Italy Polydor [2391410] : [Down To Earth]


ジャケット画像

1979年にリリースされたイタリア・オリジナル盤。収録内容は英米盤と同様ですが、ジャケットが見開きで制作されています。イースト・アジア盤も見開きでしたが、全般的な作りは当イタリア盤の方が好印象です。

ジャケット画像

見開きを開いたところ。イースト・アジア盤は作りが良くなくてきちんと開いた画像を撮影することができませんでしたが、こちらはこんな感じ。やはり、当初はシングル・ジャケットではなく、見開きジャケでの制作を前提に企画が進んでいたのではないかと思います。

ジャケット画像

見開きの内ジャケット。他国ではインナー・スリーブに採用されたデザインを左右に並べています。

ジャケット画像


UK Rock Classics RCV 020 LP : [Down To Earth]


ジャケット画像

2010年、イギリスのBack on BlackというディストリビューターのRock Classicsというレーベルからリリースされた、再発盤となります。青い不透明ヴィニールを使用した180gの重量盤に、ジャケットのイメージでデザインされたカスタム・レーベルでプレスされたレコード。ジャケットは東南アジアで流通していた盤のような、イギリス盤で使用されていたカスタム・インナーのデザインを使用した内ジャケを持つ、ダブル・ジャケットとして制作されています。インナー・スリーヴは黒となっています。ユニヴァーサルのライセンス生産というクレジットがあるので、使用されているマスターはおそらく1999年にリマスタリングされたデジタル・ソースではないかと考えられます。音はふつう(・∀・)

ジャケット画像


JP Polydor 18MM 0529 : [Down To Earth]


ジャケット画像

ロックのアルバムでもCD化の波が進み始めた時期、1986年11月1日にリリースされた、再発日本盤。おそらく、日本における最後のアナログ・プレスとなっています。

ジャケットは初回盤同様の体裁。ただ、初回盤より、ツルツル感が増した紙で作られています。ライナー・ノーツも初回盤同様のものがついていますが、イギリス盤でインナー・バッグとして使われていた写真レイアウトを使用したカラー印刷だった初回盤と異なり、写真レイアウトをつけず、ライナー・ノーツと歌詞対訳ページだけをグレイの普通紙に印刷したものに変わりました。レーベルは通常のポリドール・ラベル。裏ジャケットのバーコードが時代を感じさせます。帯には「オリジナル・テープよりデジタル・マスタリング」の文字が惹句として入っています。CD化の際に作成されたデジタル・マスターからのプレスとなり、それまで日本に送られていたコピー・テープからのプレスではないことが伺えます。

ジャケット画像


UK Polydor SPELP 69 : [Down To Earth]


ジャケット画像

1984年頃にリリースされた、イギリスにおける再発廉価盤。ジャケットの紙質がやや薄め、印刷もやや薄目のコントラストになっていて、全体的にチープさがただよっております。カスタム・インナーは使用されず、通常のホワイト・インナー。レーベルも通常のポリドール・ラベルです。カッティングはやり直されているようですが、音質の傾向はオリジナル盤と同様のように思います。ただ、盤が軽くて薄い分、鳴り方に好みが分かれるような気がします。

ジャケット画像


JP Universal UICY 75056/57 : [Down To Earth]


ジャケット画像 ジャケット画像

ヨーロッパ盤とほぼ同時期にリリースされた日本盤デラックス・エディション。アナログ盤のジャケットを踏襲した紙ジャケットでのリリース。シングル・ジャケットのため、2枚のディスクが一つのジャケットに収められている上に、ブックレットがジャケット大のため(おかげで、EU盤よりも大判のブックレットが入手出来るのはありがたい)、パッケージとしてはあまりスマートに収まっていない印象を受けます。どうせならイタリア盤や東南アジアでリリースされていたLPと同様、インナーバッグのデザインを内ジャケに持っていった見開きジャケットでリリースしても良かったんじゃないかと思います。歌詞・対訳と、EU盤に添付されていたジェリー・ブルーム氏が執筆した解説の日本語訳を掲載したリーフレットが添付され、UK盤やUS盤のアナログに付いていたものと同様のインナーバッグが付属しています。


EU Universal [5331367] : [Down To Earth]


ジャケット画像 ジャケット画像

Disc 1

  1. All Night Long
  2. Eyes Of The World
  3. No Time To Lose
  4. Makin’ Love
  5. Since You Been Gone
  6. Love’s No Friend
  7. Danger Zone
  8. Lost In Hollywood
  9. Bad Girl
  10. Weiss Heim

