JP Warner Music Japan WPCR 871 : [Power House]


ジャケット画像 ジャケット画像

1996年、ワーナー・パイオニアから社名変更をした、ワーナー・ミュージック・ジャパンからリリースされたリマスター盤になります。当時漏れ聞いた話によれば、日本側はリマスターに積極的だったものの、Warner Brothersは乗り気でなく、結局日本独自でのリマスタリングになったようですが、これもうろ覚えの茶飲み話なので、本気に取られると困るなーと。リマスタリングはLee Herschbergというエンジニアが手掛けたとされていて、このリマスターは日本でのみ流通しているもの……だと、思うんだけどなー(^^;

このリマスター・シリーズ、当初はここに掲載した、通常のCDケースに収められたパッケージでリリースされましたが、1998年に紙ジャケットでリリースされたのを皮切りに、帯を再現したり、UK盤ジャケットを再現したり、SHM-CDにしたり、なんだりかんだり、いーかんげんにしろよと言いたくなるくらい何度も何度もリリースされています。1年に2回くらいづつ再発があるよーな錯覚に陥りますが(ばく)、音源自体は変わらないので、日本独自のリマスターとは言っても、どれか一つ聴いてれば十分かと思います。全部聴きたい、という人を止めるつもりはさらさらありませんが(汗


JP Warner Pioneer WPCP 4019 : [Power House]


ジャケット画像 ジャケット画像

  1. Painted Horse
  2. Hush
  3. Wring That Neck
  4. Child In Time
  5. Black Night
  6. Cry Free

日本ではDeep Purpleのバック・カタログは番号を変えたりなんだりして、繰り返しリリースされ続けています。当初リリースされていた盤(旧規格盤と呼ばれることもあります)でも、何度か番号の変更を伴う再発がされており、これが初CDとなります。当アルバムはアメリカではリリースされなかったため、当然ながらアメリカ盤のCDは存在せず、オリジナル盤となるアナログをリリースしたイギリスでも、このアルバムとしてのCD化はされていないため、日本盤が唯一のCDとなります。

ワーナーでは一部のアルバムを除いて、Forever Youngというシリーズで大半のカタログを初CD化しています。ただ、ワーナー自体が社名変更をしたりしているため、初期プレスにこだわるのならそれらを見分ける必要があります。帯の裏側、CDケースの背表紙、CDの盤面の3ケ所とも"Warner Pioneer Corporation"のクレジットがあるもの。そして、帯は消費税表示のないものが初期となりますが、当アルバムに関しては初リリースが消費税法施行以後の時期ということもあり、全て消費税表示がされています。


JP Warner Pioneer P 10444W : [Power House]


ジャケット画像

1977年末にリリースされた日本盤。ジャケットがイギリス盤と全く異なっています。黒を基調としたデザインには変わりないですが、より各メンバーを強調したもので、バンドとしての面がより感じられるUK盤と比較すると、解散したバンドという意識がより強いジャケットになっているように思います。帯に「リッチー・ブラックモア来日記念盤」とありますが、翌年アタマに行われた二度目のRainbow来日公演のことを指しています。

Side A

  1. Painted Horse
  2. Hush
  3. Wring That Neck

Side B

  1. Child In Time
  2. Black Night
  3. Cry Free

収録曲はイギリス盤と同一です。ライナーノーツは酒井康氏による、年代順に各曲を解説した詳細なもの。第四期Deep Purpleの来日公演を収録したアルバム、"Last Concert In Japan"に封入されていたアンケートを送ったファンの名前をズラっと並べたポスターが封入されています。

ジャケット画像


UK Purple Records TPS 3510 : [Power House]


ジャケット画像

Deep Purple解散から約一年半後、1977年11月にリリースされた、第二期Deep Purpleのコンピレーション。未発表スタジオ録音や未発表ライヴ・テイクを6曲収録しています。

ジャケット画像

Side A

  1. Painted Horse
  2. Hush
  3. Wring That Neck

ジャケット画像

Side B

  1. Child In Time
  2. Black Night
  3. Cry Free
Hush
Wring That Neck
Child In Time
1969年9月24日に行われた[Concerto For Group And Orchestra]の初演コンサートにて、第一部として行われたDeep Purpleのみのステージで演奏されたナンバーです。第一期のナンバーである2曲の第二期メンバーによる演奏も興味深いですが、まだスタジオテイクが発表されていない段階である"Child In Time"も、初演ではありませんが、かなり初期のテイクであり、興味深い演奏です。現在では2枚組のリマスターCDやSACDなどにミックスをやり直したテイクが収録され、3曲通して聴くことが出来ます。
Cry Free
[In Rock]アルバムのレコーディング・セッションでの未発表スタジオ録音。現在ではアニヴァーサリー・エディションなどのCDで聴くことが出来ます。
Black Night
[24 Carat Purple]に収録された、1972年日本公演で演奏されたライヴ・テイク。
Painted Horse
[Who Do We Think We Are!]アルバムのレコーディング・セッションで録音されたものの、リッチー曰く「途中で投げた」ために未発表となっていたナンバー。

ジャケット画像