UK Rock Classics RCV 025 LP : [Straight Between The Eyes]


ジャケット画像

2010年、イギリスのBack on BlackというディストリビューターのRock Classicsというレーベルからリリースされた、再発盤となります。濃いマーブルの不透明ヴィニールを使用した180gの重量盤に、ジャケットのイメージでデザインされたカスタム・レーベルでプレスされたレコード。オリジナル盤も同様のカスタム・レーベルだったので、もっと違うものにしても良かったかなと。ジャケットのレタリング、レイアウト等はイギリス盤に準拠したものですが、シングル・ジャケットだったオリジナル盤と異なり、イギリス盤で使用されていたカスタム・インナーのデザインを使用した内ジャケを持つ、ダブル・ジャケットとして制作されています。インナー・スリーヴは黒となっています。ユニヴァーサルのライセンス生産というクレジットがあるので、使用されているマスターはおそらく1999年にリマスタリングされたデジタル・ソースではないかと考えられます。音はふつう(・∀・)

ジャケット画像


JP Polydor 18MM0608 : [Straight Between The Eyes]


ジャケット画像

ロックのアルバムでもCD化の波が進み始めた時期、1987年11月1日にリリースされた、再発日本盤。おそらく、日本における最後のアナログ・プレスとなっています。

ジャケットは初回盤同様の体裁。ただ、初回盤より、若干厚手の紙質で作られています。ライナー・ノーツも、イギリス盤でインナー・バッグとして使用されていたデザインを使用した、初回盤同様のものがついています。レーベルは通常のポリドール・ラベル。裏ジャケットのバーコードが時代を感じさせ……って、ジャケットにはバーコードがない(汗 この頃から、日本盤のバーコードは帯にのみ印刷される事が多くなります。欧米盤ではデザインにかならずついて回るバーコードですが、帯のみに印刷する事で回避出来るメリットはCDになっても受け継がれている事が多いです。ただし、帯をなくしてしまうとデータ整理や検索の時に苦労する事になるので、本格的に集めている人にとっては従来以上に帯が重要な存在になってきていたりします。帯には「オリジナル・テープよりデジタル・マスタリング」の文字が惹句として入ってい……ねーじゃん、ヲイ(笑)。多分(ばく)、CD化の際に作成されたデジタル・マスターからのプレスとなり、それまで日本に送られていたコピー・テープからのプレスではない……と、思いたいヽ(;▽;)ノ。

ジャケット画像


JP Universal UICY 9196 : [Straight Between The Eyes]


ジャケット画像 ジャケット画像

欧米でのリマスター盤リリースからやや遅れて登場した日本盤となります。このユニバーサル版のリマスター登場により、ポリドール版のリマスターは役割を終え、廃盤となりました。本邦初登場の盤は通常のジュエル・ケースでのリリースでしたが、掲載したものは2001年後半にリリースされたペーパー・スリーブのパッケージです。

厚手だったポリドール盤のスリーブと異なり、薄手の紙にイギリス盤アナログを意識したかのようなコーティングが施され、ジャケットの張り合わせもイギリス盤アナログに倣った張り合わせになっています。ただ、そこまでこだわるならなんで日本盤初回発売分の帯までつけちゃうのかと。せっかくの再現度も両方混ざっちゃったら意味が無いじゃんと、重箱の隅をちくちくと(笑)

ただ、レーベルはアナログ盤と同様の目玉のイラストを使用したカスタム・レーベルなのがポイントです。しかも、日本盤やアメリカ盤で使用されていた、各種クレジットが加刷された無粋な物ではなく、UK盤に使用されていた「詳細はスリーヴを見よ」という文章がレーベル・リムに掲載されている他は何もクレジットされていないタイプ。なぜこんなにアルバムごとにがんばり方にバラツキがあるのかが不思議です(^^;

こーいうくだらないことをくどくどと騒ぐファンが多いせいか、ユニバーサルは毎年のようにパッケージと規格番号を新しくして当リマスター版を再発し続けています。全部揃えないと気が済まない向きは別として、どれか一つ聴いていれば十分。ただ、個人的には、SHM-CDは薦めません。


USA Universal [3145473662] : [Straight Between The Eyes]


ジャケット画像 ジャケット画像

ヨーロッパ盤とほぼ時を同じくしてリリースされたアメリカ盤リマスター。全体のパッケージはEU盤と全く同じとなります。見分けるポイントとしては、

  • 規格番号がアメリカ盤はアタマの3桁が多い
  • ブックレット裏側右隅に小さく"Printed in USA"と入っている
  • CD盤面周囲のクレジット最終部に"Made In USA"と入っている

このあたりを見ればだいたいわかると思います。背表紙上部の規格番号が短いのがEU盤、長いのがUSA盤と思ってれば良いです。

音質はEU盤との相違はありません。実際は非常に小さな違いがあるとも云われますが、同じデジタル・マスターを使用しているということで、当サイトではそれ以上の違いには言及しません。興味深いテーマであることは間違いないので、興味のある方はご自身でお調べください。


EU Universal [5473662] : [Straight Between The Eyes]


ジャケット画像 ジャケット画像

1999年にヨーロッパでリリースされたリマスター盤。欧米ではポリドールによるリマスタリングは行われませんでしたが、ユニバーサルに統合されたのを機にリマスタリングがされたようです。前年に登場した日本のポリドールが行ったリマスターとは異なるマスタリングが行われており、音質も若干異なっています。

レーベルはアナログ盤の裏ジャケットに掲載されていたメンバーの瞳がデザインされた真っ黒な物で、多少気色悪いというかなんというか(ばきっ☆)。体裁も一新されており、透明なジュエル・ケースに"the Rainbow remasters"と書かれ、バックカタログが並べられたプリントがCDトレイ面に付けられています。


JP Polydor POCP 9161 : [Straight Between The Eyes]


ジャケット画像 ジャケット画像

1998年12月にリリースされたリマスター盤。Rainbowのバックカタログのリマスターとしては世界初の試みとなりますが、当マスタリングは日本のみの制作、流通となっています。厚手のペーパー・スリーブにスリックを貼付けた体裁はアメリカ盤アナログに倣ったもののようです。解説は従来のブックレットと同じ内容(写真がなくなった)で、リマスタリングに関するクレジットは見当たりません。音質はたしかに若干の相違を感じることが出来ますが、音場はそれほど変わっていないように思います。


JP Polydor P28P 25069 : [Straight Between The Eyes]


ジャケット画像 ジャケット画像

1986年頃にリリースされた日本盤。日本盤は当初、ドイツ・プレスの盤を使用し、ジャケットやブックレットを日本で制作したパッケージでリリースされていましたが、その後、日本プレスの盤を使用したこちらのディスクに切り替わりました。欧米盤と異なる裏ジャケットのデザインがポイントです。

盤は各国ポリドールに共通のデザインで、日本語でタイトルとアーティストがクレジットされ、"Made In Japan"の文字があります。内周の刻印は規格番号のみ。内周は保護材のみの透明なもの。[Difficult To Cure]までの日本盤に共通した特徴として、「フェイド・イン、フェイド・アウトのタイミングが欧米盤よりも短いため、トラック・タイムに2-3秒の差が生じる」というものがありましたが、当アルバムではそのような傾向はなく、欧米盤と同様のトラック・タイムで収録されているようです。このアルバムから「デジタル・レコーディング」が謳われるようになりましたが、それと無関係ではないように思います。