2010-09-05 : Leising


ジャケット画像

Leising Germany 5 September 2010
  1. Believe In Me (Rehearsal)
  2. All The Fun Of The Fayre
  3. Ghost Of A Rose
  4. All For One
  5. Times They Are A Changing – Mid-Winter’s Night

"Autumn Sky"リリースに合わせて行われたドイツ公演(チェコも1日だけ日程に上がっていましたが、行われたかどうかは未確認)より、初日となった9月5日の公演を撮影したとされるオーディエンス・ショット。リハーサルは昼間に行われ、会場の外から狙ったショットですが、比較的安定しています。2曲目以降は本番のステージで、完全収録のナンバーが少なく、アングルがコロコロ変わります。複数の人間が撮影したショットをネットあたりで拾ってきたのかもしれません。"All The Fun Of The Fayre"はやや右より後方から狙ったショットで完奏してますが、ややボケ気味の映像、"Ghost Of A Rose"はかなり後方からがんばって狙った感じのショットで、それほど観づらい映像ではないものの、前方の観客の影が少々残念。"All For One"はこの中では一番観やすい映像ではあるものの、後半のギター・ソロ途中からの収録であっという間に終わる上、レベル・オーバーによるサウンドの歪みが半端ないです。"Times They Are A Changing – Mid-Winter’s Night"は"All For One"と同じ撮影者によるものと思われ、音の歪みは目立たなくなっていて、この中では上出来のパートとなっています。


2009-10-17 : Chicago


ジャケット画像

Chicago 17 October 2009
  1. Minstrel Hall
  2. Wind In The Willows
  3. Ghost Of A Rose
  4. FIres At Midnight
  5. The Circle
  6. Black Night
  7. Smoke On The Water

久々のアメリカでのステージとなった2009年10月17日のシカゴ、ハウス・オヴ・ブルーズでのステージを収録したとされるオーディエンス・ショット。おそらく2階席から狙っていると思われます。収録されている曲はカット・インから始まるものが多く、曲数自体も少ないものの、クロース・ショットも多いですし、かなり安定している映像なので、観づらくはないと思います。

10月でハロウィンの季節だからというわけでもないのでしょうが、"Minstrel Hall"の演奏中にウサギの着ぐるみが通りすがり、観客の笑いを誘っています。リッチーも「なんで笑ってるの?」というギャグのリアクションをかましており、楽し気な様子が伝わってきます。"Ghost Of A Rose"と"FIres At Midnight"が当映像のハイライトだと思います。当時の最新アルバムだった[Secret Voyage]からは"The Circle"しか聴けないのは、ちょっと残念ポイント。パープル・ナンバー2曲はやはりアメリカらしい盛り上がりをみせています。


2009-07-11 : Bonn


ジャケット画像

Bonn 11 July 2009
  1. God Save The King
  2. Locked Within The Crystal Ball
  3. Queen For A Day
  4. Under A Violet Moon
  5. Soldier Of Fortune
  6. The Temple Of The King
  7. Durch Den Wald Zum Bach Haus
  8. World Of Stone
  9. Home Again
  10. Toast To Tomorrow
  11. Diamonds And Rust
  12. Ariel
  13. Woman From Tokyo – Smoke On The Water
  14. The CIrcle
  15. Black Night

2009年、"Secret Voyage"リリース後のツアー、7月に行われたドイツでの公演から、11日のボンの野外ステージでの模様を捉えたオーディエンス・ショット。まだ明るいうちからコンサートは開始されていて、カメラは観客からみて右側後方から狙っています。"God Save The King"と"Locked Within The Crystal Ball"では撮影ポジションを探しているようで、ショットが安定しません。移動の最中もカメラを回しているので、床がえんえんと写ったりします(笑)

安定してからも、かなり苦しい位置取りのため、ステージ全景の把握は出来ず、メンバーも全員は写りません。リッチーとキャンディスはバッチリ写るので、問題はないと思いますが、落ち着きの無いカメラワークは好みを分けると思います。また、ブロックノイズが多く、ほとんどモザイクに近くなるようなシーンもありますので、どちらかと言えば、全体的には見づらい映像に属します。ただ、音質はそれほど悪くはありません。分離度はそれほど高くはないものの、バランスは良好で、会場のエコーもそれほど気になりません。カメラを動かす時のノイズが気になる程度です。BGVとして流しておく分には良いかもしれません。

