USA Eagle ER 203602 : [Live In California 74]


ジャケット画像 ジャケット画像

2014年3月にリリースされたアメリカ盤。カリフォルニア・ジャムの映像からの音声落としとなるアルバムです。"Lay Down, Stay Down"が収録されたパターンのディスクとなりますが、アメリカではこれが初リリースとなります。UK盤日本盤と同じ編集で、MC等が若干カットされています。ジャケットはDVDの流用。ブックレットの解説もアメリカ盤らしからぬ詳細なものです。


JP Victor VICP 64312 : [California Jam 1974]


ジャケット画像 ジャケット画像

  1. Burn
  2. Might Just Take Your Life
  3. Lay Down, Stay Down
  4. Mistreated
  5. Smoke On The Water
  6. You Fool No One – The Mule
  7. Space Truckin’

発売権がVAPからビクターに移動し、2008年にリリースされた日本盤CD。収録内容はVAP盤と同一となります。ライナーノーツも同じものが付属しています。ビクターがリリースしたCDには、パソコンでマウントするとVAP盤と同じと認識されるディスクがいくつかありますが、当アルバムは違うディスクと認識されています。ビクターが謳っているところの「K2HDマスタリング」が事実とするなら、すべてのディスクがVAP盤と違うと認識されてもいいハズですが、そうならないところはデジタルなミステリーですねぇ(笑)


JP Teichiku TECW 25318 : [Live At The California Jam]


ジャケット画像 ジャケット画像

  1. Burn
  2. Might Just Take Your Life
  3. Mistreated
  4. Smoke On The Water
  5. You Fool No One – The Mule
  6. Space Truckin’

1996年にリリースされた日本盤CD。アメリカ盤を基本として制作されています。裏ジャケットのリッチーはアメリカ盤と異なり、正常な向きでプリントされています。うん、これが正しいってもんだ(笑)。また、ブックレットの裏表紙は、写真こそ裏焼きになっていないものの、レイアウトが左右逆になっています。これは裏ジャケットに合わせたのか、それとも単純に勘違いか……どちらにしても、こっちはアメリカ盤に準じていても良かったような(^^;。この裏表紙の写真でリッチーが足蹴にしてるストラト、ピックアップがハムバッカーっぽいですねぇ。ちょっと面白い写真です。


UK EMI [724383833429] : [California Jamming – Live 1974]


ジャケット画像 ジャケット画像

  1. Burn
  2. Might Just Take Your Life
  3. Mistreated
  4. Smoke On The Water
  5. You Fool No One – The Mule
  6. Space Truckin’

1996年にリリースされた、イギリス盤CD。Dコードの合わせで始まるオープニングがカットされていますが、BBCエンタープライズがリリースしていたビデオ映像のサウンド・トラックを音源としています。サイモン・ロビンソンが推進した企画だったらしく、ライナーノーツはもとより、ブックレットに掲載されている写真などのレイアウトまで手掛けている徹底ぶりで、力を入れているのが伺えるディスクです。


USA BMG [71278600252] : [Live At The California Jam]


ジャケット画像 ジャケット画像

  1. Burn
  2. Might Just Take Your Life
  3. Mistreated
  4. Smoke On The Water
  5. You Fool No One – The Mule
  6. Space Truckin’

1996年にリリースされたアメリカ盤CD。イギリス盤と同じ音源をソースとしていますが、ブックレット等のパッケージはまったく違う内容で制作されています。ライナーノーツはサイモン・ロビンソンではありませんし、ブックレットに使われている写真もまったく違うもの(1987年当時のリッチーが登場するのも違和感があります(^^;)です。その中でちょっと疑問なのが裏ジャケットのリッチー。いつからリッチーはサウスポーになったんだ(笑)。単純な裏焼きだとは思うのですが、時々リッチーはレフト・ハンドのストラトを持つことがあるわけでぇ、イタズラでサウスポーでギターを構えることもあるわけでぇ……と考えると夜も眠れなくなりそうですが(^^;、手首のブレスレットを見れば、やっぱり裏焼きっぽいなと。おそらく曲目リストに背を向けるわけにはいかんとかなんとか、デザイナーが考えたんだと思いますがァ、そこまでデザイン優先にするか、アメリカ人(^^;、みたいな感想を抱くCDですねぇ。


JP VJP VAP VPCK 85318 : [California Jam 1974]


ジャケット画像 ジャケット画像

  1. Burn
  2. Might Just Take Your Life
  3. Lay Down, Stay Down
  4. Mistreated
  5. Smoke On The Water
  6. You Fool No One – The Mule
  7. Space Truckin’

2003年春にVAPからリリースされた日本盤CD。カリフォルニア・ジャムの新たな全長盤DVDを制作するにあたって、2002年12月に行われたリマスタリング作業で制作された音源をソースとしたアルバムです。酒井康氏の詳細かつ熱い文章が書かれたライナーノーツがついています。イギリス盤にはサイモン・ロビンソン氏が執筆した、別のブックレットが付属しましたが、日本盤には原文ブックレットはついていません。

今回のリリースの目玉は、今まで音盤としては未発表だった、"Lay Down, Stay Down"が収録されたことでしょう。1980年代に米ABCがリリースしたビデオには収録されていたらしいこの曲は、後にイギリスからリリースされるようになったビデオ版では収録されず、長いこと幻の曲になってきましたが、今回のリリースでようやく日の目をみて嬉しい限りです。


UK Purple Records PUR 208 : [Just Might Take Your Life]


ジャケット画像 ジャケット画像

ジャケット画像
Booklet

  1. Burn
  2. Might Just Take Your Life
  3. Lay Down, Stay Down
  4. Mistreated
  5. Smoke On The Water
  6. You Fool No One – The Mule
  7. Space Truckin’

2003年にリリースされた、イギリス盤CD。Sonic Zoomレーベルとしての第五弾となった当アルバムは、シリーズ初の第三期の音源登場となりました。2003年春にVAPから先行リリースされていた日本盤と収録内容は全く同一です。アルバム・タイトルが日本盤と異なっているので、別音源と誤解して入手しないように気をつけてください。このタイトルは、アナログ盤でリリースされていた海賊盤からとられたものです。杉山氏のディスコグラフィにもあるとおり、この海賊盤をリリースしたメーカーは当時かなり評判が悪く、粗悪なディスク・トゥ・レコードやブート・オブ・ブート盤ばかりリリースしていました。ジャケットのデザイン・センスも独特のモノがあり(ハッキリ言ってダサい)、このアルバムのジャケットも印象的ではあるものの、「うーみゅ」なモノでした。当CDでは、このダサダサのジャケットから、タイトル・ロゴやイラストの一部を使用し、スリックの色と同色でプレスされたディスクになっています。

ブックレットは、文章の量はシリーズ中最少だと思います。ページ数は変わらないものの写真の掲載が多く、見開きをいっぱいに使ったステージフォトなどは、ほとんどスペース稼ぎにしか見えないのがツラいところ。解説を執筆しているのはサイモン・ロビンソン氏ですが、このコンサートそのものにについての記事は、あまり目新しい記述は見られません。付け加えられているのは、最後に書かれている海賊盤のリリース状況などと、この音源がリリースされる事になった経緯の部分くらいでしょうか。新たな全長盤DVDの製作にあたって、当音源のリマスタリングが行なわれたようです。この音声トラックをVAPが先行リリースする形で、今回の発売に至ったようです。