05-06 [Burn In Sheffield]


ジャケット画像

Darker Than Blue [167/68]
Sheffield 6 May 1974

Disc 1

  1. Intro.
  2. Burn
  3. Might Just Take Your Life
  4. Lay Down Stay Down
  5. Mistreated
  6. Smoke On The Water
  7. You Fool No One incl. Drum Solo

Disc 2

  1. MC
  2. Space Truckin’
  3. Wombling Song
  4. Going Down

[Burn]アルバム発表後、1974年春に行われたイギリス・ツアーは結果的に第3期Deep Purpleの唯一のイギリス・ツアーとなりました。当ディスクはそのツアー中盤となる5月6日にシェフィールドで行われたステージを収録したとされるオーディエンス音源をソースとした2枚組プレスCDとなります。当ツアーは4月18日からスタートし、5月29日まで一か月以上に渡ってイギリス国内を回っていますが、意外に発掘されている音源が少ない時期でもあり、開始2日目となるエジンバラとされる音源がCD-Rで出回っていますが、以降、当ディスクで使用されている5月6日まで、広く出回っている音源はありません。当音源は以前、[Made In Sheffield]と題されたプレスCDが登場していますが、その時はダビングをかなり経た、カットの多い不完全なテープが使用されており、アンコールが丸ごと未収録となっていました。今回はアンコールまで収録されています。

[Made In Sheffield]で聴かれた濁りは殆ど解消され、歪みも少ない良質なテープが使用されているため、聴きづらさはありません。音の悪さを音圧でカバーしようとしていた[Made In Sheffield]に較べると音圧は低めですが、一つ一つの音がクリアに聴けるので、モノラルな音場ではありますが、満足出来る音像を得られていると思います。[Made In Sheffield]をお持ちの方はアップグレードを検討されても良いレベル。

アンコール冒頭でジョンがプレイしている"Wombling Song"は、当時イギリスでヒットしていたナンバーで、The Womblesというテレビ番組で活躍していた着ぐるみバンド、The Womblesの名義でリリースされました。ヴォーカルはマイク・バット、ギターはなんとクリス・スペディングというブリティッシュ・ロック・ファンにはお馴染みのメンバー。シングルThe Wombling Songは1973年10月にリリースされています。アルバムWombling Songsは一月遅れの1973年11月に発売、1974年3月にはチャートの19位まで上昇しています。ジョンがこの曲の一部をさらっとプレイした後、"Going Down"がスタートします。一般的に第3期Deep Purpleのアンコール・ナンバーは"Going Down"と"Highway Star"のメドレー演奏と認識されていますが、第3期Deep Purpleのアンコール音源というのは意外に残っておらず、"Highway Star"のメドレーが初登場するのは5月15日のマンチェスター公演で、それ以前のアンコール音源も数種類しか知られていない上、聴けるのは"Going Down"1曲のみ(1973年音源は"What’s Going On Here"をやっていますが1974年以降は演奏例未確認)です。当ディスク収録の"Going Down"のエンディングを聴く限り、ここで演奏が終わっているようには感じますが、実態はまだまだ未解明の部分が多くあります。コンサートをこなした回数の割に出回っている音源が少ない第3期Deep Purpleですが、細切れテープでもボソボソな音でもなんでも良いので新材料が出てくることを願っているところです。


08-28 [Red Sky Kansas]


ジャケット画像
Darker Than Blue [079]
Kansas City 28 August 1974

  1. Intro.
  2. Burn
  3. Might Just Take Your Life
  4. Lay Down, Stay Down
  5. Mistreated
  6. Smoke On The Water
  7. Space Trcukin’
  8. Going Down
  9. Highway Star

5月に行なわれたイギリス・ツアーと、9月に行なわれた本格的なドイツ・ツアーの間に、アメリカでスタジアムを中心に回った小規模のツアー(4ヶ所のみ)が行なわれています。このスタジアム・ツアーの音源は以前は見つかっておらず、"Deep Purple Live Cassette Analysis"にもテープの掲載はありませんでした。当アルバムは、このアメリカ・ツアーから、8月28日にカンザス・シティにて行なわれたコンサートを収録した、プレスCD初登場となるオーディエンス録音を使用したCDになります。同じ音源が、ほぼ同時に別レーベルからCD-Rにてリリースされています。