この時期のBlackmore’s Nightの平均的なヴォルテージは保っており、安定した演奏内容で楽しめる映像です。また、このドイツツアーならではの選曲として"The Temple Of The King"が聴けるのがポイント。画には期待せず、音楽を聴くために観るのなら、探しても良いかもしれません。


2003-10-11 : Moscow


ジャケット画像

Moscow 11 October 2003
  1. Cartouche
  2. Play Minstrel Play

2003年10月11日に行われたモスクワでのステージ、冒頭の2曲を収録した映像。ワンカメラのオーディエンス・ショットですが、観やすく、聴きやすい映像となっています。前日にあたる10月10日のステージを収録した映像と、アングル、画質ともよく似ています。同一の撮影者がほぼ同一のアングルから撮影したように思えます。


2003-10-10 : Moscow


ジャケット画像

Moscow 10 October 2003
  1. Cartouche
  2. Play Minstrel Play
  3. Minstrel Hall
  4. Under A Violet Moon
  5. Past Time With Good Company
  6. Soldier Of Fortune
  7. 16th Century Greensleeves
  8. Diamonds And Rust
  9. Mr. Peatram’s Morris And Sword
  10. Ghost Of A Rose
  11. Durch Den Wald Zum Bach Haus
  12. I Still Remember
  13. Renaissance Faire
  14. Home Again
  15. Gone With The Wind
  16. Wish You Were Here
  17. Rainbow Blues
  18. Writting On The Wall
  19. Beyond The Sunset
  20. Now And Then

2003年、アルバム[Ghost Of A Rose]リリース後に訪れたモスクワで10月10日に行われたステージを収録したとされるオーディエンス・ショット。ステージ右手やや後方からのワン・カメラでの撮影で、場内が暗いオープニングではややピントが甘いように思いますが、その後は良好な映像が収録されていると思います。照明が当たる部分のトビがきつく、全体的に粒子が粗いので臨場感には欠けますが、特に人物のアップでは表情もよく確認出来、観ていてストレスを感じる部分は少ないのではないかと思います。

この時点ではヴァイオリンがチューダー・ローズではありませんが、その他のメンバーは翌年に行われた来日メンバーと同様であり、"Cartouche"で始まるセットリストの大筋も、来日公演とほぼ同様です。"Fires At Midnight"が観られないのは残念ですが、日本でプレイされた回数が少なかった"Ghost Of A Rose"が収録されているのは嬉しいところ。音質も歪みの少ない、バランスも良好なものなので、楽器の多いBlackmore’s Nightのステージを伺うには支障はないと思います。


2003-10 : Russian Tour Documentary


ジャケット画像

Russian Tour October 2003
  1. Avalon (Acoustic)
  2. Gone With The Wind (Acoustic)

2003年にロシアでコンサートを行った際のドキュメント映像。オフィシャルとして制作されたものではなさそうで、スタッフ、もしくはコアなファンが撮影したと思われるプライヴェート・カメラでの映像を中心に編集されています。10月8日に現地入りしたバンド・メンバーの様子や、会場設営の様子、会場でインタビューを受けるリッチーとキャンディス(ここで"Avalon"と"Gone With The Wind"をプレイしています)。10月10日に行われたコンサート当日の開演前の様子(ファンへのインタビューあり)等々。


1997-11-02 : Nakano


画像はありません

Nakano, Japan 2 November 1997
  1. Shadow Of The Moon
  2. Be Mine Tonight
  3. Play Minstrel Play
  4. St. Teresa
  5. Minstrel Hall
  6. Magical World
  7. Under A Violet Moon
  8. Temple Of The King
  9. 16th Century Greensleeves
  10. Memmingen
  11. No Second Chance
  12. Mond Tanz
  13. Renaissance Faire
  14. Ariel
  15. Greensleeves
  16. The Clock Ticks On
  17. Still I’m Sad
  18. Difficult To Cure
  19. Keyboard Solo
  20. Writing On The Wall
  21. Spilit Of The Sea

Blackmore’s Nightの世界初演となった11月2日、中野サンプラザで行なわれたステージを捉えた映像です。リッチー側の2階席あたりから狙ったショットで、画質はいま一つクリアではありませんが、わりと安定してみられる感じです。

このビデオがやはり Blackmore’s Nightのオーディエンス・ショットでは一番見やすいものでしょう。ただ、音質に関して言えばいまひとつで、フランジャーでもかかったようなシュワシュワ・ノイズが大変目立ちます。