12-16-E [Definitive On Stage (Remasterd Edition)]


ジャケット画像

Rising Arrow [064]
Tokyo 16 December 1976 (Evening Show)

Disc 1

  1. Over The Rainbow
  2. Kill The King
  3. Mistreated
  4. 16th Century Greensleeves
  5. Catch The Rainbow
  6. Man On The Silver Mountain – Blues – Starstruck – Man On The Silver Mountain

Disc 2

  1. Keyboard Intro.
  2. Stargazer
  3. Still I’m Sad incl. Keyboard Solo
  4. Drum Solo incl. 1812 Overture
  5. Still I’m Sad (reprise)
  6. Do You Close Your Eyes
  7. Over The Rainbow

[Definitive On Stage]をリマスターしての出し直し盤。今回のリリースも大まかに分けて二つのソースを組み合わせたハイブリッド盤である事には変わりありませんが、告知によれば「二つのソースのどちらに近づけた音作りをしているか」という事が眼目のようです。私には違いがよくわからないのですが(汗、どちらかといえば前回のリリースで入手し損なった方向けのリリースという事も謳われていますので、初回盤をお持ちの方は無理に入手される事はなかろうかと思います。


12-16-E [Definitive On Stage]


ジャケット画像

Rising Arrow [063]
Tokyo 16 December 1976 (Evening Show)

Disc 1

  1. Over The Rainbow
  2. Kill The King
  3. Mistreated
  4. 16th Century Greensleeves
  5. Catch The Rainbow
  6. Man On The Silver Mountain – Blues – Starstruck – Man On The Silver Mountain

Disc 2

  1. Keyboard Intro.
  2. Stargazer
  3. Still I’m Sad incl. Keyboard Solo
  4. Drum Solo incl. 1812 Overture
  5. Still I’m Sad (reprise)
  6. Do You Close Your Eyes
  7. Over The Rainbow

1976年初来日公演の最終日、武道館での夜の部を収録したサウンド・ボード音源。基本的には[When Evening Falls]で初登場したソースと、ユニバーサルのオフィシャル[On Stage Deluxe Edition]で公開されたソースを組み合わせ、欠落部分をオーディエンス音源で補完したものとなっています。[On Stage Deluxe Edition]がリリースされた時から誰もが考えていたであろうハイブリッドを実現したアルバムとなりました。[When Evening Falls]と[On Stage Deluxe Edition]ではミックスの傾向が異なっており、そこは違和感が少ないように工夫されているようですが、ヒスノイズの有無で区別はつくかもしれません。


12-00 [Catch The Rainbow (Re Issue)]


ジャケット画像

Rising Arrow [058]
Osaka 5 & 9 December 1976

Disc 1

  1. Over The Rainbow
  2. Kill The King
  3. Mistreated
  4. 16th Century Greensleeves
  5. Catch The Rainbow
  6. Lazy
  7. Man On The Silver Mountain
  8. Blues
  9. Man On The Silver Mountain (reprise)

Disc 2

  1. Keyboard Intro.
  2. Stargazer
  3. Still I’m Sad incl. Keyboard Solo
  4. Drum Solo
  5. Still I’m Sad (reprise)
  6. Do You Close Your Eyes
  7. Over The Rainbow

アナログ盤[Catch The Rainbow]の盤起こし。以前登場した[Catch The Rainbow]の再発となります。内容についてはリンク先の記事をご覧ください。ジャケットが変わったのは残念ですが、この音源が入手しやすい状況にあることが大事と考えますので、未聴の方は機会があれば聴いてみてください。


12-16-E [Budokan 1976 Final Night]


ジャケット画像

Rising Arrow [055]
Tokyo 16 December 1976 (Evening Show)

Disc 1

  1. Intro.
  2. Over The Rainbow
  3. Kill The King
  4. Mistreated
  5. 16th Century Greensleeves
  6. Catch The Rainbow
  7. Lazy Intro.
  8. Man On The Silver Mountain
  9. Blues – Vocal Improvisation
  10. Starstruck
  11. Man On The Silver Mountain (reprise)

Disc 2

  1. MC
  2. Keyboard Intro.
  3. Stargazer
  4. Still I’m Sad
  5. Keyboard Solo
  6. Drum Solo feat. 1812 Overture
  7. Still I’m Sad (reprise)
  8. Guitar Intro.
  9. Do You Close Your Eyes incl. Guitar Crash
  10. Over The Rainbow

