1979-12-01 : Passaic


ジャケット画像

Passaic, 1 December 1979
  1. Eyes Of The World
  2. Love’s No Friend
  3. Brandenburg Concerto – Over The Rainbow – All Night Long
  4. Lost In Hollywood
  5. Man On The Silver Mountain
  6. Blues – Long Live Rock’n’Roll
  7. Kill The King – Long Live Rock’n’Roll

2014年になってネット上に突如登場した、1979年のレインボーの姿を捉えたライヴ映像。[Down To Earth]リリース直後となる1979年に行われたアメリカ・ツアー、終盤の第3レグより、12月1日にニュージャージー州パセーイクで行われたコンサートを収録したとされる、マルチ・カメラによる白黒のビデオ映像です。

Blue Oyster Cultのサポートとして回ったアメリカ・ツアー第2レグの日程が10月で終了したのち、そのほかのバンドのサポートとしてツアーが続けられることになりました。ロニー・モントローズが当時結成していたGammaのサポートをした日もありましたが、この日はScorpionsのサポートとして演奏しています。1979年のScorpionsといえば、マイケル・シェンカーが復帰した"Love Drive"ツアーを行っていましたが、早々にマイケルは脱退しているため、この12月のツアーでは残念ながらリッチーとマイケルの邂逅はありませんでした。

前日の11月30日は、[Roger’s Birthday Party]をはじめとして、何種類ものライヴCDで聴かれているラジオ音源が収録された日にあたり、当映像はその翌日ということになります。グラハム時代のライヴ映像としては、発掘されているものの中では最古の時期にあたりますが、ライヴ音源としては、1979年ツアーのもっとも終盤に近い日程となります。サポートという条件下での短いセットとはいえ、グラハム時代のライヴの全曲を収録した映像としては現時点ではおそらく唯一のビデオともなっています。

ということで存在自体が奇跡といってもいいビデオで、画質もモノクロながらかなり鮮明な状態で公開されています。音質に関しては、素性自体は良い状態で収録されています。終始リッチーのギターが大きくミックスされているバランスで、ほかのパートを聴きたい向きにはつらいと思われますが、ワタクシ的には最高のバランス(笑)過大入力による波形のクリップが感じられる箇所もありますが、リッチー好きには不満のない音質で観ることができると思います。

内容は素晴らしいの一言。破天荒に進めることが多い印象があるこの時期のアメリカ・ツアーですが、この日のリッチー、序盤はギターに向き合う感じのプレイで進めていきます。グラハムもシャウトに投げやりな部分がなく、前日より良い調子のパフォーマンスを聴かせてくれています。ドンやコージーのプレイも素晴らしいのですがあまり姿が映らないのが歯がゆいところ。ロジャーが最初から帽子をかぶってないのも貴重かもしれません(笑)

構図としてはほとんどフロントマン3人を追いかけている感じ。序盤はじっくりと演奏していたリッチーも次第にエキサイトしてきて、アンコールではギター・クラッシュを見せたりしている姿もたっぷりと捉えられているのでリッチー好きには不満のない(以下略……

日によって演奏したりしなかったりしていた"Since You Been Gone"は収録されていませんが、その他はこのアメリカ・ツアーの基本的な流れのセットになっています。持ち時間の半分を使った"Lost in Hollywood"もほぼその全貌がうかがえます。コージーのドラム・ソロ、1812年の部分で若干つままれているのが惜しい。その他の部分でも若干のカット部分が散見されますが、全体が見通せないほどのカットはないので、十分に楽しめます。とにかく全編が見どころの連続なので、機会があれば一度は観て損のない映像だと思います。

さて、この映像の出自に関しては明確な資料がないのでもっぱら憶測に頼るしかないわけですが、同じパセーイクでのコンサート(会場まで同じ)とされる、1978年のUFO(マイケル脱退後)や1979年のThe Allman Brothoers Bandの映像が同様な状態(モノクロのマルチ・カメラ映像)でネット上に存在しているところから、ニュージャージー州、もしくはパセーイクのローカル局が収録していた放送用映像、もしくは会場(Capitol Theatre)やプロモーターが記録していた映像(もっとも、会場やプロモーターの人間がマルチカメラで残すか?ふつう?とも思いますが……)、などなど、憶測はいろいろと可能です。まぁ、あくまでも憶測というか、妄想です。んで、カラー映像が存在するのかどうか?については、個人的には否定的です。出自がもし私の妄想のとおりなら、ローカル局や会場のアーカイヴをこの当時でもカラーで残してたかどうか、というと微妙だと思いますし、まぁ、カラーで出てきたらまたびっくりできるわけですし(笑)、今んとこはモノクロのみだと思ってた方がいいんぢゃないでせうか。


1976-07-10 : Huston


ジャケット画像

Huston, 10 July 1976
  1. Man On The Silver Mountain
  2. Stargazer
  3. A Light In The Black
  4. Cozy Powell Drum Solo
  5. Do You Close Your Eyes

ショップでは「オーストラリア1976」として並んでいることもある、15分程度のフィルムです。タイトルからして、オーストラリア・ツアーの模様を収録したものだと長い間思い込んでいましたが、よく収録曲を検討してみると若干の疑問がわいてきます。

収録曲は全て一部のみ収録のブツ切りフィルムとなっています。途中でリッチーを始めとするメンバーのインタビューが挿入されています。"Do You Close Your Eyes"では、ギタークラッシュをみることも出来ます。

