EU Universal [602567519294] : [Stormbringer]


ジャケット画像

2018年9月にリリースされたEU盤アナログ・リイシュー。ユニヴァーサルはかつて[The Vinyl Collection]というボックス・セットでPurple Records以降のDeep Purpleのバック・カタログをリリースしていましたが、今回は[The Vinyl Collection]に含まれていたスタジオ盤5作にライヴ・アルバム3作を加えた全8作をパープルカラーのレコードで一気にリイシューしました。

ジャケット画像
ジャケット画像

レーベル。盤はクリア・ヴィニールなのでまずは合格。ステッカーに書かれてるキャッチが本当ならばオリジナル・テープをアビィ・ロード・スタジオでリマスタリングしたということですが、テープってなに?マスターリールなのかデジタルマスターなのか。ちなみにMP3ファイルのダウンロード・カードが添付されています。ここ10年ほど、「レコードにデジタル音源をつける」スタイルのパッケージが多いですが、近年はストリーミング主流になりファイル配信も廃れつつあるということで、こういうスタイルもだんだんと減っていくような気がします。

ジャケット画像


USA Warner Brothers PR 2382 : [Stormbringer] (Promo)


ジャケット画像

当時ラジオ局等へ配布されたプロモーション盤。丸いプロモーション・ステッカーが貼られています。

ジャケット画像
ジャケット画像

レーベル。1974年後半ぐらいから、ワーナー・ブラザーズはプロモーション用のレーベルとして、通常仕様のレーベルに"PROMOTION NOT FOR SALE"の文字を加刷したレーベルを使用し始め、ホワイト無地レーベルの使用をやめています。

ジャケット画像


JP Warner Music Japan WPCR 17193/94 : [Stormbringer]


ジャケット画像 ジャケット画像

2016年4月、Deep Purpleは来日公演を行ったり「ロックの殿堂」入りをしたりと露出の機会が多い時期であったため、日本のレコード会社では各種パッケージのリリースラッシュが起こります。これもその一環として登場したアイテムで、Rhinoレーベルがリリースした35周年記念盤の日本盤。同時にリリースされた[Burn]の30周年記念盤は日本独自の再発だったためか若干お安いお値段でのご提供だったのに対し、こちらは新譜扱いのため若干お高くなっております。それでも2枚組で3,000円とお得感を演出しております。

ただし中身は10円でも許せないものであり、Rhino盤で問題となっていたDisc 2の4ch Mix、"Stormbringer"冒頭のカットはそのままとなっています。発売元に問い合わせた方がおられまして、伺ったお話では「海外から送られた原盤を忠実に製品化している」という返答だったようです。「ボクのせいぢゃないもん」ということですな。「一応海外に確認してるけど、変更指示なければそのまま」という返答もあったそうですが半年以上経った現在まで当盤に関するオフィシャルなインフォメーションは何もありません。海外に確認して指示がなかったのだと素直に考えたいところですが、ひねくれた年寄りのワタクシは「どーせそんな面倒な手間かけてないだろ担当者」と思ってます。何のアクションも起こさないような対応(「変更指示なければそのまま」ってことはそういう事)を最初から出すってことは「何もしないよ」と言ってるのと同じだよとか、中身も知らずに商品作ってんじゃねーよとかいろいろ言いたいことはありますが、皆さんはこれを聴いてしまっていろんなことを考えてしまって時間を無駄にしてしまってとかするより無視してしまったりするのが一番です。買うな。聴くな。


USA Rhino R2 554989 : [Stormbringer]


ジャケット画像 ジャケット画像

これまでEU盤しかリリースされていなかった、35周年記念盤のアメリカ盤として、2016年4月にRhinoレーベルより発売された2枚組CD。EU盤はCDとDVDでしたが、当アメリカ盤はCD2枚組へとパッケージが変更されています。

内容はEU盤と同様、Disc 1にオリジナル・アルバムのリマスタリング音源と、当アルバムに関わったグレン・ヒューズが手掛けたリミックス・ヴァージョン、[Listen Learn Read On]で初出となった"High Ball Shooter"のインスト・ヴァージョンが収録されています。リマスター音源はともかくとして、グレンが手掛けたリミックス・ヴァージョンの選曲が面白いです。"Hold On"を選んでるあたりを深読みするのも、屈折したファンの楽しみというか(ばきっ★)……おっと、コピペで済ましちまったぜ(ばきっ☆)

Disc 2も、CDになったとはいえ、EU盤DVDに収録されていた4chミックスを収録しています。CDなので、当然マルチ・チャンネル音源は収録されず、2chへと変換されたものをマスターとしている……はずなのですが、1曲目、"Stormbringer"の冒頭からやらかしてくれています。なんと、イントロのリフを丸々カットし、ヴォーカルのファースト・バースの冒頭からいきなり始まるという大胆な作品無視(笑)。念のため言っておきますが、オリジナルであるアナログ盤4chでは、ちゃんとイントロのリフからスタートし、そこで聞こえてくるカヴァデールのつぶやきが通常のステレオ・ミックスより不気味さが増していて、この4chミックスでの大事なポイントの一つとなっていました。もちろん、EU盤DVDでもきちんとイントロのリフからの収録。35周年ミックスとして編集をやり直していたわけではありません。にもかかわらず、こーいう商品を世に出してしまう現在の作り手のレベルは素人以下か?猛省すべし。ここ一点だけで、このパッケージを買う価値は無いと断言します。買った人は返品してもいいレベルだと思います。