濁りのない音で、ダビングはそれほど経ていない様子のテープです。バランスはまあまあという感じ。リッチーのギターがよく録れているので、個人的には嬉しいです(笑)。若干、オルガンとドラムが引っ込んだ感じですが、スタジアムの録音にしては、デッドな感じの録音になっているので、それほど聴きづらくはありません。至近距離のオーディエンス・ノイズも少なめなので、状態の良い後半ではライン収録に聴こえなくもない部分もあったりします。もう少し低音の輪郭がはっきりしてくれると、もっと嬉しかったとこですが。この時期のオーディエンス音源としては良い音で聴けるCDになっていると思います。

コンサート冒頭は"Intro"として収録されていますが、"Burn"はイントロから1コーラスあまりがカットになっています。また、"Space Truckin’"は、リッチーのインプロヴィゼーション・パートの後半部、ほとんどエンディングに近い7分間あまりしか収録されていません。おそらく演奏されていたであろう、"You Fool No One"を含めると、30分程度のカットになると思われます。収録部分の音質、演奏は大変興味深いものであるだけに、カットが惜しまれますが、なんにしてもこういう音源が新たに出てくるだけでもありがたいところ。各楽器やヴォーカルにエフェクトがかかっているようなサウンドも興味深い点だと思います。

このコンサートが行なわれたのは、おそらく"Stormbringer"アルバムの製作がミュンヘンで行なわれていたであろう時期であり、メンバーの関係も微妙であったわけですが、そんな雰囲気をわずかながら伺えそうなステージではあります。なんとなーく、ステージ上のコミュニケーションがぎくしゃくしてるような感じ。曲中で、次の構成へと移るのがうまくいかなかったりしてるのを聴き取ることが出来ます。そういった部分を除けば、各人のパフォーマンスはなかなか良い感じだと思います。ジョンが"Lay Down, Stay Down"の導入部で、フォスターの「おおスザンナ」をやっているあたり、カンザスって感じですなー(^^)

個人的にはお気に入りになったCDです。もっと音が良い音源を求める人もいるとは思いますが、第三期の音源で、比較的聴きやすいものが出てきたのは久しぶりで、別レーベルからCD-Rも出ていることでもありますし、興味のある方はトライしてみてもよろしいんじゃないでしょうか。


05-15 [Made In Manchester]


ジャケット画像
Bondage BON 345/46
Manchester 15 May 1974

DIsc 1

  1. Intro.
  2. Burn
  3. Might Just Take Your Life
  4. Lay Down, Stay Down
  5. Mistreated
  6. Lazy
    – Smoke On The Water
  7. You Fool No One
    – Guitar Solo
    – Blues
    – Drums Solo
    – Mule

Disc 2

  1. Space Truckin’
  2. Going Down
  3. Highway Star

"Burn"アルバム発表後のイギリス・ツアーから、BBCで放送された"Live In London"で有名なキルバーンでのステージを一週間後に控えた、1974年5月15日にマンチェスターで行なわれたコンサートをオーディエンス録音で収録したライヴCD。1974年ツアーのテープの中でも長時間の収録で知られていたものです。

音質はかなりムラがあるように思います。始めの方はかなりブリブリしており、割れ気味で、ヴォーカルのバランスもやや奥まった感じ、そして、あまり高音がヌケないので、ちょっと聴いていて辛いですが、"Mistreated"あたりから、多少聴きやすくなってきます。それでも、音質にこだわる人にはかなり辛いかな。1974年のオーディエンス・テープとしては標準的な音だと思いますが、音質がまず最初のハードルになるタイプの人には薦められないっす。ただ、音の濁りはそれほどありませんので、ダビングはそれほど繰り返されていない世代のテープだと思います。

演奏にもかなりムラがあります。どうも、リッチーのギターにトラブルが続いたみたいで、"Burn"や"Smoke On The Water"、そして"You Fool No One"のイントロなど、危うい個所があったりします。しかし、"Mistreated"や"You Fool No One"でのギター・ソロはなかなかの出来。バンドの全体の印象としては"Live In London"と似たようなムードで、あとは細かい違いを楽しむ感じでしょうか。