Disc 2

  1. All Night Long (Instrumental Outtake)
  2. Eyes Of The World (Instrumental Outtake)
  3. Spark Don’t Mean A Fire
  4. Makin’ Love (Instrumental Outtake)
  5. Since You Been Gone (Instrumental Outtake)
  6. Ain’t A Lot Of Love In The Heart Of Me
  7. Danger Zone (Instrumental Outtake)
  8. Lost In Hollywood
  9. Bad Girls (Instrumental Outtake)
  10. Ain’t A Lot Of Love In The Heart Of Me (Alternative Outtake)
  11. Eyes Of The World (Instrumental Outtake)
  12. All Night Long (Cozy Powell Mix)

最近流行りの「でらっくす・えでぃしょん」です。噂が浮上してからリリースまで紆余曲折がありましたが、2011年2月8日にリリースされたEU盤となります。

4面開きの紙製デジパック。全開にした中央よりの面に透明のCDトレイが設けられ、アナログ盤のインナー・バッグに使用されていたデザインがレイアウトされています。トレイが配された面の両翼には、左側には"Since You Been Gone"、右側に"All Night Long"の日本盤シングルのジャケット・デザイン。折り畳んで現れる面には、左側に"Since You Been Gone"、右側に"All Night Long"のイギリス盤シングルのジャケット・デザインが掲載されています。フルカラー16ページのブックレットにはさまざまなアイテムやバンドの写真、「ブラック・ナイト – リッチー・ブラックモア伝」の著者であるJerry Bloom氏が執筆した詳細な解説が掲載されています。Universalがリリースした他のアーティストのデラックス・エディションでは、画像下部にある"DELUXE Edition"と書かれた半透明の帯は、同じデザインが施されたクリア・ケースになっていて、デジパック本体を収納する作りになっています。当盤は、この帯だけがテープになっていて、ぐるっと巻いて裏側中央で留めるような感じ。微妙な部分にチープさが漂います(笑)

1枚目のディスクは"Down To Earth"アルバム全曲と、当時シングルのB面に収められていた2つのナンバーをリマスタリングして収録しています。リマスタリング・エンジニアの名前は2000年にリリースされたユニバーサル盤のエンジニアとは違う名前がクレジットされているので、アナログ・テープからのトランスファーかどうかは不明ですが、従来のリマスター盤とは異なるマスタリングである事は間違いありません。

2枚目のディスクは[Down To Earth Rough Mix]や、曲順を変えて出しなおされた[Down To Earth Rough Mix Redux]等で出回っていた、コージー・パウエル所有との触れ込みでアンダー・グラウンドでは有名だった音源(おっと、レビューをサボっているではないか、後でこっそり書いておこう(^^;)で聴く事が出来たテイクをベースに、初公開となるテイクをいくつか組み合わせたものになっています。ただ、同様の音源が収録されていた[Rising]のデラ・エディと違うのは、当アルバムに収録された音源は、アンダー・グラウンドで出回っていたテープとはおそらく出自が異なる、ということ。おそらく、フランスの古城のレコーディングが終了した段階でマルチ・トラック・リールから制作されたラフ・ミックスの一つである事には間違いありませんが、当アルバム収録の音源はアンダー・グラウンドのテープでは聴こえない音があったり、バランスの異なるミックスがされていたりするので、ラフ・ミックスはいくつか作られていたのだと想像出来ます。また、アンダー・グラウンドでは出回っていなかった"Since You Been Gone"等が聴けるのもポイント。[Rising]のデラ・エディに較べれば、この上もなくまっとうに「でらっくす・えでぃしょん」を名乗って良いのではなかろうかと(^^;


JP Universal UICY 9194 : [Down To Earth]


ジャケット画像 ジャケット画像

欧米でのリマスター盤リリースからやや遅れて登場した日本盤となります。このユニバーサル版のリマスター登場により、ポリドール版のリマスターは役割を終え、廃盤となりました。本邦初登場の盤は通常のジュエル・ケースでのリリースでしたが、掲載したものは2001年後半にリリースされたペーパー・スリーブのパッケージです。

厚手だったポリドール盤のスリーブと異なり、薄手の紙にイギリス盤アナログを意識したかのようなコーティングが施され、ジャケットの張り合わせもイギリス盤アナログに倣った張り合わせになっています。インナー・バッグもきちんと再現されており、レーベルもUK盤オリジナルの虹をつかむイラストを使ったピクチャー・レーベルとなっていて、ここは海外盤よりもポイント高いかも。ただ、そこまでこだわるならなんで日本盤初回発売分の帯までつけちゃうのかと。せっかくの再現度も両方混ざっちゃったら意味が無いじゃんと、重箱の隅をちくちくと(笑)

こーいうくだらないことをくどくどと騒ぐファンが多いせいか、ユニバーサルは毎年のようにパッケージと規格番号を新しくして当リマスター版を再発し続けています。全部揃えないと気が済まない向きは別として、どれか一つ聴いていれば十分。ただ、個人的には、SHM-CDは薦めません。