UK Purple Records SPSEP 207 : [V.A. / Purple Sampler]


ジャケット画像

Side A : Vocal Movement (Jon Lord) / Albert Gate Farm (Buddy Bohn)
Side B : So Nice (Curtiss Maldoon) / Landscape (Rupert Hine & David Maciver)

1971年、Purple Recordsの発足時に配布されたプロモーション盤。片面に2曲づつ収録された、コンパクト盤(EP)の体裁をとっています。UK盤のEPは45回転でカッティングされているものが多いのですが、当盤は33 1/3回転でカッティングされています。

内容は、レーベル発足後のリリース第1弾となった4枚のアルバムから、1曲づつ収めたものとなります。以下のとおりです。


UK Purple Records PUR 136 : [David Coverdale / Breakdown]


ジャケット画像

Side A : Breakdown
Side B : Only My Soul

1978年2月にリリースされたシングル。Purple Recordsとしては末期のレコードで、この年に2枚だけリリースされたシングルのうちの1枚。この後、1978年9月に発売された[New Live & Rare Vol.2]を最後に、Purple Recordsはシングル盤のリリースを停止しています。

1978年3月にリリースされたアルバム、[Northwinds]からのカットとなります。エディット・ヴァージョン。


UK Purple Records PUR 134 : [Tucky Buzzard / Gold Medallions]


ジャケット画像

Side A : Gold Medallions
Side B : Superboy Rock’n’Roller ’73

1977年8月にリリースされたシングル。当時は解散していたはずのTucky Buzzardの2枚目のシングルとしてリリースされています。A面は[Allright On The Night]からのカットとして過去にもリリースされています。B面は[Buzzard]に収録されていた曲で、Purple Recordsからリリースされたアルバム2枚から1曲づつカットしてカップリングしたレコードとなっています。何故この時期にこういった形でリリースされたのかは調べていませんが、この頃にリバイバル・ヒット等をしていたのかもしれません。


UK Purple Records PUR 133 : [David Coverdale / Hole In The Sky]


ジャケット画像

Side A : Hole In The Sky
SIde B : Blindman

1977年5月にリリースされたシングル。ほぼ同時期に発売されたデイヴィッドのファースト・ソロ、[Whitesnake]からのシングル・カット。この選曲からは、Deep Purpleのヴォーカリストからのイメージ・チェンジを目論んだリリースであった事が伺えます。


UK Purple Records PUR 130 : [Deep Purple / You Keep On Moving]


ジャケット画像

Side A : You Keep On Moving
Side B : Love Child

1976年3月にリリースされたシングル。当初、PUR129として、Deep Purpleのシングルが企画されたようですが結局ボツとなり(曲タイトルも不明)、改めてPUR130として発売されたのが当シングルとなります。第4期Deep Purpleの唯一のUK盤シングルとなります。レーベルが通常のカンパニー・レーベルではなく、第4期メンバーの顔をデザインしたカスタム・レーベルとなっているのが特徴。かなり大量に印刷したらしく、この後Deep Purpleが解散してしまい第4期のレコードが出なくなったせいか、1977年に[Made In Europe]がリリースされた時、初期プレスの盤に当レーベルが流用されています。


UK Purple Records PUR 128 : [Roger Glover (And Guests) / Little Chalk Blue]


ジャケット画像

Side A : Little Chalk Blue
Side B : Sitting In A Dream

1975年10月、[Love Is All]のリリースから約1年後に発売された、[The Butterfly Ball]からのシングル・カット第2弾。A面はジョン・ロートンが歌うバラード・ナンバー。やっぱ堂々とした歌いっぷりで、ロニー、クラウス・マイネ等と並び、歌い上げる系の御三家と言えるでしょう(・∀・) B面はロニーが歌う、やはりバラード系の曲。Rainbow参加前なので、まだ歌唱スタイルはElfの頃の面影が残っています。