09-11 [Birmingham Rising]


ジャケット画像
Rising Arrow [037]
Birmingham 11 September 1976

Disc 1

  1. Intro.
  2. Over The Rainbow
  3. Kill The King
  4. Mistreated
  5. 16th Century Greensleeves
  6. Catch The Rainbow

Disc 2

  1. MC
  2. Guitar Intro. incl. Lazy
  3. Man On The Silver Mountain
  4. Blues
  5. Vocal Improvisation
  6. Man On The Silver Mountain (Reprise)
  7. Stargazer
  8. Still I’m Sad
  9. Keyboard Solo
  10. Drum Solo incl. 1812 Overture
  11. Still I’m Sad (Reprise)
  12. Do You Close Your Eyes incl. Guitar Crash

1976年のヨーロッパ・ツアーの皮切りとなるイギリス・ツアーの10回目にあたる、バーミンガムでのステージを録音したとされるオーディエンス音源をソースとした2枚組プレスCD。ライヴCD初登場のテープとなります。書籍"Rainbow Rising"によれば、この日はロジャー・グローバーが観に来ていたということです。

濁り、こもりのない、低世代のマスターが使われており、聴きづらさは感じませんが、バランスが大幅に偏っていて、ほとんどリッチーのギターしか聴こえません。自分にとっては申し分のないバランスですが(ホントか(^^;)、コージーのドラムが聴きたい!とか、ロニーのシャウトがもっと来てほしい!とか、そーいった希望はほとんど叶えられないといって良いでしょう(あ、ドラム・ソロはわりと聴けます)。ということで、大変好みの別れる音源だと思います。ライヴでのリッチーのプレイを研究したい人にとっては必聴の音源ですが、普通にRainbowのライヴを聴いてみたい人は、当イギリス・ツアーからは別の日をチョイスするのが賢明かと思います。

演奏自体は申し分のない出来、というか、観客のノリが最高なので、聴いているこっちも盛り上がってくるという、オーディエンス音源を聴く楽しみを十二分に味わえるディスクです。アンコールでのギター・クラッシュ音も凄まじいです。唯一、エンディングでフェイド・アウトするのが惜しい。やっぱり"Over The Rainbow"まで流れてこそ、Rainbowのライヴと言えましょう。


[Rehearsals 1976]


ジャケット画像
Rising Arrow [034]
Studio Rehearsals World Tour 1976

  1. Intro.
  2. Over The Rainbow
  3. Getaway (Kill The King)
  4. Mistreated
  5. 16th Century Greensleeves
  6. Catch The Rainbow

数年前、いわゆる「コージー・テープス」として、Langleyレーベルよりリリースされた[Rehearsals]の再発盤にあたります。前作同様、スタジオでのラン・スルーにおける、コンサート前半部を収録したカセットがソースになっています。今回はテープの余白部分に残っていた曲の一部まで収録されています。誰のなんという曲か、よくわかんないんですが、もし、このテープが本当にコージーのものだったとするなら、コージーが作ってたお好みテープに適当に録音したって感じも伺えます。それか、誰かからもらったお薦めテープのうち、好みじゃなかったやつを使い回したと。後者の方があり得そうですが(^^;。

前作はリマスター・ヴァージョンを含めた2ヴァージョンを収録したアルバムになっていましたが、今回は1ヴァージョンのみの収録。マスタリングをやり直したということで、ややステレオ感が広がり、そういう意味では、臨場感を前作よりも感じる音にはなっています。特に、各曲の演奏が開始される前に聴かれる各楽器の慣らし音を聴くと、ややリアルさを増しているんじゃないかなと思いました。演奏が始まってからは歪みが多くなりますが、もともと過大入力による歪みが激しかった録音なので、これは軽減は難しいと思います。歪みの面からすると、私の環境では、やや音が固まっていた前作の方が耳にやさしい歪みになっていたようには思いますが、各楽器の音を詳細に追うのなら、今回の再発盤がいいかなと。どっちを取るかは迷いますが、両方持ってる必要はないと思います、ハイ(^^;。

セットの基本型を伺うことができるこの音源は、どちらの盤でもかまわないので、チャンスがあれば耳にしておいた方が良いのではないかと思います。


06-22 [Dayton Rising]


