JP Toshiba EMI ECS 81311 : [Cheie & Marie Currie / Messin’ With The Boys]


ジャケット画像

Side A

  1. Messin’ With The Boys
  2. Since You’ve Been Gone
  3. I Just Love The Feeling
  4. All I Want
  5. Overnight Sensation

Side B

  1. Elaine
  2. This Time
  3. Wishing Well
  4. Secrets
  5. We’re Through

1980年にリリースされたアルバムの日本盤。近年CDでも再発されています。当時はTOTOが絶大な人気を持っていて、当アルバムにもメンバーの3人が参加しているということが盛んにアピールされています。"Since You’ve Been Gone"はここでは1曲目のエンディングにかぶさるように始まるため、単体で聴きたいなどの目的にはやはりシングルで聴いた方が良いでしょう。当アルバムの主要なエレクトリック・ギターのパートはスティーヴ・ルカサーが担当しており、当ナンバーでもルカサーの名前がクレジットされていますが、「言われてみればそれっぽい音ですね(・∀・)」くらいな感じのサウンドで録られており、ライナーや帯のタタキで触れられているほどTOTOっぽいアルバムではありません。良質のポップ・チューンのカヴァーに混じって"Wishing Well"のようなナンバーも演っていますが、全体的には当時の典型的なアメリカン・ポップ・ロック。Runnawaysのイメージを振り切ろうと闘っている彼女の姿が見える作品です。どのようなチャート・アクションだったかは未確認です。


USA Capitol [4754] : [Cherie & Marie Currie / Since You Been Gone]


ジャケット画像

The Runawaysを1977年で脱退したヴォーカリストのシュリー・カーリーが、姉妹のマリー・カーリーとの双頭名義で1980年にリリースした2枚目のアルバム、[Messin’ With The Boys]からのシングル・カット。アルバムのリリース年から考えてRainbowのヴァージョンが発表されて以降の録音と思われますが、シングルのPマークは1979年になっているので、先行シングルだった可能性もあり、そうなるとブルース・ペインがバンドに聴かせたシングルがこちらだった可能性も極めて少ない確率ながらあり得そうなので、当サイトでも掲載することにしました。ハードな演奏はRainbowのヴァージョンに影響されているとも思えますが、サビのコーラスはラス・バラードのラインに従っており、ここからも発表年代の微妙さを感じずにはいられません。


South Africa GRC CDCLOUT 1 : [Clout / 20 Greatest Hits]


ジャケット画像 ジャケット画像

  1. Substitute
  2. You’ve Got All Of Me
  3. Save Me
  4. Under Fire
  5. Oowatanite
  6. Portable Radio
  7. The Best Of Me
  8. Let It Grow
  9. Since You’ve Been Gone
  10. Wish I Were Loving You
  11. Feel My Need
  12. A Threat And A Promise
  13. Hot Shot
  14. Without Love
  15. Oh How I Long To Be With You Again
  16. Don’t Stop
  17. Tom Morrow
  18. When Will You Be Mine
  19. Gimme Love
  20. Lovers On The Sidewalk

1992年にリリースされたコンピレーションCD。南アフリカ盤です。ヨーロッパで何曲かのヒットを放った彼らですが、現在CDで聴くことが出来るのはコンピレーションが主流でオリジナル・アルバムのCD化は進んでいません。当アルバムは2010年にリマスターされ、[The Best Of Clout]というタイトルで入手可能です。


UK Carrire CAR 101 : [Clout / Since You’ve Been Gone]


ジャケット画像

1978年にリリースされたイギリス盤7インチ・シングル。Cloutというのは南アフリカ出身の5人編成のレディース・ロック・バンドで、1977年に結成され、1978年にファースト・アルバムをリリースします。当シングルはこのファースト・アルバム、[Substitute]よりカットされたもの。

コージーのインタビューによれば、初めて"Since You Been Gone"を耳にした時の事を、「(当時Rainbowのマネージャーだった)ブルース・ペインがニューヨークの事務所でレコードをかけた。女性バンドの演奏だった」と回想しています(ブラック・ナイト – リッチー・ブラックモア伝 – P.256上段)。当時はまだこの曲をカヴァーしていた女性バンドはCloutくらいのものでしたから、おそらくブルース・ペインが聴かせたレコードというのは、Cloutのものだった可能性が非常に高いです。

Head Eastのヴァージョンよりもラス・バラードの原曲に近く、ピアノのコード弾きで始まるイントロやサビのコーラスなども忠実に演奏しています。ラス・バラードのヴァージョンよりもポップで良い仕上がりになっており、野郎の声で聴くよりこっちの方が断然良いのではないかと(ばきっ★)

ちなみにこの曲を聴いたコージーの感想はというと。「良いね。最高だ。」でした。彼としてはとにかく「Rainbowが演奏すべき曲じゃない」と思ったということ以外に、この曲をやりたがらなかった理由は存在しなかったのだと思います。


USA A & M SP 6007 : [Head East / Live!]


