UK Purple Records PUR 128 : [Roger Glover (And Guests) / Little Chalk Blue]


ジャケット画像

Side A : Little Chalk Blue
Side B : Sitting In A Dream

1975年10月、[Love Is All]のリリースから約1年後に発売された、[The Butterfly Ball]からのシングル・カット第2弾。A面はジョン・ロートンが歌うバラード・ナンバー。やっぱ堂々とした歌いっぷりで、ロニー、クラウス・マイネ等と並び、歌い上げる系の御三家と言えるでしょう(・∀・) B面はロニーが歌う、やはりバラード系の曲。Rainbow参加前なので、まだ歌唱スタイルはElfの頃の面影が残っています。


UK Purple Records PUR 125 : [Roger Glover (And Guests) / Love Is All]


ジャケット画像

Side A : Love Is All
SIde B : Old Blind Mole / Magican Moth

1974年11月にリリースされたシングル。ロジャー・グローヴァーが関わったプロジェクト、[The Butterfly Ball]からのシングル・カット。A面はロニーがヴォーカルをとっている、当プロジェクトのテーマと言える"Love Is All"。ジョン・ロートンやグラハム・ボネットもライヴで歌っており、ロニー自身もDeep Purpleとの共演でライヴを残しています。ブルガリアのロック・バンド、FSBもこの曲のカヴァーを収めたシングルを発表していたりします。B面はジョン・ガスタフスンが歌っている"Old Blind Mole"から、ロジャーがシンセを操っている"Magican Moth"のメドレー。


UK Purple Records PUR 120 : [Marlon / Lets Go To The Disco]


ジャケット画像

Side A : Lets Go To The Disco
SIde B : Broken Man

1974年6月にリリースされたシングル。Marlonというのはロジャー・グローヴァーレイ・フェンウィックの二人によるユニットで、実質ロジャーのソロとみなされてます(Wikipedia参照のこと)。

A面の"Lets Go To The Disco"はタイトルどおりのポップ・ソング。ディスコといっても、もう少し後に現れてくるディスコ・ビートとは違います。どこかEpisode Sixを思わせる、1974年時点でのディスコ(なんなんだ)。B面も似たようなポップ・ソングですが、リズムはシャッフルです(だからどーした)。このユニットに関して、レイが語った文章が[Smoke On The Water – The Deep Purple Story]の202ページあたりに出てくるので、興味のある方は一読願います。


USA MCA MCAD2 11542 : [Jesus Christ Superstar / Original UK Cast Recording]


ジャケット画像
MCAD2-1152

Disc 1

  1. Overture
  2. Heaven On Their Minds
  3. What’s The Buzz – Strange Thing
  4. Everything’s Alright
  5. This Jesus Must Die
  6. Hosanna
  7. Simon Zealotes – Poor Jerusalem
  8. Pilate’s Dream
  9. The Temple
  10. Everything’s Alright
  11. I Don’t Know How To Love Him
  12. Damned For All Time – Blood Money

Disc 2

  1. The Last Supper
  2. Gethsemane ( I Only Want To Say )
  3. The Arrest
  4. Peter’s Denial
  5. Pilate And Christ
  6. King Herod’s Song ( Try It And See )
  7. Judas’ Death
  8. Trial Before Pilate ( Including The 39 Lashes )
  9. Superstar
  10. Crucifixion
  11. John Nineteen Forty – One

この曲をこの項で取り上げるかどうか、かなり悩みました。というのも、確かに再結成Deep Purpleにおいて、このメロディは長年にわたってプレイされ続けてはいましたが、ワンコーラスを完全に演奏するとか、そういった形ではなく、"Strange Kind Of Woman"の中で、リッチーとギランのコール&レスポンスでの遊びでプレイされていたからであり、また、メロディはプレイしても、ギランが歌詞が全然原曲と違うということもあり、「カヴァー曲」とすることにかなりためらいを感じてしまっていたからでした。しかし、原曲が収録されているアルバムにはイアン・ギランが参加していたということもあり、Deep Purpleのディスコグラフィにはたいてい登場してくるという事情もありますので、ここに取り上げておくのも悪くないかな、という思いで掲載することにしました。

当時リリースされていたアナログの日本盤ライナーには、このミュージカルが誕生した経緯が詳しく書かれていた記憶があります。現在事情があってすぐに参照出来ないので、うろ覚えの記憶で書くと、もともとはイギリスの司祭が企画して、イエス・キリスト役はジョン・レノンにやってもらう予定だったらしいです。しかし、諸事情で実現が難しくなり、最終的にイアン・ギランがイエス・キリスト役をやる、ということで決定しました。そして、実際の舞台を製作する前にレコーディングされたのが、このオリジナル盤ということになります。ギランはイギリスでの初演やその後製作されることになった映画への出演等のオファーをことごとく断っており、結局ギランのパフォーマンスが聴けるのはオリジナル盤のみということになってしまっています。イアン・ギラン以外にもジョン・ガスタフスンやイヴォンヌ・エリマンなどが参加し、演奏もピーター・ロビンソン(ジョン・ガスタフスンとともにクォーターマスに在籍)やクリス・スペンディングなど、素晴らしいミュージシャンが参加しています。オリジナル盤は1970年11月にアメリカでリリースされた時、全米チャート1位になっています。

Deep Purpleがプレイしていたメロディは"Superstar"の一節ですが、実は、イアン・ギラン自身は、この曲は当時歌っていません。この曲はイエスを裏切った弟子ユダが歌う歌であり、ギラン演じるイエス・キリストに向けた歌なので、とうぜんギランの出番はないわけです。そのせいかどうか、オリジナル盤の歌詞をちゃんと歌っている音源は聴いたことがありません。たいていデタラメなスキャットとか歌詞とかで、"Who Do We Think We Are"などと歌っていたりする事もあるので、これをタイトルにつけたライヴCDなどもあります。オリジナル盤でギランが歌っている曲は"What’s The Buzz – Strange Thing"や"Simon Zealotes – Poor Jerusalem"などですが、なかでも"Gethsemane"での歌唱は聴きものでしょう。