撮影状態からみて、収録されている曲は全て一日のコンサートで収録されたと思われますが、オーストラリア・ツアーのライヴCDを聴く限り、もう2から3へというセットリストではなくなっています。もし3がアンコールで演奏されたものだとしたら、5に収録されている"Do You Close Your Eyes"はプレイされないはずで、どうもこのセットリストからみて、このフィルムが収録されたのは1976年のアメリカ・ツアーではないか、と思い始めています。そしてオーストラリア・ツアーの時期にオーストラリアのTV局で放映されたという可能性はないだろうか、と考えます。現時点では、この映像は1976年7月10日にテキサス州ヒューストンのミュージック・ホールで撮影されたものとしておいて良さそうです。"Rainbow Rising"にも、オーストラリアでフィルムやビデオなどの映像が収録されていたという記録は見当たりません。


1976 : Germany


画像はありません

World Tour, 1976
  1. Do You Close Your Eyes

1976年のツアーからと思われる映像は上のフィルムの他にももう一種、"Do You Close Your Eyes"のモノクロ映像があります。ドイツのTV番組"Scene ’76"で放映されたものです。"Rainbow Rising"では、この撮影に関する記述が見当たらないので、日付の特定はまだ出来ませんが、個人的にはおそらくドイツ公演のいづれかではないかと推定しています。"Scene ’76"での放映時にはカラー・ヴァージョンだったということですが、この番組を録画したファンがモノクロシステムで録画したらしく、このコピーが出回っています。ギター・クラッシュもあるなかなか見応えのある映像ですが、扱っているショップは多くありません。


1980 : Germany?


画像はありません

World Tour -1980-
  1. All Night Long

グラハム在籍時のプロショット映像といえば、次に上げる"Monsters Of Rock"が知られていますが、もう一つ、プロショット映像が存在します。現在観ることが出来るのは"All Night Long"1曲のみ、しかもかなり画質が悪く、かろうじて人物が判別できるか、という感じのものです。この映像が収録されたのが何処なのか、私には見当もつきませんが、おそらく1980年のヨーロッパ・ツアー中ではないかと思われます。個人的には1976年の"Do You Close Your Eyes"同様、ドイツのテレビ番組で放送されたものではないかと推定していますが、"Rainbow Rising"には、両者とも撮影の手がかりとなる記述が見当たらないので、日付の特定はまだ難しいです。この映像は、大抵のショップでは、グラハム在籍時のステージをオーディエンス撮影で収録した映像とカップリングして出回っているようです。


1980-08-16 : Monsters Of Rock


ジャケット画像

Castle Donnington, 16 August 1980
  1. All Night Long
  2. Catch The Rainbow
  3. Eyes Of The World
  4. Guitar Solo (From Lost In Hollywood)
  5. Will You Still Love Me Tomorrow
  6. Long Live Rock’n’Roll
  7. Kill The King (Guitar Clash) – Long Live Rock’n’Roll

コージー、グラハムのラスト・ステージとなった"Monsters Of Rock"を収録した映像です。日本のTVでも断片的に何曲か放映されたことがありますが、現在一番よく出回っているのはイギリスで放映されたといわれるビデオのダビングではないかと思われます。約30分のビデオで、全曲収録されているのは1、5、6くらい、後はブツ切りの編集になっています。コンサートの曲順も無視されており、あまりいい内容とはいえません。この他にも20分程度の長さのものもありますが、そちらは観たことはありません。

"All Night Long"を観ると、当時リリースされていたアルバムに収録されていた同曲は、かなりギターのオーヴァー・ダヴが施されていたことが伺えます。コンサートを完全収録した映像、音源の発掘を望みます。


1995-10-09 : Dusseldorf


ジャケット画像

Dusseldorf, 9 October 1995
  1. Spotlight Kid
  2. Too Late For Tears
  3. Long Live Rock’n’Roll
  4. Hunting Humans (Insatiable)
  5. Wolf To The Moon
  6. Difficult To Cure
  7. Keyboard Solo
  8. Still I’M Sad
  9. Drum Solo
  10. Man On The Silver Mountain
  11. Temple Of The King
  12. Black Masquerade
  13. Ariel
  14. Since You Been Gone
  15. Perfect Strangers
  16. Hall Of The Mountain King
  17. Burn
  18. Smoke On The Water

新生 Ritchie Blackmore’s Rainbowのドイツ・ツアー、2日目となった10月9日の公演を「ロックパラスト」が収録したものです。当初放送された時は8から11までがカットされていまして、こちらが最初に出回りました(11月の日本公演の時にはすでに出回っていたと記憶します)。しかし、その後本国でノーカットで再放送され、今ではこの完全版と先のダイジェスト版、2種類が市場に出回っています。完全版は当然ノーカットであるのがポイントですが、後半ややノイズが入るのがツライです。ショップによってはノイズなしの物もあるかもしれませんが……

内容的には、ツアーの基本的な形を崩さない、わりとお手本的なプレイになっています。"Spotlight Kid"の途中で、普段エンディングに流れるはずの"Over The Rainbow"が流れてきます。オープニングのS.E.のテープを止めるのを忘れたか何か、スタッフのミスでしょう。この後行われる日本公演と、ステージセットやライティングは殆ど同じです。


1995-10-31 : Paris


画像はありません

Paris, 31 October 1995 (French TV Broadcast)
  1. Too Late For Tears

インタビューに答えているリッチーのシーンと、おそらく1995年10月31日のパリ公演と思われる"Too Late For Tears"のプロ・ショット映像(フロントからの固定ショット)が交互に出てくる編集になっている5分程度の映像です。