UK Back On Black RCV 142 LP : [Black Masquarade]


ジャケット画像

2014年4月、レコード・ストア・デイに合わせてリリースされた3枚組アナログ盤。2013年に登場した[Black Masquarade]と同じマスターを使用したアルバムとなります。同じジャケット・デザインですが、LPサイズだとやはり迫力があります。ブック・シェル・タイプのボックス・セットである点も迫力増に一役買っているような。

ジャケット画像

ブック・シェルから引き出すとこのような表紙のハード・カバーで装丁された写真アルバムのような書籍にレコードが収納されています。ビデオ映像から抜き出した各メンバーのフォトがレイアウトされており、キャンディスもしっかり載っています。ただ、当時、彼女が正式にツアーメンバーとして後方その他にクレジットされるようになったのは97年のツアーからだったように記憶しております。

ジャケット画像

アルバムの裏表紙。たしかCDブックレットもこのフォトだったような……違ったかな?片面収録が1曲づつだったSP盤の時代には何枚かの盤が組み合わさった曲集などは、写真アルバム状のこのようなパッケージのアイテムが盛んで、ここから現在でも音盤パッケージを「アルバム」と呼んでいるわけですが、LPになるとアルバム状というより箱に1枚づつのジャケットを収めるのが主流なので、当アルバムのようなスタイルは少数派と言えます。

ジャケット画像

アルバムを開いたところ。こんな感じで一方のページにライナーノーツが記され、もう一方のページにライヴ・フォトが掲載される構成で、フォト・ページの上方にレコードの盤が見えているのがお分かりになると思います。ご覧の通り、レッドのクリア・ヴィニールでプレスされ、片面はピクチャー・ラベル、もう片面は曲目がクレジットされたカスタム・ラベルとなっています。

ジャケット画像

アルバムを開いたところその2。3枚組ということで、面割りは以下の通りとなっています。

Disc 1 Side A

  1. Introduction
  2. Spotlight Kid
  3. Too Late For Tears

Disc 2 Side B

  1. Long Live Rock’n’Roll / Black Night
  2. Hunting Humans

Disc 2 Side A

  1. Wolf To The Moon / Difficult To Cure
  2. Keyboard Solo
  3. Still I’m Sad

Disc 2 Side B

  1. Man On The Silver Mountain
  2. Temple Of The King
  3. Black Masquerade

Disc 3 Side A

  1. Ariel
  2. Since You Been Gone
  3. Perfect Strangers
  4. Greensleeves

Disc 3 Side B

  1. Hall Of The Mountain King
  2. Burn
  3. Smoke On The Water

時間的に決して長いとは言えないコンサートを3枚のLPにカッティングしているので盤の架け替えが非常に忙しいです(笑)一般にLPにおけるステレオでのカッティングの適正時間は十数分となっていますが、単純に短ければ音質が向上するかというとそういうわけでもなく、ここまで分けることもなかったんじゃないかと思いますが、まぁ、レコード・ストア・デイのお祭り商品なので、こんなもんかなと。ビデオ撮影のアーカイヴ音源なので、音質的にこだわるにも限度がありますし、こんなもんかなと。……こんなもんかなと。

ジャケット画像


Germany Eagle EGDCD506 : [Black Masquarade]


ジャケット画像 ジャケット画像

Disc 1

  1. Introduction
  2. Spotlight Kid
  3. Too Late For Tears
  4. Long Live Rock’n’Roll – Black Night
  5. Hunting Humans
  6. Wolf To The Moon – Difficult To Cure
  7. Keyboard Solo
  8. Still I’m Sad
  9. Man On The Silver Mountain

Disc 2

  1. Temple of the King
  2. Black Masquerade
  3. Ariel
  4. Since You Been Gone
  5. Perfect Strangers
  6. Greensleeves
  7. Hall Of The Mountain King
  8. Burn
  9. Smoke On The Water

2013年8月、先行していた日本盤よりやや遅れて登場した海外盤。ドイツ・プレスとなっていますが、おそらくこれがアメリカ等でも流通しているようです。やや遅れて登場したとはいえ、同じ8月ですし、個人的にはこちらをオリジナル盤と決めました(笑)

パッケージ自体は先行した日本盤と同様です。海外ではDVDとCD、それぞれ単体でのリリースにまとめられ、CDとDVDのセットは登場していないようです。


JP Ward Records VQCD 10341/42 : [Black Masquarade]


ジャケット画像 ジャケット画像

Disc 1

  1. Introduction
  2. Spotlight Kid
  3. Too Late For Tears
  4. Long Live Rock’n’Roll – Black Night
  5. Hunting Humans
  6. Wolf To The Moon – Difficult To Cure
  7. Keyboard Solo
  8. Still I’m Sad
  9. Man On The Silver Mountain

Disc 2

  1. Temple of the King
  2. Black Masquerade
  3. Ariel
  4. Since You Been Gone
  5. Perfect Strangers
  6. Greensleeves
  7. Hall Of The Mountain King
  8. Burn
  9. Smoke On The Water

2013年8月にリリースされた日本盤CD。DVDとCDのセットでも登場しましたが、そちらはDVDの項で。当ディスクのソースは[Live In Munich 1977]同様、映像の音声落としと思われます。マルチ・トラックなどで録られたテープ・ソースを聴きたい欲求に駆られますが、やはり存在しないという事でしょう。

[On Stage]関連を除くRainbowの公式ライヴ・アーカイヴ音源としては4作目(異なる音源を使用したものとしては3作目)となるアルバムですが、従来の音源と異なる点として、オープニングである"Over The Rainbow"のSEが流される前の導入SEとなる[威風堂々]から収録されている事が上げられます。多数登場しているアングラ音源ではここを収録しないとリスナーから非難轟々となる部分ですが、ここにきてようやくオフィシャルでも耳に出来るようになりました……機材のノイズ、チェック音が色々な意味でリアルです。

16ページのブックレットには当時の状況や当ライヴの収録曲について書かれた文章が掲載されており、別添となる日本盤ブックレットには原盤ブックレットの全訳と広瀬和生氏によるライナーノーツが掲載されています。