この音源の一番の特徴はアンコール"Going Down"と"Highway Star"が収録されている事。1974年のテープでアンコールまで聴けるものは少なく、特に第一レグ(カリフォルニア・ジャムを含むアメリカツアーと、5月一杯まで行なわれたイギリスツアー)では、二曲のアンコールが全て聴けるテープは、現在のところ、このマンチェスターしかありません。言い換えると、「第三期の"Highway Star"」が初登場しているのが、このマンチェスター公演のテープです。"Highway Star"自体は三分弱の収録時間しかありませんが、これが当日の完全な姿なのか、一旦演奏が止まった後、再開するまでの間(第三期はそんな展開でやってた)にフェイド・アウトしているのかは、定かではありません。

てことで、音質は良くないですが、内容は濃く、第三期のフリークにはポイントが高いブツではないかと思います。


03-13 [MSG 1974]


ジャケット画像
MH-2,3/4
New York 13. March 1974
Disc 1

  1. Openning – Introduction
  2. Burn
  3. Lay Down, Stay Down
  4. Mistreated
  5. Ritchie’s Solo
  6. Smoke On The Water
  7. Jon’s Solo
  8. You Fool No One
  9. Ritchie’s Solo
  10. Blues
  11. Ian’s Solo

Disc 2

  1. Space Truckin’
  2. Jon’s Solo
  3. Ritchie’s Solo-Space Truckin’

年明けに短いヨーロッパツアーを行った後、3月3日のデトロイト、コボ・ホール ("Kiss Alive ! "が収録された会場)でのコンサートからスタートしたUSツアー。このツアーから、本格的なツアーの日々が始まります。このCDはカリフォルニア・ジャムの1月ほど前、このツアー9回目となるコンサートで、3月13日ニューヨーク、MSGでの演奏です。 Zepの場合、MSGやL.A.フォーラムなどの大会場の音源が多く残されている印象がありますが、 Deep Purpleの場合はまだあまり知られていません。この音源はそこそこ聴きやすい音質のオーディエンス録音で、カリフォルニア・ジャムとはまた違った名演です。"Might Just Take Your Life"が収録されていませんが、ソースとなったテープもこの状態のようです。演奏されなかったのか、テープからカットされているのかは、不明です。2枚目は、Space Truckin’1曲だけの収録で、30分ちょいの収録時間です。願わくば、アンコールまで収録されていて欲しかったな、と。


03-13 [In Flame]


ジャケット画像
ZA53/4
New York 13. March 1974
Disc 2-2 : San Diego 9. April 1974
Disc 1

  1. Burn
  2. Lay Down, Stay Down
  3. Mistreated
  4. Smoke On The Water
  5. You Fool No One – Drum Solo-The Mule

Disc 2

  1. Space Truckin’
  2. Smoke On The Water

年明けに短いヨーロッパツアーを行った後、3月3日のデトロイト、コボ・ホール ("Kiss Alive ! "が収録された会場)でのコンサートからスタートしたUSツアー。このツアーから、本格的なツアーの日々が始まります。このCDはカリフォルニア・ジャムの1月ほど前、このツアー9回目となるコンサートで、3月13日ニューヨーク、MSGでの演奏です。 Zepの場合、MSGやL.A.フォーラムなどの大会場の音源が多く残されている印象がありますが、 Deep Purpleの場合はまだあまり知られていません。この音源はそこそこ聴きやすい音質のオーディエンス録音で、カリフォルニア・ジャムとはまた違った名演です。"Might Just Take Your Life"が収録されていませんが、ソースとなったテープもこの状態のようです。演奏されなかったのか、テープからカットされているのかは、不明です。ボーナスとして、San Diegoでのライヴで"Smoke On The Water"が収録されているのがポイントです。音質も、"MSG 1974"と比較すると、こちらの方が若干ではありますが、聴き易いと思います。


03-17 [Long Island 1974]


ジャケット画像
DE 026-027
Long Island 17 March 1974
Disc 1

  1. Burn
  2. Might Just Take Your Life
  3. Lay Down, Stay Down
  4. Mistreated
  5. Smoke On The Water

Disc 2

  1. Keyboard Solo
  2. Space Truckin’
  3. Going Down

出回っている音源が意外と少ない"Burn"アルバム発表直後のアメリカ・ツアーより、3月17日のロング・アイランドのナッソー・コロシアムで行われた公演を収録したとされる2枚組です。