ジャケット画像
Rising Arrow [032]
Dayton 22 June 1976

Disc 1

  1. Over The Rainbow
  2. Kill The King
  3. Mistreated
  4. 16th Century Greensleeves
  5. Catch The Rainbow
  6. Man On The Silver Mountain

DIsc 2

  1. Tony Carey Keyboard Solo
  2. Stargazer
  3. A Light In The Black
  4. Still I’m Sad incl.Keyboard Solo
  5. Cozy Powell Drum Solo
  6. Still I’m Sad (Reprise)
  7. Do You Close Your Eyes incl.Guitar Crash

1976年のアメリカ・ツアー序盤、6月22日のステージを収録したとされるCDです。プレスCD初登場のオーディエンス音源。ツアー序盤の日程は不明な点が多いですが、この日付に関しては、クレジットされた場所で、ちゃんと開催されたようです。ただ、このテープそのものがホントに6月22日のものなのかどうかは、よくわかりません。"Kill The King"のエンディングはこのアメリカ・ツアー特有のものが聴けるので、1976年のアメリカには間違いありませんが。

音質は、このツアーのものとしては良い感じで聴けるほうではないかと思います。序盤はテープの状態が不安定ですが、すぐに改善されます。全体を通して固まり気味の音ですが、バランスはまあまあですし、音の濁りは若干あるものの、低域の輪郭も程よくしっかりしているので、聴きづらさはそれほど感じません。音がかすれ気味になる部分や、ピッチが不安定になる部分などもほんの少しありますが、聴いていて苦痛になるほどではありませんです。迫力と勢いで迫る事が多いアメリカでのステージのイメージが伝わってくる、悪くない録音だと思います。ただ、ヘッドホンで聴くと若干辛いかもしれません。

演奏は即興部分等に手探り感があったり、各人が構成を把握し切っていない部分が見えたりと、ツアー序盤ならではの面白さがあります。どの曲も良い感じですが、やはり"Catch The Rainbow"以降のノリが最高。アンコール、エンディングでのフェイド・アウトが惜しいですが、全体を通して聴くとやはり良いライブだと思います。スピーカーで、できるだけたっぷりとした音量で虹の洪水を浴びてみましょー。


09-08 [Rising Power U.K.]


ジャケット画像
Rising Arrow [033]
London 8 June 1976

Disc 1 & 2は省略

Disc 3

  1. Kill The King
  2. Mistreated
  3. 16th Century Greensleeves
  4. Catch The Rainbow

Disc 4

  1. Lazy – Man On The Silver Mountain incl. Blues
  2. Tony Carey Keyboard Solo
  3. Stargazer
  4. Still I’m Sad incl. Keyboard Solo
  5. Cozy Powell Drum Solo
  6. Still I’m Sad (Reprise)
  7. Do You Close Your Eyes

1976年ワールド・ツアー中盤のイギリス、ハイライトとなるロンドン公演2日間の2日目、9月8日のハマースミス・オデオンでのステージをオーディエンス録音で収録した音源を使用したCDとなります。ロンドン公演はCD-Rでのリリースは過去にありましたが、プレスCDでは初登場です。7日の音源とのカップリングでリリースされました。当サイトではそれぞれの日に分けて掲載します。

音質は当時としては良い感じで録られた音に思います。7日と同様のデッドな感じの録音ではありますが、ハマースミスの響きがもともとそうなのかもしれません。それほどオン気味な録音ではありませんが、遠目なりに焦点が合っている録音で、各楽器の輪郭が7日の録音よりもはっきりしているような印象があり、それほど聴きづらくはありません。ショップの告知文では前日の7日の方が良い音とありましたが、個人的には8日の録音の方が、好みの音に感じます。

この日のステージは、書籍"Rainbow Rising"によるとGuitar demolition during encore. Glover,Lord,Paice and Coverdale were in attendanceとあります。誰の招きだったんだろう?リッチーが呼んだとは思えませんが(^^;。"Kill The King"でいきなり2コーラス目から歌い出すロニーは珍しいです。どーしたのだ?ただ、調子そのものはいいです。演奏の組み立ては前日と殆ど変わりませんが、演奏の緊迫感みたいなものの質は、この8日の方が良い感じです。


09-07 [Rising Power U.K.]


