UK Old Gold OG 9772 : [Since You Been Gone (Dif.Cover)]


ジャケット画像

1988年にリリースされたらしい、イギリス盤7インチ・シングル。こちらに掲載した記事とおなじシングルとなりますが、ジャケット・デザインが若干異なっています。先ほどの記事であちらのジャケットを「初回プレス」と紹介していますが、これを見つけたことでわけがわからなくなりつつあります(笑)

どちらのジャケが先発だったにせよ、グラハムの頃である1979年の楽曲をカップリングしているにも関わらず、1982年のラインナップのグループ・フォトを使用するという残念さには変わりがありません。どうせデザイン変えるならそっちをなんとかせいと(以下略

ジャケット画像


EU Universal R7 547362 : [Black Night]


ジャケット画像

2015年4月のRecord Store Dayにリリースされた、7インチ・シングル。青というか、青に近い水色というか、そんな色のヴィニールでプレスされています。レーベルは、ワーナーのグリーン・ラベルを模していますが、やはり黄土色に近いベクトル。

A面は"Black Night"で、1995年のアニヴァーサリー・エディション製作時にロジャー・グローヴァーによってリミックスされたテイク。かつて12インチ・シングルにもなりました。B面は"Speed King"で、ピアノ・ヴァージョンとして知られているテイクを収録しています。

ジャケット画像


EU Minstrel Hall No Number : [Celebrating 20th Anniversary 2017]


ジャケット画像 ジャケット画像

  1. Wish You Were Here
  2. Under A Violet Moon
  3. Fires At Midnight
  4. Ghost Of A Rose
  5. Village Lanterne
  6. Locked Within A Crystal Ball
  7. Beyond The Sunset

2016年6月25日に行われた、Ritchie Blackmore’s Rainbowのバーミンガム公演の会場で配布されていたプロモーションCD。リッチーのプライベートなレーベルであるMinstrel Hall Musicは、従来別レーベルでリリースされてきていたBlackmore’s Nightのバック・カタログを自社でリリースし直してきましたが、来年、2017年でBlackmore’s Nightの結成20周年を迎えるのを記念し、それらのアルバムから1曲づつピックアップして収録したものとなっています。当初edelレーベルから出ていた初期作品はSPVレーベルから再発されるにあたりリマスタリングされていました。Minstrel Hall盤はそのリマスタリング盤を使用しています。


USA Rhino R7 547362 : [Black Night]


ジャケット画像

2015年4月のレコード・ストア・デイに向けてリリースされたアメリカ盤7インチ・シングル。ジャケットはデンマーク盤の"Black Night"シングルをお手本にしてると思われますが、裏ジャケは異なるのでまあなんとも。盤はワーナーのグリーン・ラベルが使用された水色のカラー・レコードです。おそらく、[In Rock]のジャケ色に合わせたのかな〜と。

A面の"Black Night"はアニヴァーサリー・エディションのリリース時に制作されたリミックステイクを収録。久々に聴きましたがジョンのソロ、エンディングの余韻がえぇですな。

B面は"Speed King"の所謂「ピアノ・ヴァージョン」と呼ばれるものを収録しています。リアル・タイムではオランダで"Into The Fire"とのカップリングで世に出たのが最初。その後メキシコ盤(いかん、カップリングの記載に間違いがあるではないか、あとでこっそり直しておこう)で適当な編集でリリースされ、一般的になったのはアルバム[The Singles A’s & B’s]が発売された1978年以後のことです。ここに収録されているのは先のアニヴァーサリー・エディションで世に出た時のマスターではないかと思われ。

ジャケット画像


EU Universal [0602537731145] : [Black Night]


ジャケット画像

2014年春のレコード・ストア・デイでリリースされたシングル盤。1975年に発売された日本盤シングルをモチーフとしています。ジャケットは日本盤のスリックを流用したボックス・ジャケット、盤は黒いスリーヴに収められています。レーベルはパープル・レーベルお馴染みの「P」をデザインしたものですが、南アフリカ盤などに見られる「P」の部分が黒くなっているものになります。

ジャケット画像

ジャケット裏面。やはり日本盤スリックの裏面を流用していますが下部に印刷されていたクレジットなどをオミットするなど、レイアウトに若干の変化が見られます。そして、ボックス・ジャケなのでLP同様に背表紙というものがあるのですが、そこには日本語で「歌と演奏:ディープ・パープル」とプリントされています。……いや、本当の日本盤ならそんなクレジットにはしないし、だいたい横書きじゃなく縦書きにしてると思うし(以下略


Italy Frontiers FR PS CD 067 : [2 Track Radio Single]


ジャケット画像 ジャケット画像

  1. Dancer and the Moon (Radio Edit)
  2. The Moon Is Shining (Radio Edit)

アルバム[Dancer And The Moon]からの一般向けシングル・カットは配信による[The Moon Is Shining (Somewhere over the Sea)]でしたが、こちらはプロモーションとして2013年に配布されたCDシングルになります。内容は上記のとおり、タイトル・トラックとシングル曲のラジオ・エディットをカップリングしたもの。"Dancer And The Moon"のラジオ・エディットは当盤のみの収録。