JP PolyGram POCG 3770 : [Hard Rock Meets Classics 2]


ジャケット画像

V.A.
  1. ツァラトゥストラはかく語りき
  2. リュート組曲 第4番
  3. ラプソディ・イン・ブルー
  4. 草競馬
  5. グリーンスリーヴズによる幻想曲
  6. 白鳥の湖 情景
  7. 白鳥の湖 ワルツ
  8. 白鳥の湖 フィナーレの情景
  9. 4つのブランル
  10. ベルジュレット
  11. パッセ・メディオ
ツァラトゥストラはかく語りき : Maazel / Vienna Philharmonic Orchestra
マゼール指揮、ウィーン・フィルの演奏。マゼール独特の歌い方を感じ取れる冒頭部のみの収録。
リュート組曲 第4番 : Narciso Yepes
ラプソディ・イン・ブルー : Levine / Chicago Symphony Orchestra
メトの音楽監督として有名だったレヴァインの指揮によるシカゴ響の演奏。この曲はやはりアメリカのオケで聴くのが良いのかもしれません。レヴァインのピアノが聴けるのがちょっと嬉しい
草競馬 : Eric Rogers Chorale and Orchestra
大変モダンなアレンジの演奏。ライト・クラシックのノリですが、フォスターの曲はこういう感じで聴くのが良いのかもしれません。個人的にはもっと時代を感じさせてくれる演奏が好きです。当時の演奏を再現したアルバムも存在しますが、サロン用に書かれた曲が対象なので、ショウの為に作られた「草競馬」は収録されていませんでした
グリーンスリーヴズによる幻想曲 : Orpheus Chamber Orchestra
エルガーやホルストと並ぶ近代イギリスの作曲家、ヴォーン・ウィリアムズが管弦楽に編曲したものです。ハープの響きが印象に残ります
白鳥の湖 情景
白鳥の湖 ワルツ
白鳥の湖 フィナーレの情景 : Mstislav Rostropovich / Berlin Philharmonic Orchestra
4つのブランル
ベルジュレット
パッセ・メディオ : Philip Pickett / New London Consort

Germany Decca 466 388 2 : [Also Sprach Zarathustra]


ジャケット画像

Herbert Von Karajan / Vienna Philharmonic Orchestra
  1. Introduction
  2. Of The Backworldsmen
  3. Of The Great Longing
  4. Of Yoys And Passions
  5. Funeral Song
  6. Of Science
  7. The Convalescent
  8. Dance Song
  9. Night Wanderer’s Song
  10. Till Eulenspiegel’s Merry Pranks
  11. Dance Of The Seven Veils
  12. Don Juan

これもウィーン・フィルの演奏。カラヤンが振った1959年のステレオ録音です。作曲者のシュトラウスはウィーンを中心に活動していた指揮者だったので、CDもウィーン・フィルの演奏で統一してみました。