12-01 [All My Love]


ジャケット画像

Rainbow Records RR 002
Passaic 1 December 1979

  1. Eyes Of The World
  2. Guitar Solo
  3. Love’s No Friend
  4. Guitar Solo
  5. Over The Rainbow
  6. All Night Long
  7. Keyboard Solo
  8. Lost In Hollywood
  9. Guitar Solo
  10. Lost In Hollywood (Reprise 1)
  11. A Light In The Black
  12. Guitar Solo
  13. Beethoven’s 9th
  14. Keyboard Solo
  15. Drum Solo
  16. 1812 Overture
  17. Lost In Hollywood (Reprise 2)
  18. Guitar Solo
  19. Lazy
  20. Man On The Silver Mountain
  21. Ritchie’s Blues
  22. Long Live Rock’n’Roll
  23. Kill The King
  24. Long Live Rock’n’Roll
  25. Over The Rainbow

[Down To Earth]発表直後にスタートした1979年のアメリカ・ツアーより、終盤にあたる12月1日に行われたニュージャージー州パセーイクでのコンサートを収録したとされる、マルチ・カメラによる白黒のビデオ映像をソースとした、CDとDVDのセット。この映像の詳細はこちらの記事を参照してください。音声がプレスCDとして登場するのはこのアイテムが初めてとなります。ビデオの音声そのままで、新登場となる部分はない……はず、です、うん(汗


10-12 [Always Catch A Cold]


ジャケット画像
(TCDRAINBOW 26R)

Tarantura TCDRAINBOW 26
Chicago 12 October 1979

  1. Introduction
  2. Count Down
  3. Over The Rainbow
  4. Eyes Of The World
  5. Love’s No Friend
  6. Bach Brandenburg Concerto
  7. Over The Rainbow
  8. All Night Long
  9. Keyboards Intro
  10. Lost In Hollywood
  11. Guitar Solo
  12. Lost In Hollywood
  13. Beethoven 9th
  14. Keyboards Solo
  15. Drums Solo
  16. 1812 Overture
  17. Long Live Rock ‘n’ Roll
  18. Kill The King
  19. Long Live Rock ‘n’ Roll
  20. MC
  21. DJ Outro.

1979年のアメリカ・ツアー前半の第1レグから、10月12日にシカゴで行われたステージを収録したとされる放送用音源をソースとしたプレスCD。これまで何度か登場してきた音源で、[Rise Over Chicago][Down To Frontier]として知られています。

ステレオ感はあったものの痩せ気味の音、コロコロ変わるトーン・ニュアンスで聴きづらい部分が目立った[Rise Over Chicago]、聴きやすいマスタリングでより一般的になったもののステレオ感が狭まっていた[Down To Frontier]と比較すると、ステレオ感が充分表現され、痩せ気味で聴きづらかったトーン・カーヴを修正した高い音圧の音場、音圧で再生される当タイトルは[Rise Over Chicago]のリマスター盤と捉えていいかと思われます。今までこの録音を聴いてピンとこなかった方々はこのディスクでリトライしてみる価値はあるのではなかろうかと。ただ、トーン・ニュアンスの変化の傾向はそのままなので、そのあたりで好みは分かれるでしょう。

リッチーとコージー、それぞれの顔のアップでデザインされた2種類のパッケージでリリースされたのもマニアックなポイント。両者で音が違うことは……ないはずですがねぇ(笑)

ジャケット画像
(TCDRAINBOW 26C)


11-30 [Roger’s Birthday Party (Tarantura)]


ジャケット画像

Tarantura TCDRAINBOW 13
New York 30 November 1979

  1. SE
  2. Monitor Check
  3. Count Down
  4. Over The Rainbow
  5. Eyes Of The World
  6. Love’s No Friend
  7. Since You Been Gone
  8. Over The Rainbow
  9. All Night Long
  10. Roger’s Birthday Party
  11. All Night Long
  12. Keyboard Solo
  13. Lost In Hollywood
  14. Guitar Solo
  15. Lost In Hollywood
  16. Guitar Solo
  17. Beethoven Sinfonie Nr. 9 d-moll op. 125
  18. Keyboard Solo
  19. Drum Solo
  20. 1812 Overture
  21. Lost In Hollywood
  22. Guitar Solo
  23. Lazy includes White Christmas
  24. Man On The Silver Mountain
  25. Blues
  26. Long Live Rock’n’Roll
  27. Over The Rainbow

