Highland


ジャケット画像

2010年リリースのアルバム[Autumn Sky]からのプロモーション・ビデオ。ダウンロード配信・オンリーのシングル、"Highland"(日本でもiTunesで購入可能)にも収録されています。中世ヨーロッパから現在のモダンなヨーロッパまでをつなげるようなイメージが展開する映像です。シングルでリリースされた、ラジオ・エディットでの収録となります。


2010-09-19 : German TV


ジャケット画像

German TV 19 September 2010
  1. Highland

ドイツのTVショウに出演した際の映像。最新リリース"Highland"をマイム演奏でプレイしています。野外で観客に囲まれてのパフォーマンス。タバコ・サンバーストのストラトを構えたリッチーはスタジオでのテレビ出演よりも気合いを感じるパフォーマンスを見せています。あくまでも、マイムですが……。コーラスのおねーちゃんがいないな……(^^;。あ、音源はシングル・ヴァージョンでリリースされている"Radio Edit"です。


2010 : German TV Interview


ジャケット画像

German TV Interview 2010
  1. Believe In Me
  2. Strawberry Girl
  3. Vagabond

[Autmun Sky]リリース時にドイツのテレビ局で放送されたプロモーション・インタビュー映像。リッチーとキャンディスの二人でルネッサンス音楽について、アルバムについて、等々を語っています。合間にギターとヴォーカルだけで上記のナンバーを演奏していますが、それぞれはほんのサワリだけ。[Paris Moon]からも"FIres At Midnight"の演奏シーンが数十秒ほど使われています。


2007-07-30 : German TV


ジャケット画像

German TV 30 July 2007
  1. St. Teresa

2007年7月にドイツのテレビ番組に出演した時の演奏。画面隅の時刻から察するに、以前に投稿した[2006-03-21 : German TV]で取り上げたものと同じ番組のような気がします。やっぱり早朝のため、リッチーはサングラス姿です(笑)。スタジオ・テイクに合わせたマイム演奏。演奏シーン以外の部分は観たことありません。またあの二人組が出てるのかどうか、興味あるところです(^^;。それはともかく、注目すべきは、女性二人のコーラス&リコーダー・アンサンブルが、Sisters Of The Moonの二人ではないこと。おぼろげな記憶では、2007年の8月か9月頃に彼女達のサイトで脱退のメッセージが発信されていたと思いますが、ここですでにツアーに同行していなかったということでしょうか。


2006-05-31 : German TV


ジャケット画像

German TV 31 May 2006
  1. Child In Time

2006年の5月にドイツで放送されたTV番組。ヴァイオリンが欠けた編成でのプレイで、"Child In Time"をプレイしています。[The Village Lanterne]収録のスタジオ・テイクに合わせたマイム演奏。冒頭のクレジットで"Child In Time 1977"と字幕が出てくるのがなんともトホホ(^^;。観客を入れたスタジオ収録なのですが、観客や出演者が曲に合わせて踊っているカットもなんとも言えずトホホ(^^;。極めつけはエンディングで、スタジオ・テイク同様、"Mond Tanz"のアンサンブルで終わるのですが、ここのマイムがまったく合ってないです。わざとやってませんか、皆さん?と思っちゃうくらい、やっちゃってくれてます(^^;。もしかしたら、この映像がネットに上がっている間にタイミングがズレた可能性もあるかもしれなくもなくはないかもしれないと思わなくもなくはなくなく(ばきっ☆)


2006-03-21 : German TV


ジャケット画像

German TV 21 March 2006
  1. Streets Of London
  2. Just Call My Name (I’ll Be There)

アルバム[The Village Lanterne]リリース後の2006年3月にドイツのTV局で放送された番組に出演した際の映像。日本のテレビ同様、時刻が画面の隅に表示されてるのですが、7時から8時にかけての放送だったようです。問題なのは午前なのか午後なのかということで(笑)

司会の男女二人のコメントから番組がスタート。ここで本日のゲストという感じでBlackmore’s Nightが紹介されます。やたらと"Deep Purple"とゆー単語が耳につきますが、基本的にドイツ語なので何を言っているのかさっぱり。しかし、二人の態度からすると、彼等はどちらかというとキャスターではなくタレントっぽい感じです。ここではBlackmore’s Nightのコンサート会場の様子やらプロモーション・ビデオ等が流されます。んで、二人は違う場所にいるバンドのメンバーに「ハーイ!」とご挨拶。2000年代に入ってからのテレビ出演では、リッチーはサングラスを外さないことが多くなって来てますが、ここでもサングラス姿であります。

んで、手元の映像資料ではゲストの登場時刻までワープします(笑)。司会の二人はバンドの機材(コンガとか)で遊んだりしてます。KYです(ばく)。あとでリッチーにぶん殴られること必至です(^^;。で、ようやくバンドの登場。まずは一曲てな感じで"Streets Of London"。

演奏が終わり、ここで司会の二人が「ぐっど・もーにんぐ」と言っているように聴こえます。てことは……やっぱり朝の八時かい!……大事なことなので二回言いたくなりますがガマンしときます(笑)。どーりで、リッチーはサングラス姿なわけだ。普段はもっと遅い時間にならないと起きなさそうな人だし……機嫌悪そうなムード(ばきっ☆)それはともかくとして、インタビューが始まります。司会の二人がひっきりなしに喋る中、もっぱら応えるのはキャンディス。んで、ドイツ語の通訳がオッサンの声で入ってきます。通訳が入るので録画かもしれないとも思いましたが、オッサンの喋り方から伺うと同時通訳っぽい。なので、生放送であると決めました(笑)。で、キャンディスも司会のつまらない質問攻撃にきちんと応えようとしてますが、マイクも持ってないリッチーが後ろからぼそっとつぶやきます。こ、怖い((((;゚Д゚)))。司会の二人、ビビってます(^^;

インタビューが終わった後、最後にもう一曲ということで、"Just Call My Name (I’ll Be There)"をプレイして終了です。こんなんでアルバムのプロモーションになったのか?これ。ちなみに2曲ともマイム演奏です。

注:番組の描写は、ドイツ語を解さない投稿者が、画面の雰囲気から想像しているだけに過ぎませんので、実際とはかなり異なると思われます。信じないように……お願い!


Germany ZYX DVD 3116 : [Mystic Spirits Vol. 3]


ジャケット画像 ジャケット画像

DVD : NTSC Region 0
  1. Von Den Elben
  2. Tears In Heapen
  3. Businore Reel
  4. Kuolema Tekee Taiteilijan
  5. Ma Vie Se Taime
  6. Morning Star
  7. Air
  8. Anima
  9. Hallelujah
  10. Hijo De La Luna
  11. Calling With Me
  12. Se Tu Vuoi
  13. Spirit Within
  14. Ruhe
  15. Back In The Moment
  16. Always Spring
  17. Mon Cher Petit
  18. The Gift
  19. Into The Skies
  20. Cry
  21. Horoscope
  22. Still Loving You
  23. Dark Church
  24. Adagio
  25. Live Is A Long Song
  26. Under A Violet Moon
  27. Near To You
  28. Wind Of Change

2007年1月にリリース。コンピレーション[Beyond The Sunset]のボーナスDVDに収録されていたライヴから、2曲が収録されています。Nightwishやイアン・アンダーソンなどの作品も収録されていますので、興味のある方は機会があればご覧になられても良いと思いますが、Blackmore’s Night収録曲はボーナスDVDよりも画像サイズが若干小さくされているようなので、やはり、無理して探すことはないと思います。