ジャケット画像
Rising Arrow [033]
London 7 June 1976

Disc 1

  1. Intro.
  2. Over The Rainbow
  3. Kill The King
  4. Mistreated
  5. 16th Century Greensleeves
  6. Catch The Rainbow

Disc 2

  1. Lazy – Man On The Silver Mountain incl. Blues
  2. Tony Carey Keyboard Intro.
  3. Stargazer
  4. Still I’m Sad incl. Keyboard Solo
  5. Cozy Powell Drum Solo
  6. Still I’m Sad (Reprise)

Disc 3 & 4は省略

1976年ワールド・ツアー中盤のイギリス、ハイライトとなるロンドン公演2日間の初日、9月7日のハマースミス・オデオンでのステージをオーディエンス録音で収録した音源を使用したCDとなります。ロンドン公演はCD-Rでのリリースは過去にありましたが、プレスCDでは初登場です。8日の音源とのカップリングでリリースされました。当サイトではそれぞれの日に分けて掲載します。

音質はそこそこ、という感じ。バランスもそれほど悪くなく、遠い感じの録音でもないので、それなりに聴けるのですが、なにかもの足りないという印象が残る音。響きがデッドなわりに、各楽器の輪郭がはっきりとしていないせいなのかどうなのか。ところどころで「おっ」と思わせる音が録られているのですが、全体的には当時の平均的な隠し録りといっていいでしょう。

この日のステージは、書籍"Rainbow Rising"によるとNo Encore. Niel Murray and Don Airey saw the showとあります。コージーが呼んだのかな?聴きものは"Mistreated"の導入部のトレモロとか、途中のカットは惜しいけど、"Catch The Rainbow"、"Stargazer"あたりでしょうか。"Mistreated"などで、リッチーの気合いが空回りしている部分がみえるのも事実ですし、セットリスト前半での調子がいまひとつに思えるロニーのパフォーマンスも気になりますが、"Stargazer"から、この時期のRainbowらしいパフォーマンスになっていく感じです。が、時すでに遅しで、アンコール無しでステージは終了したようです。


06-17 [Thunder Roar]


ジャケット画像
Rising Arrow [019]
New York 17 June 1976

Disc 1

  1. Over The Rainbow
  2. Kill The King
  3. Mistreated
  4. 16th Century Greensleeves
  5. Catch The Rainbow

Disc 2

  1. Man On The Silver Mountain
  2. Tony Carey Keyboard Solo
  3. Stargazer
  4. A Light In The Black
  5. Still I’m Sad incl. Keyboard Solo
  6. Cozy Powell Drum Solo
  7. Still I’m Sad
  8. Do You Close Your Eyes incl. Guitar Crash
  9. Over The Rainbow

Disc 2 Bonus Track (From 1975 US Tour)

  1. If You Don’t Like Rock’n’Roll

以前"New York In The Black"のタイトルで出回っていた、1976年アメリカ・ツアーの音源です。アメリカ・ツアーが始まってから6回目のステージで、現在出回っている1976年の音源では一番古い日付のライヴにあたります。

演奏に関してはオーディエンスの雰囲気が良いためか、ノッた演奏といえるものを聴く事ができるんじゃないかなー、と。音が固まりになってしまっているので、各パートの細かい部分を味わうには向きませんが、それなりに臨場感もあり、良いライヴだと思います。海外の書籍には「レインボーになってから初めてギターを壊した日」であるとされていたりしますが、他の日のテープを聴いてみない事にはホントかどうかわかりません。音源としてクラッシュが出てくるのはたしかにこのテープが初めてです。