1979年に行われた、[Down To Earth]アルバムのプロモーションを目的としたアメリカ・ツアーで定番の音源と言っても良い、11月30日にニューヨークはロング・アイランドにて行われたステージを収録したとされる放送用録音のエア・チェックをソースとしたプレスCD。この日はロジャー・グローヴァーの誕生日で、コンサートの中でもバースデイ・ソングが披露される事から、アナログ盤で登場した時から"Roger’s Birthday Party"のタイトルでリリースされ続けてきています。今回、Taranturaからリリースされるにあたっても、この定番タイトルは保持されました。見開きペーパー・スリーヴによるリリースで、ジャケットもかなり気合いが……ははは(^^;……

この音源がディスク化される際、導入部の処理によって大雑把に三系統のテープに分けられます。導入部が短い順に並べてみると、次のとおりとなります。

タイプA
コンサートのオープニングS.E.である、カウント・ダウンとロケットの発射音から始まる音源。[Roger’s Birthday Party Final Cut][Down To Frontier]など
タイプB
オープニングS.E.の始まる前、メンバーの手慣らしフレーズから始まる音源。[Roger’s Birthday Party]など
タイプC
開演直前のBGMとして流れていた「威風堂々」のエンディングから始まる音源。プレスCDは未確認。[Roger’s Birthday Party Definitive Edition]等として出回ったCD-R盤

これら三種類がそれぞれ別のエア・チェック音源なのか、同一の音源の世代や編集が異なるものなのかは、まだ十分に確認していません。若い方、誰かやってちょーだい(笑)。んで、今回リリースされたTarantura盤は、最後の「威風堂々」のエンディングから収録されているタイプの音源となっています。これがプレスCDとしてリリースされたのはありがたいところ。リマスタリングも迫力を出す方向でまとめられており、アグレッシヴな展開が多かったアメリカ・ツアーの音源に相応しいサウンドで聴くことが出来ると思います。個人的にはグラハムのパフォーマンスに少々不満を覚えるステージではありますが、この音源を聴いた事がない方はどのディスクでも良いので、見つけてとっとと聴くこと(笑)


11-13 [Difficult To Cure – Fresno Rock’n’Roll Archies Vol.1]


ジャケット画像

Tarantura Rainbow 11
Fresno 13 November 1979

  1. Count Down
  2. Over The Rainbow
  3. Eyes Of The World
  4. Love’s No Friend
  5. Ritchie Solo
  6. Over The Rainbow
  7. Since You’ve Been Gone
  8. All Night Long
  9. Don Airy keyboard solo
  10. Lost In Hollywood
  11. Ritchie guitar solo
  12. Lost In Hollywood
  13. A Light In The Black
  14. Ritchie guitar solo
  15. Difficult To Cure
  16. Don Airy keyboard solo
  17. Cozy Powell drum solo
  18. 1812 Overture
  19. Lost In Hollywood
  20. Ritchie guitar solo
  21. Lazy tease
  22. Man On The Silver Mountain
  23. Blues
  24. Long Live Rock’n’Roll
  25. Kill The King The Guitar Clashing
  26. Long Live Rock’n’Roll reprise
  27. Over The Rainbow

[Down To Earth]発表直後に開始されたアメリカ・ツアー、後半に組まれた11月から12月にわたる第2レグ、序盤の11月13日にカリフォルニア州フレスノで行われたステージを収録したとされるオーディエンス音源をソースとしたプレスCD。[Fresno ’79]以来、久しぶりの登場となるディスクです。Taranturaより、見開きペーパースリーヴでの登場。ここでは掲載していませんが、裏ジャケットのコージー、グラハム、ドンの3人が談笑しているオフ・ショットは、今見ると、感慨深いものがあります。