USA FridayMusic FRM 2832 : [Stormbringer]


ジャケット画像

2012年6月に発売された再発盤。リリースしたのはワーナーからライセンスを受けたFridayMusicというレーベルで、アメリカ・プレスとなっています。そのため、ジャケット等はアメリカ盤に準拠したもの、レーベルもワーナーのバーバンク・ラベルを模したものとなっています。

ジャケット画像
ジャケット画像

……グリーン・ラベルよりは良い感じの仕上がりで、レーベルの住所部分がバーバンクではなく、FridayMusicのあるSurf Cityになっているのが面白いところ。Joe Reogosoというエンジニアがカッティングした重量盤のプレスによる高音質盤となっています。

音の印象はオリジナル・ワーナー盤の面影が残るもので、デジタルっぽい雰囲気も感じますが、そのあたりは私の錯覚かもしれません。それなりに聴ける音でし(・∀・)

ジャケット画像


JP Warner Pioneer P 8524W : [Stormbringer]


ジャケット画像

1974年12月にリリースされた日本盤。これが初回出荷分となります。帯に「先着50,000名様・新着カラーポスター付」と加刷されています。同じ番号でも、後の出荷になるとこの加刷はなくなります。しかし、洋楽のディスクが5万、10万と売れていたのですから、今では考えられない数字ですが、ラジオでもガンガンレコードがかかっていたわけで、それもアルバム丸ごと一枚とか流す番組もあったわけで、それでも売れていたわけで。どこをどうしたおかげで現代の状況に至ったのかは興味深いところです。

ジャケット画像
ジャケット画像

レーベル。このアルバムから、バーバンク・レーベルの右上に、英国Purple Recordsの原盤であることを示す加刷が加えられるようになります。マークの大きさはアルバムごとに変化が出る場合もあるので、興味のある方は調べてみるのも面白いかと思います。

ジャケット画像

裏ジャケット。アメリカ盤と同様のデザインというか、色味ですが、若干シェードが異なるように思います。


EU EMI [5099926464527] : [Stormbringer]


ジャケット画像 ジャケット画像

CD

  1. Stormbringer
  2. Love Don’t Mean A Thing
  3. Holy Man
  4. Lady Double Dealer
  5. You Can’t Do It Right
  6. High Ball Shooter
  7. The Gypsy
  8. Soldier Of Fortune
  9. Holy Man (Glenn Hughes Remix)
  10. You Can’t Do It Right (Glenn Hughes Remix)
  11. Love Don’t Mean A Thing (Glenn Hughes Remix)
  12. Hold On (Glenn Hughes Remix)
  13. High Ball Shooter (Instrumental)

DVD

  1. Stormbringer
  2. Love Don’t Mean A Thing
  3. Holy Man
  4. Lady Double Dealer
  5. You Can’t Do It Right
  6. High Ball Shooter
  7. The Gypsy
  8. Soldier Of Fortune

2009年にヨーロッパでリリースされた、リマスターや発掘音源を含む、CDとDVDの2枚組・デラックス・エディション。詳細なライナーノーツが掲載されたブックレットやPurple Recordsのレーベルを再現したピクチャー・ディスクのCD、ジャケット・デザインを流用したピクチャー・ディスクのDVDを収めたジュエル・ケースを、紙製のスリップ・ケースに入れたパッケージとなっています。

CDにはオリジナル・アルバムのリマスタリング音源と、当アルバムに関わったグレン・ヒューズが手掛けたリミックス・ヴァージョン、[Listen Learn Read On]で初出となった"High Ball Shooter"のインスト・ヴァージョンが収録されています。リマスター音源はともかくとして、グレンが手掛けたリミックス・ヴァージョンの選曲が面白いです。"Hold On"を選んでるあたりを深読みするのも、屈折したファンの楽しみというか(ばきっ★)

DVDは、よく誤解されますが、あくまでもDVD-Videoフォーマットのディスクであり、DVD-Audioフォーマットではありません。両者では規格からして異なるものなので、音がメインに収録されているからと言って、DVD-Audioではないということにご留意願います。こちらのディスクには、アルバムの4チャンネル・ミックスが、5.1サラウンドとPCMステレオの2つの音声トラックで収録され、各曲のバックでレコード・ジャケット等の映像が表示されるようになっています。日本盤のシングル「嵐の女 (Lady Double Dealer)」のジャケットも登場しますが、説明キャプションが"Stormbringer"とクレジットされているのはどーよと。そっちは「嵐の使者」ですよ、サイモンさん(^^;。

当アルバム、次作"Come Taste The Band"の35周年記念盤がリリースされた2010年現在に至っても、まだ日本盤もアメリカ盤も登場していません。このまんまスルーせずにさっさと出すべし>日本のレコード屋さん