まあまあのバランスで収録されているオーディエンス録音です。しかし、テープの状態が良くないのか、音ユレが目立ちます。濁りはそれほどありません。3月13日の音源と比べるとかなり苦しい音質です。

演奏は同時期の他の公演と比較しても特に違いはなく、まだまだ新鮮だったこのラインナップの魅力を堪能できる演奏となっています。ジョンのMCで、「次の曲は"Machine Head"からだよ」といった直後の観客の歓声は尋常ではありません。ジョンも収めるのに苦労しているようです。そして始まった"Smoke On The Water"は素晴しい盛り上がりをみせます。この日、デヴィッドは"They All Came…"ではなく、レコード通りに"We All Came…."と歌っています。

Disc 2の"Keyboard Solo"は、ジャケットのクレジットでは"You Fool No One"となっていますが、実際はイントロのジョンのキーボード・ソロのみの収録で、"You Fool No One"自体は収録されていません。ソースとなっていると思われるテープでも、この曲は"Edited"ということで、音とびがあるようなフシがありますが、このCDはいくらなんでも……。ついでにいえば、この Disc 2の収録時間は30分強、 Disc 1は40分程度なので、CD1枚に収まったはずなんですが……何で2枚組なんだ ! テープの収録時間は85分程度だということなので、あきらかに収録漏れでしょう。このアメリカ・ツアーでアンコールが収録されているのは今のところこの音源のみなので、その点は貴重ですが、コンプリートでないのは惜しまれるところです。

ショップの紹介文ではカーマイン・アピスやティム・ボガートがアンコールで参加しているようなことが書かれていましたが、ここで聴ける演奏に、はたして参加しているかどうかは確認することが出来ませんでした。おまけに途中でフェイド・アウトするし (^^;)


04-09 [Burnin’ Passion]


ジャケット画像
CS-002
1-4 : San Diego 9. April 1974
5-10 : London 22. May 1974

  1. Intro – Burn
  2. Might Just Take Your Life
  3. Lay Down, Stay Down
  4. Mistreated
  5. Blues
  6. You Fool No One
  7. Drums Solo
  8. The Mule
  9. Space Truckin’ (1st Half)
  10. Space Truckin’ (2nd Half)

これは、アナログ時代の名盤3枚からの、盤起こしです。"Perks And Tit","California Jam ’74","Live At Kilburn"の、それぞれおいしい所をまとめた便利なアイテムです。盤起こしですので音質はアナログと比べてそんなに良くありませんが、手軽にまとめて聴けるのは大変ありがたい物です。

1曲目から4曲目までは、カリ・ジャムの3日後の4月9日、サンディエゴのスポーツ・アリーナで行われたコンサートをコンサートをライン収録した物です。おそらくPAアウトからのSBだと思われます。放送用音源とも考えられますが、トランスクリプション・ディスクがあるという話は聞いた事がありませんので、もし放送用音源だったとしても、ローカル局で1度放送されたきりとか、そんな感じではないでしょうか。 Burnで、リッチーがめろめろになってしまう箇所もありますが、全体を通してみれば名演の部類にはいる出来だと思います。盤起こしでスクラッチノイズが少しありますが、バランスはまあまあ (オルガンが聴きとりづらいですが)なので、安心して聞けます。この日の音源はこの4曲と、"In Flame"に収録されていた"Smoke On The Water"の全5曲しか出回っておりません。この公演は現在のところUSツアーの最終日ということになっています。

5曲目から10曲目は、5月22日にロンドンのキルバーン・ステート・ゴーモントで行なわれたステージです。音は、4曲目までに比べるとこもり気味ですが、バランスはばっちりです。この日のコンサートはBBCによって放送されていますが、後年オフィシャル・リリースされたこの日のライヴ"Live In London"には、"You Fool No One"までしか収録されていません。2002年に"Space Truckin’"がボックス・セットの一部として単独でオフィシャル・リリースとなりましたが、それでもまだ当時の放送用ディスクでしか聴けない部分が存在します。現在、イギリスでこの日のコンサートの完全盤リリースが計画中ですが、リリースはまだ先になりそうです。