02-28 [Perfect Blue]


ジャケット画像

Darker Than Blue [163/64]
Gothenburg 28 February 1987

Disc 1

  1. Intro.
  2. Highway Star
  3. Strange Kind Of Woman
  4. The Unwritten Law
  5. Drum Solo – The Unwritten Law(reprise)
  6. Blues
  7. Dead Or Alive
  8. Perfect Strangers
  9. Hard Lovin’ Woman
  10. Child In Time

Disc 2

  1. Guitar Intro.
  2. Difficult To Cure
  3. Keyboard Solo
  4. Knocking At Your Back Door
  5. Lazy
  6. Black Night (incl. Running Bear)
  7. Speed King
  8. Smoke On The Water

[The House Of Blue Light]リリース後に行われた1987年初頭のヨーロッパ・ツアーから、2月28日のイエテボリ公演とされるオーディエンス音源をソースとした2枚組プレスCD。トレーダー間では以前からテープがやり取りされていた日付で、そのテープを使用したと思われるディスクが近年[Swedish Lights]というタイトルで同レーベルからリリースされていました。今回は別ソースを使用しての登場。

[Swedish Lights]と比較すると会場のリヴァーヴが程よく捉えられた、ステージが近い録音で、太い音でバランスも良く、やや音がヤセ気味だった[Swedish Lights]よりも聴きやすい音源となっています。前日同様"Space Truckin’"を欠いたセットとなっていますが、[Swedish Lights]でも未収録だったため、やはりこの日と前日は"Space Truckin’"をやらなかったと考えた方が良さそうです。メンバーの体調の関係か、機材の問題(この曲でのレーザー演出が出来なかった、PAでギター・ノイズをパンする演出が出来なかった、等々)だったのか、正確なところは不明ですが……

リリース当時に放送されていた某テレビドラマの題名からとったとおぼしきタイトルですが、[Swedish Lights]の音に不満をおぼえる向きはこちらを探してみると良いと思います。


02-27 [Black Light]


ジャケット画像

Darker Than Blue [161/62]
Stockholm 27 February 1987

Disc 1

  1. Intro.
  2. Highway Star
  3. Strange Kind Of Woman
  4. The Unwritten Law
  5. Drums Solo – The Unwritten Law (reprise)
  6. Blues
  7. Dead Or Alive
  8. Perfect Strangers
  9. Hard Lovin’ Woman
  10. Child In Time

Disc 2

  1. Guitar Intro.
  2. Difficult To Cure
  3. Keyboard Solo
  4. Knocking At Your Back Door
  5. Lazy
  6. Black Night (incl. Knees Up Mother Brown & Running Bear)
  7. She’s All Right
  8. Call Of The Wild
  9. Smoke On The Water

[The House Of Blue Light]リリース後に行われた1987年初頭のヨーロッパ・ツアーから、2月27日のストックホルム公演とされるオーディエンス音源をソースとした2枚組プレスCD。アナログ盤[Call Of The Wild]の頃から知られた演奏で、アンコールでリッチーが退場してしまった事で有名になっています。かつて[The Wild Without Ritchie]というタイトルを始め、いくつかのCD-Rで出ていましたが、プレスCDでの登場は初。従来とは異なる音源を使用しているという事です。

音の分離具合、ヌケの良さなどは[The Wild Without Ritchie]をしのぐものがあり、バランスも良く、耳障りなオーディエンス・ノイズも目立たないので、聴きやすい音源だと思います。もちろん、音の濁りや歪みもほとんどありません。演奏も序盤は良い感じのペースで進んでおり、ギランのパフォーマンスも安定感がありますが、若干声質が荒れ気味な箇所も散見されます。

このツアーでの基本的なクロージング・ナンバーは"Space Truckin’"なのですが、この日と翌日は何故かプレイされず、"Black Night"がスタートします。この曲の途中でリッチーがステージを降りてしまったため、残りの演奏はリッチーを除く4人で行われています。2月20日のパリ公演では、逆にリッチー以外のメンバーがアンコールに応えなかった(諸事情でギランがアンコールに応える気をなくしたため、他のメンバーもアンコールはないものと思っていた)のに、リッチーが一人で"Smoke On The Water"のリフをプレイしてアンコールに応えていたという事があったようで、ここで意趣返ししたとも考えられます(一説にはリッチーが「観客の質が良くない」としたとも言われています)。

リッチーがステージを降りた時点で"Black Night"がなし崩しに終わった後もアンコールを求める声が止まない中、即興曲"She’s All Right"から始まるアンコールはDeep Purpleの持っていた危うい一面を音で追体験出来る貴重なドキュメントと言えます。


02-28 [Swedish Lights]


ジャケット画像

Darker Than Blue [135/36]
Gothenburg 28 February 1987

Disc 1

  1. Intro.
  2. Highway Star
  3. Strange Kind Of Woman
  4. The Unwritten Law
  5. Drum Solo – The Unwritten Law (Reprise)
  6. Blues
  7. Dead Or Alive
  8. Perfect Strangers
  9. Hard Lovin’ Woman
  10. Child In Time

Disc 2

  1. Difficult To Cure
  2. Keyboard Solo
  3. Knocking At Your Back Door
  4. Lazy
  5. Black Night
  6. Speed King
  7. Smoke On The Water
  8. Outro.

