USA Sony SMK 63154 : [Great Marches]


ジャケット画像

Leonard Bernstein / New York Philharmonic
  1. Semper Fidelis
  2. The Thunderer
  3. The Wachington Post
  4. Hands Across The Sea
  5. Radetsky March
  6. Under The Double Eagle
  7. Battle Hymn Of The Republic
  8. Anchors Aweigh
  9. The Stars And Stripes Forever
  10. The British Grenadiers
  11. Rule, Britannia
  12. La Marseillaise
  13. The National Emblem
  14. Rakoczy March
  15. March Of The Toreadors
  16. Coronation March
  17. March (Love For Three Oranges)
  18. War March Og The Priests
  19. Grand March
  20. Procession Of The Sardar
  21. March (Symphonic Metamorphosis)
  22. Pomp And Circumstance
  23. Fest March
  24. Colonel Bogey

バーンスタインがまだニューヨーク・フィルにいた頃に録音されたマーチ集。

Rule, Britannia
"Rule Britania"をスタジオ録音、歌詞のないもので聴きたいとなると、現時点ではこのアルバムがベスト・チョイスになるかと思います
Pomp And Circumstance
このアルバムで聴ける「威風堂々」の後半の畳み掛ける感じは、1980年頃のRainbowのライヴCDなどで聴けるものにそっくりな感じがします

Germany Teldec 4509 97868 2 : [Last Night Of The Proms]


ジャケット画像

V.A.
  1. Toccata And Fugue In D Minor,BMV 565
  2. Belshazzar’s Feast
  3. Marimba Spiritual
  4. Meditation From Thais
  5. Pomp And Circumstance March No.1
  6. Fantasia On British Sea Songs
  7. Rule Britannia!
  8. Jerusalem-Auld Lang Syne

「ロンドンの夏の名物」プロムスを収録したライヴ・アルバム

Toccata And Fugue In D Minor,BMV 565
ヘンリー・ウッドが編曲した「プロムス・ヴァージョン」ともいえる演奏を聴く事が出来ます
Pomp And Circumstance March No.1
プロムスは毎年行なわれる演奏会ですが、最終日に「威風堂々」を演奏する習わしがあります。観客が爆竹を鳴らしたり一緒に歌ったり、大騒ぎのライヴ・バージョン
Rule Britannia!
この曲も、プロムスの最終日では毎年演奏される習わしとなっています。こちらも「威風堂々」に負けず劣らず、大騒ぎのライヴ

EU BMG 05472 77529 2 : [The Masque Of Alfred]


ジャケット画像

Nicholas McGegan / Philharmonia Baroque Orchestra
  1. Overture : Allegro Moderato
  2. Overture : Andante
  3. Overture : Tempo di Minuetto
  4. Though to a desert isle confind
  5. The Shepherd’s plain life
  6. Com calm content
  7. Sweet valley say where
  8. Let not those who love complain
  9. If those who live in shepherd’s bow’r
  10. A youth adorn’d with ev’ry art
  11. from the dawn of early morning
  12. As calms succeed when storms are past
  13. Hear, Alfred, Hear
  14. Gracious heav’n
  15. Vengence, O come inspire me!
  16. Though storms awhile the sun obscure
  17. there honour coms, a pilgrim grey
  18. Ah, me! What fears oppress my throbbing heart!
  19. Guardian angels, O descend
  20. Arise, sweet messenger of the morn
  21. March with a side drum
  22. see liberty, virtue and honour appearing
  23. When Britain fiast at heav’n’s command

"Rule Britannia"のみを取り上げたアルバムはよくリリースされますが、仮面劇「アルフレッド」の全曲盤は、あまり録音される機会がないようです。これは、独ハルモニア・ムンディよりリリースされている数少ない現役盤。"Originalversion Von Rule Britannia"という売り文句がジャケットに書かれております(笑)


Germany Grammophon 453 713-2 : [Complete Beethoven Edition Vol.3]


ジャケット画像

V.A.
  1. Corioran Overture
  2. "Name Day" Grand Overture
  3. Egmont Overture
  4. Egmont – 1
  5. Egmont – 2
  6. Egmont – 3
  7. Egmont – 4
  8. Egmont – 5
  9. Egmont – 6
  10. Egmont – 7
  11. Egmont – 8
  12. Egmont – 9
  13. Wellingtons Sieg

998年にリリースされたベートーヴェン全集から。劇音楽を集めた第三巻、5枚組のセット。このセットの三枚目に収められている、カラヤン指揮、ベルリンフィルの演奏による「ウェリントンの勝利」です。イギリスとフランスの戦争を描いて、作曲当時は大変受けた曲だったとか。イギリス軍の象徴として"Rule Britania"のメロディが使用されています。同全集のVol.6ではこのメロディを使ったピアノによる変奏曲も聴く事ができます。