1976年の初来日公演最終日、武道館夜の部を収録したとされるオーディエンス音源をソースとしたプレスCD。またしても登場した新発掘の音源を使用してのリリース。これだけの種類のオーディエンス音源が出てくると、サウンド・ボード音源を含めて、マルチ・チャンネルでそれぞれの音場を統合したヴァーチャル・武道館が作れるんじゃないかという気になってきます(笑)

冒頭、SEが入る前のサウンド・チェック部分などで既発である[An Evening In December]の音源を使用しての補填は見られるものの、コンサート本編は120分カセットを録音に使用したということで音楽のカットは最小限に抑えられたマスターとなっています。録音位置はよくわからないものの、ステージから適度な距離を保った音場は音が固まりすぎることもなく、良好なバランスでストレスなく聴けると思います。高域に少々ゆがみがあり、満点というわけにはいきませんが、ホールトーンと音楽のバランスが良く、とっつきやすい音像だと思います。


12-05 [Osaka 1976 1st Night]


ジャケット画像

Rising Arrow [052]
Osaka 5 December 1976

Disc 1

  1. Over The Rainbow
  2. Kill The King
  3. Mistreated
  4. 16th Century Greensleeves
  5. Catch The Rainbow

Disc 2

  1. Lazy
  2. Man On The Silver Mountain
  3. Blues
  4. Starstruck – Man On The Silver Mountain
  5. Keyboard Intro.
  6. Stargazer
  7. Still I’m Sad incl. Keyboard Solo
  8. Drum Solo feat. 1812 Overture
  9. Still I’m Sad (Reprise)
  10. Do You Close Your Eyes
  11. Over The Rainbow

Rainbowの初来日となった1976年の日本公演から、大阪公演の初日となる12月5日の厚生年金会館でのステージを収録したとされるオーディエンス音源をソースとした2枚組プレスCD。この日は追加で組まれたスケジュールとなっており、Todd Rundgren’s UtopiaとRainbowが、同じ厚生年金会館で、昼夜それぞれの公演としてブッキングされたようです(どちらが昼間だったかは未確認、というか、お聞きしたのですが忘れてしまったのです)。そんな事情からか、開場時から観客のテンションは最高潮で、観客が一斉になだれ込んで座席指定も有名無実となり、結局早い者勝ちで満席状態だったとか。この公演をご覧になった方は「あの日以上にエキサイトした公演はなかった」とおっしゃっていました。そんなお話を裏付けるように、この日の公演はどの録音のどのディスクを聴いても観客のテンションの高さをひしひしと感じます。全長版として最初に世に出たディスクは[On Tour 1976 – Stargazer](おっと、レビューをさぼっているではないか。後でこっそり書いておこう(^^;)で、アナログ盤で気を吐いていた某ショップがCDでリリースし始めた頃の一連の"On Tour"シリーズの一枚でした。その後、様々な録音が発掘されるようになりましたが、当日の観客の熱狂に音楽が負けないような収録状態のものはさほど多くありません。今回は、最初にリリースされた[On Tour 1976 – Stargazer]のオリジナル・マスター・カセットをソースとして制作された、ということになっています。

初出盤[On Tour 1976 – Stargazer]は左右の定位が逆だったようで、その影響もあったか、少々欠けていたサウンドの安定感がしっかりして、各楽器の響きがリアルになっているように思います。トーン・カーブもヌケのよい方向へ振られており、よく使われる表現ですが、「ベールが一枚取れた感じ」で聴けるようになりました。"Mistreated"の中間部などの音のリアルさは買い替えを検討させるには十分です。


12-16-E [魔王降臨 – Return Of Satan]


ジャケット画像

Empress Valley EVSD 793/98

Disc 4以前は省略
Disc 5&6 : Tokyo 16 December 1976 (Evening)

Disc 5

  1. Opening – Jingle Bell
  2. Over The Rainbow
  3. Kill The King
  4. Mistreated
  5. Greensleeves
  6. 16th Century Greensleeves
  7. BWV147
  8. Catch The Rainbow
  9. Lazy – White Christmas
  10. Man On The Silver Mountaion
  11. Starstruck
  12. Man On The Silver Mountaion

Disc 6

  1. Tony Carey Keyboard Solo
  2. Stargazer
  3. Still I’m Sad
  4. Cozy Powell Drum Solo
  5. 1812 Overtune
  6. Still I’m Sad
  7. Do You Close Your Eyes
  8. Over The Rainbow – Promoter’s Announcement

