman
  3. Lazy
  4. Never Before

Side B

  1. Space Truckin’
  2. Lucille

ジャケット画像

裏ジャケット。タイム表示は、すべて賢明にもカットされています(笑)