ジャケット画像

Side A

  1. Take A Hand
  2. Man I Wanna Be
  3. Gettin’ Lucky
  4. City Of Gold
  5. Fly By Night Lady

SIde B

  1. Monkey Shine
  2. When I Get Ready
  3. Every Little Bit Of My Heart
  4. Get Up & Enjoy Yourself

Side C

  1. Since You Been Gone
  2. It’s For You
  3. Never Been Any Reason (Save My Life)
  4. Elijah

SIde D

  1. Prelude To ‘Creek
  2. Jefftown Creek
  3. Live Me Tonight
  4. I’m Feelin’ Free

1979年初頭にリリースされた、Head Eastの5枚目のアルバムにして初のライヴ・アルバム。日本でもほぼ同時に「ヘッド・イースト・ライヴ!」というタイトルでビクターからリリースされています(AMP 9001/02)。4枚のスタジオ・アルバムのうち、セカンド・アルバム[Get Yourself Up(邦題『目覚めよ、ロック魂』)]しかリリースされていなかった日本において、本格的に彼らを紹介する作品となったのがこのアルバムです。日本盤のライナー・ノーツは伊藤政則氏が執筆しています。

1978年にリリースされた4枚目のアルバム[Head East]とシングル[Since You Been Gone]を引っさげて行われた全米ツアーより、彼らの地元となるカンサス・シティでのライヴを中心に7カ所ほどの音源から構成されています。オープニング・ナンバーの"Take A Hand"はリック・スプリングフィールドの曲で彼らのスタジオ・アルバムには未収録、また、"It’s For You"はレノン=マッカートニーのペンになる曲で、1964年にシラ・ブラックが歌って全英チャートの7位、ビルボードでも79位まで上昇しています。こちらもHead Eastのスタジオ・アルバムには未収録のナンバー。また、"Never Been Any Reason"は彼らの最初のヒット・ナンバーで、1975年にビルボードで68位まで上昇しています。"Since You Been Gone"を含め、これらが立て続けに演奏されるC面が当アルバムのハイライトと言っても良いでしょう。スタジオ盤でも聴かれたノリの良いアメリカン・プログレ・ハードが存分に堪能出来ますが、残念な事に現在に至るまで、当アルバムどおりのCD化はされて来ていません。2000年に当アルバムから10曲を選び、曲順も大幅に変更したCDが、[Live On Stage]としてリリースされています。


USA A & M 2026 S : [Head East / Since You Been Gone]


ジャケット画像

1978年、アルバム[Head East]からのシングル・カット。カップリングはやはり[Head East]アルバムに収録されていた"Pictures"です。全米チャート46位まで上昇し、彼らのシングルのチャート・アクションでは最高の記録を残しています。

エンディングのハモンド・ソロがゴキゲン(死語)で、エンディングもフェイド・アウトせずにちゃんと終わってるのが好み。サビのスキャット(ラス・バラードの原曲でも同じですが)だけ、なんとかならんかったのか、と思っちゃうのはどうかお許しいただきたいと(笑)


USA A & M SP 4680 : [Head East / Same Title]


ジャケット画像

Side A

  1. Open Up The Door
  2. Man I Wanna Be
  3. Nothing To Lose
  4. Since You Been Gone
  5. Pictures

SIde B

  1. Get Up & Enjoy Yourself
  2. I’m Feelin’ Fine
  3. Dance Away Lover
  4. Elijah

Head Eastは1975年にA & Mからデビュー・アルバムをリリースした5人組のアメリカン・ハード・ロック・バンドです。ファーストアルバム"Flat As A Pancake"こそスマッシュ・ヒットになったものの、その後のセカンド、サードは低迷が続き、A & Mが起死回生のプロモーション体制を張って1978年にリリースしたのが、4作目にあたる当アルバム、"Head East"でした。道路標識を模したジャケットで、ビス穴になるところや泥の飛び散った跡がエンボス加工されている特殊ジャケットになっています。プロモーションの甲斐あって、当アルバムは彼らのそれまでの作品で最高位のビルボード78位まで上昇したようです。

全体のサウンドは当時人気だったBostonやKansas、Styxなどに通じる、コーラスを重視したメロディアスな曲をギターを中心とした分厚いサウンドに載せて演奏する、いわゆる「アメリカン・プログレ・ハード」などと呼ばれるサウンドで、心地良いハード・ロックサウンドが堪能出来ます。"Since You Been Gone"は、サビの歌い方はラス・バラードのオリジナル・ラインを尊重した演奏になっています。

現在、彼らのアルバムは殆どが未CD化のうえ、CD化されているアルバムも廃盤だったり、元々2枚組だった作品では曲を大幅に削られた1枚もののCDしか流通していない等、恵まれた状況にあるとは言えませんが、バンド自身はメンバーを大幅に変えつつも活動を続けており、アメリカ国内のクラブ・シーンでサーキットしているようです。YouTube等で現在の彼らや往年のステージの映像等もチェック出来ますので、興味を持たれたらレコードを探してみてください。