当日のチケット半券だか何だかやらなんやらのおまけつき予約限定10個だか12個だかの限定ボックス、同時リリースだった予約のみで消えた初回100セット限定ボックス、その後デザインを変えて200セット限定でリリースされ1年近く経った現在でも未だに売れ残っている(笑)こちらの再発ボックス、とゆーマコトに腹の立つリリースをしてくれやがったタイトル。このレーベルの商売の作法には腹も立つけれど中身は中身、話は別ということで、当サイトでは日付ごとに取り上げます。が、少々辛口になるのはお目こぼし願います(汗

1976年の初来日最終日、日本武道館昼夜2公演より、12月16日の夜の部となるステージを収録したとされる2枚組プレスCD。昼の部と合わせ、「覇者の王冠」なるタイトルが付けられていますが、「虹色の騎士」ともどもバラでリリースされる気配はありませんねぇ。というかたとえリリースされててもオラ知らねぇという感じですが、煽りまくって高額で売りつけてその後が続かないという自爆リリースは聴きたい方も嬉しくないのでやめたほうがいいと思います、と愚痴ばかり言ってますがまぁお目こぼしを(汗

当ボックスの予告編的意味合いでリリースされた[Chase The Rainbow]と同じ音源を使用しています。んが、マスタリングは異なっていて、両者でトーンカーブが若干異なる傾向を示しています。[Chase The Rainbow]の方はこちらより多少高域が持ち上がっている印象を受ける「気が」します。もしかしたら、より長時間聴かせることになるこちらのCDの方では多少耳に優しいマスタリングをして……んなわけはないか(笑)内容はあの最終日夜の部ですから今更ここに書かなくてもということで省略。音質も、[Chase The Rainbow]で記したので(微妙に違いますが気にしない人は気にしないレベル)省略。てことで、聴いとけ(・∀・)

どちらにしても、ボックスでまとめて売りつけられたおかげでせっかくの良質な音源が三種類もファンの耳には十分に届いていないと思われるのが残念な感じではあるます。


12-16-A [魔王降臨 – Return Of Satan]


ジャケット画像
Empress Valley EVSD 793/98

Disc 1&2は省略
Disc 3&4 : Tokyo 16 December 1976 (Afternoon)
Disc 5&6は省略

Disc 3

  1. Opening
  2. Over The Rainbow
  3. Kill The King
  4. Mistreated
  5. Greensleeves
  6. 16th Century Greensleeves
  7. BWV147
  8. Catch The Rainbow
  9. Band Introduction
  10. Man On The Silver Mountaion
  11. Starstruck – Man On The Silver Mountain

Disc 4

  1. Tony Carey Keyboard Solo
  2. A Light In The Black
  3. White Christmas
  4. Still I’m Sad
  5. Cozy Powell Drum Solo
  6. 1812 Overtune
  7. Still I’m Sad
  8. Over The Rainbow – Promoter’s Announcement

当日のチケット半券だか何だかやらなんやらのおまけつき予約限定10個だか12個だかの限定ボックス、同時リリースだった予約のみで消えた初回100セット限定ボックス、その後デザインを変えて200セット限定でリリースされ1年近く経った現在でも未だに売れ残っている(笑)こちらの再発ボックス、とゆーマコトに腹の立つリリースをしてくれやがったタイトル。このレーベルの商売の作法には腹も立つけれど中身は中身、話は別ということで、当サイトでは日付ごとに取り上げます。が、少々辛口になるのはお目こぼし願います(汗

1976年の初来日最終日、日本武道館昼夜2公演より、12月16日の昼の部となるステージを収録したとされる2枚組プレスCD。夜の部と合わせ、「覇者の王冠」なるタイトルが付けられていますが、「虹色の騎士」ともどもバラでリリースされる気配はありませんねぇ。というかたとえリリースされててもオラ知らねぇという感じですが、煽りまくって高額で売りつけてその後が続かないという自爆リリースは聴きたい方も嬉しくないのでやめたほうがいいと思います、と愚痴ばかり言ってますがまぁお目こぼしを(汗

その昔、[Aurora]での初登場(ん?このボックス出したレーベルと同じ系列だっけか?)以来、昼の部は夜の部に比べると音質的にキビしい条件のアイテムが多かったように思いますが、[Foojin’ – 風神 -]あたりからかなり聴ける音源が出てくるようになりました。当音源もかなり聴きやすい仕上がりになっているとは思いますが、音場、音像に統一感があまりなく、ハイブリッドくさい部分が散見されます。それさえ気にならなければ楽しめるCD。ただ、これを聴きたいがためにあえてこのボックスを買う、という感じではありません。そこまで無理するこたぁないわな。