以前出回っていた"New York In The Black"と同じオーディエンス・テープをソースとしているようですが、この"Thunder Roar"の方がよりオリジナルに近い世代のテープを使っており、イコライジングも施されているようで、音圧がやや高めで音の輪郭がハッキリしており、聴きやすさは増しています。劇的な音質の向上はありませんが。リズム隊がやや弱く感じるバランスや、元のテープに起因すると思われる、ピッチの不安定さを多少感じる部分はそのままです。ピッチは全編で不安定なわけではなく、ごく一部なので、それを理由にこの音源を避けるとチトもったいないかも。でも、絶対に聴くべしな感じでもないというか(笑)。音が良くて内容が良い、この年のアメリカ・ツアーの音源は他にもあります。レインボーのライヴを、ツアー丸ごとの変化に注意を払って耳を傾けるような聴き方でない限り、あえて聴くことはないかもしれません。個人的にはツアー初期のかっちりした基本形が、ノッた演奏で聴けるこのテープは欠かせませんが、人に話す時は「うーん、聴きたい人だけ聴けばいいんじゃない?」というとこでしょうか(^^;

ボーナストラックで収録されているのは、1975年に行なわれたアメリカ・ツアーの音源とされる、"If You Don’t Like Rock’n’Roll"です。以前から海外の書籍などでは「1975年ツアーのアンコールでプレイしていた」とされていましたが、それが音で残っているとはびっくり。この音源、どこの会場での収録かはハッキリいってわかりません(笑)。1975年のツアー音源は出回っている数も少なく、それらのテープも日付の特定はしきれないですが、このCDのリリース後に出回った同じ日付のテープとされるものには、より長尺の時間で出回っているものもあるので、それらに収録されているのかもしれません。

音は低音が割れ気味で、ボーカルがメインのバランス、リズム隊は割れた低音に埋もれていて、ギターはオフ気味。Deep Purpleの"Lucille"に似た始まり方でロックンロールしまくります。スタジオ盤ではピアノがメインでしたが、ライヴではオルガンとシンセかな?それすらもわからない素晴しい音質なわけで(^^;。途中でロニーとリッチーのコール&レスポンスがあるのがお約束ながらも新鮮な展開。この曲では、ちょっとギタークラッシュは無理かもですね(^^;


06-25 [Rising Kingdom]


ジャケット画像
Rising Arrow [028]
Chicago 25 June 1976

Disc 1

  1. Intro.
  2. Over The Rainbow
  3. Kill The King
  4. Mistreated
  5. 16th Century Greensleeves
  6. Catch The Rainbow
  7. Man On The Silver Mountain

Disc 2

  1. Tony Carey Keyboard Solo
  2. Stargazer
  3. A Light In The Black
  4. Still I’m Sad incl.Keyboard Solo
  5. Cozy Powell Drum Solo
  6. Still I’m Sad
  7. Do You Close Your Eyes incl. Guitar Crash
  8. Over The Rainbow

"Rising"発表後のアメリカ・ツアー、シカゴでのコンサートを収録したとされるテープを使用したプレスCD。十年以上前、Bondageレーベルからリリースされた"Captured A Legend"というタイトルが、初出となる音源です。

今回のタイトルも、同じテープを使用しておりますが、よりマスターに近い世代のテープを使えたようで、聴きやすさがはっきりと向上しています。以前のタイトルはダビングの繰り返しによる音の濁りが大変目立っていて、音の粒子が粗いというか、輪郭がぼやけるというか、音が粉っぽいというか、とにかく聴く気が失せるものでしたが、今回は音のこもりは気になるものの、聴きづらさはほとんど感じられず、良い感じのテープです。以前のタイトルをお持ちの方は、買い替えを検討しても良いかもしれません。

内容の方は悪いハズがない(^^;。とくに、このアメリカ・ツアーはセットリストがかなり豪華。"Kill The King"と"Stargazer"、"A Light In The Black"がレギュラーで揃って演奏されたのは、この1976年のアメリカ・ツアーのみです。おもにコージーの体力的な問題で、"Stargazer"から"A Light In The Black"のメドレーはこれ以降演奏されなくなっていくので、このツアーはポイント高いのですが、残念ながら良い状態で出回っている音源はかなり少ないのが現状です。ライン収録のテープは皆無に近く、オーディエンス音源も音の良いものは1、2種類くらいでしょうか。このシカゴもその例に漏れず良い音とは言えないものでしたが、今回のリリースでぐっと聴きやすくなったのはありがたいです。"A Light In The Black"が聴きたい、という向きにおすすめ出来るタイトルがまた一つ増えたかなってとこでしょーか(^^)