基本的には[Fresno ’79]で使用されていたものと同じ録音ですが、当ディスクの方がマスターに近い世代のようで、音の輪郭は[Fresno ’79]よりも若干はっきりしているように思います。一方、[Fresno ’79]ではオープニング前にリッチーの手慣らしフレーズが数十秒収録されていましたが、当ディスクでは収録されていません。

イコライジングはややクセがありますが、低域はしっかり出ていますし、スピーカーである程度の音量で再生していればほぼ問題ないのではないでしょうか。テープの劣化か、高域が若干ふらつく箇所は少々気になりますが、30年以上前の録音になるので贅沢は言えません。バランスは良好で、録音レベルによる若干の歪みはあるものの、ダビング等による音の濁りはほとんどないので、聴きづらくはないと思います。

当初、アメリカ・ツアーは10月で終了し、その後は11月からヨーロッパ・ツアーが予定されていたようですが、スケジュールの変更でアメリカ・ツアーを12月まで続けることになったため、当公演を含む11月から12月のスケジュールが改めてブッキングされています。それだけアメリカ・ツアーでのバンドの勢いが素晴らしかったということでしょうか、当音源で聴ける演奏もアメリカでのリッチーらしいものなので、機会があれば体験してみてほしい録音です。


11-30 [Down To Frontier]


ジャケット画像

Darker Than Blue [110/12]
New York 30 November 1979

Disc 1,2は省略

Disc 3

  1. Introduction
  2. Eyes Of The World
  3. Love’s No Friend
  4. Since You Been Gone
  5. Guitar Solo – Brandenburg Concerto – Over The Rainbow
  6. All Night Long incl. Happy Birthday Roger
  7. Keyboards Intro.
  8. Lost In Hollywood
  9. Guitar Solo – Beethoven 9th
  10. Keyboards Solo
  11. Drums Solo incl. 1812 Overture
  12. Lost In Hollywood (reprise)
  13. Guitar Solo
  14. Lazy
  15. Man On The Silver Mountain
  16. Blues
  17. Long Live Rock’n’Roll
  18. Over The Rainbow

1979年、新作[Down To Earth]のプロモーションとして、前年に続いてサーキットしたアメリカ・ツアーから、従来から出回っていた三種類の放送用音源を一つのパッケージとしてまとめた3枚組プレスCD。当サイトでは日付ごとに掲載します。

Disc 3はアメリカ・ツアー終盤にあたる11月30日、ニューヨークはロング・アイランドでのステージを収録したとされる放送用音源をソースにしています。アナログ盤[Roger’s Birthday Party]で初登場して以来、グラハムを擁したラインナップの音源では定番となっているもので、CDでも[Roger’s Birthday Party]をはじめとして数えきれないくらいのディスクが出ています。たぶん初CD化となるディスクは"All Night Long ’79"とかっていうタイトルじゃなかったかと。

アナログ時代から歪み気味の迫力のある音像で知られていますが、当ディスクでもその印象は変わりません。バランスは問題ないので、聴きやすいとは思いますが、やや低域に偏った歪みが苦手な方は敬遠するかもしれません。放送時にこのような状態だったのか、ソースとなったエア・チェックがこのような環境だったのかは、知るすべはありません。

グラハムの調子はあまりよろしくないとはいえ、ツアー終盤のこなれて来たバンドの様子が聴きやすい状態で窺える当音源は、聴いて損無しだと思うので、未聴の方はどのディスクでもかまわないのでとっとと聴くべし(笑)


11-16 [Down To Frontier]


ジャケット画像

Darker Than Blue [110/12]
Denver 16 November 1979

Disc 1は省略

Disc 2

  1. Introduction
  2. Eyes Of The World
  3. Love’s No Friend
  4. Since You Been Gone
  5. Guitar Solo – Brandenburg Concerto – Over The Rainbow
  6. All Night Long
  7. Keyboards Intro.
  8. Lost In Hollywood
  9. Beethoven 9th
  10. Keyboards Solo
  11. Drums Solo incl. 1812 Overture
  12. Lost In Hollywood (reprise)
  13. Guitar Solo
  14. Man On The Silver Mountain
  15. Blues
  16. Long Live Rock’n’Roll
  17. Over The Rainbow

Disc 3は省略

1979年、新作[Down To Earth]のプロモーションとして、前年に続いてサーキットしたアメリカ・ツアーから、従来から出回っていた三種類の放送用音源を一つのパッケージとしてまとめた3枚組プレスCD。当サイトでは日付ごとに掲載します。

Disc 2はBlue Oyster Cultのサポートとしてのツアーに区切りをつけ、その後にブッキングされていたヨーロッパ・ツアーをキャンセルし、ヘッドライナーとして続けることになったアメリカ・ツアー第2レグ(Blue Oyster Cultとのツアーの前から回っていたと仮定すれば、この日程は第3レグと言っても良いかもしれません)から、11月16日にデンバーで行われたステージを収録したとされる放送用音源をソースとしています。[Plugged Into Denver 1979]が初出となる音源で、当時からその音質の良さは際立っていました。当ディスクではより歪みが軽減され、音の輪郭がいくぶんはっきりとしているように思います。聴きやすくなっているのは確かで、特に音の歪みが気になっていた方はアップグレードしてもいいかもしれません。


10-12 [Down To Frontier]


ジャケット画像

Darker Than Blue [110/12]
Chicago 12 October 1979

Disc 1

  1. Introduction
  2. Eyes Of The World
  3. Love’s No Friend
  4. Bach Brandenburg Concerto – Over The Rainbow
  5. All Night Long
  6. Keyboards Intro.
  7. Lost In Hollywood
  8. Guitar Solo
  9. Beethoven 9th
  10. Keyboards Solo
  11. Drums Solo incl. 1812 Overture
  12. Long Live Rock’n’Roll
  13. Kill The King incl. Guitar Crash
  14. Long Live Rock’n’Roll (reprise)

Disc 2,3は省略

1979年、新作[Down To Earth]のプロモーションとして、前年に続いてサーキットしたアメリカ・ツアーから、従来から出回っていた三種類の放送用音源を一つのパッケージとしてまとめた3枚組プレスCD。当サイトでは日付ごとに掲載します。

1枚目のディスクはBlue Oyster Cultのサポートとして行われたツアー前半の第1レグから、10月12日にシカゴで行われたステージを収録したとされる放送用音源をソースとしています。十数年前に[Rise Over Chicago]としてリリースされた音源ですが、バランス、エア・チェックそのもののクリアさ等の印象はそれほど変わらないとは思うものの、音の輪郭が整えられたような音像で、聴きやすさは増していると感じます。別ソースかどうかは不明ですが、同一ソースだとしても少なくとも[Rise Over Chicago]よりは低世代の良質なテープを素材としていると思います。

このアメリカ・ツアーのスタートが何時だったのか、正確なところはまだ未検証です。[Rainbow Rising]掲載のツアー・デイトではサポート等の詳細不明の日程が9月2日のフロリダから約2週間分にわたって並んでいます。その後にBlue Oyster Cultのサポートとしての日程が並んでいますが、9月前半にサーキットした会場とは州からして全く異なるので、リスケジュールされたものとは思えません。しかし、この9月前半に行われたとされるツアーの音源は現時点でまったく出て来ていないようなので、実際にあったかどうかは不明です。

音源が残されているのは、Blue Oyste Cultのサポートとしてサーキットしたとされる、9月20日以降にスケジュールされている日程からとなります。現時点でツアー初日とも言われている9月18日のコネチカットについては、おそらく詳細不明の9月前半のスケジュールの最終日である可能性が高いのではないかと思われ、もし音源が存在するならば、9月2日からスタートしたとされる詳細不明の日程にもある程度の信憑性が出てくるのではないかと、個人的には考えています。ただ、[Rainbow Rising]も10年前の資料であり、その後の新たな検証については不勉強なので、熱心なファンの間では9月18日が初日ということで確定しているのかもしれません。そのあたりをフォローする気力はもうないので、真実を知りたい方は、ご自身でなんとかしていただくとゆーことで(ばきっ☆)