1987年の1月から3月にかけて行われた、イギリスを含むヨーロッパ・ツアー第1レグより、欧州大陸の最終日程となったスウェーデンでの3公演から、最終日にあたる2月28日のステージを収録したとされるオーディエンス音源をソースとした2枚組プレスCD。このツアーでの北欧公演はスウェーデンのみとなり、2月25日、27日、28日の三回、コンサートが行われています。2月27日は[Call Of The Wild]のタイトルで知られるアナログ盤で出回っており、後にCD-Rでも[The Wild Without Ritchie]というタイトルで限定的にリリースされた事がありますが、最終日となる2月28日のステージは、音源自体は以前から存在していましたが、ディスク化されるのは初となります。……CD-Rはスルーの方向で(^^;

テープ自体は濁り、歪みはほとんど感じられないマスターグレードの素材と思われますが、録音のクオリティはそれほど高くなかったようで、[Live Cassette Analysis]でも"Quality not great, distand and feint sound."と書かれています。これが、当日のPAの影響か、それとも録音者の事情なのかは、よくわかりません。今回のリリースではリマスタリングにかなり手間をかけたようで、ややギターの音が痩せていたり、音像の傾向がころころ変わったりするものの、リズム隊(特にドラム)の安定したサウンドに助けられ、かなり聴きやすい音場に仕上げられています。

演奏のクオリティは悪くないのですが、ギランの調子は決して良い方ではない様子です。"Child In Time"もプレイはしていますが、最終日とあって疲れが見えているように思います。その代わり、"Strange Kind Of Woman"や曲間のMCなど、彼らしいユーモラスなパフォーマンスが聴けます。各メンバーのソロもボルテージが高く、欧州大陸最終日に相応しいステージが繰り広げられていると言って良いでしょう。

所々で録音の欠損があり、この頃の本編終了曲であるはずの"Space Truckin’"が未収録(演奏しなかったのか、録音されなかったのかは不明。[Live Cassette Analysis]では"Space missing, no obvious edit to suggest they played it."との記述があります)ではありますが、所々で素晴らしくリアルに録れている各メンバーのサウンドやプレイは、この頃のDeep Purpleのライヴ・パフォーマンスを良く捉えており、一聴の価値があると思います。


03-03 [Wembley 1987]


ジャケット画像

Darker Than Blue [132/33]
London 3 March 1987

Disc 1

  1. Intro.
  2. Opening
  3. Highway Star
  4. Strange Kind Of Woman
  5. The Unwritten Law
  6. Drum Solo – The Unwritten Law (Reprise)
  7. Blues
  8. Dead Or Alive
  9. Perfect Strangers
  10. Hard Lovin’ Woman
  11. Child In Time

Disc 2

  1. Difficult To Cure
  2. Keyboard Solo
  3. Knocking At Your Back Door
  4. Lazy
  5. Space Truckin’
  6. Black Night
  7. Smoke On The Water
  8. Outro.

1987年に行われたヨーロッパ・ツアー、最終日程となったイギリス公演の初日、3月3日にロンドンはウェンブリーにて行われたステージを収録したとされるオーディエンス音源をソースとした2枚組プレスCD。かつてアナログ盤[Antiques Roadshow]でリリースされており、近年も[Alive At Wembley]というタイトルでCD-Rが登場していました(……何年前だ?近年でもないのかな?)今回は上位マスター、もしくは別マスターでの登場となっています。おそらく、別マスターでわないかなとおもいますであります(むにゃむにゃ)バランスは良好で、かなりオン気味の録音のため、ステージのディティールが良く確認出来ます。[Alive At Wembley]で聴いている方はこちらに切り替えても良いんじゃないかなと思いますが、イコライジングの好みもありますので、聴き較べていただければと。

音の歪みは最小限で、ダビングによる濁りもほとんど感じられません。イコライジングのカーブが不自然に落ち込んでるような気もしますが、「気のせい」と言えば「気のせい」かもしれません(笑) 高域もかなり上げてあるような感じですが、少なくとも[Alive At Wembley]よりは広がりのある音場で聴くことが出来ると思います。演奏については[Antiques Roadshow]を参照してください。

このイギリス公演は全日程の音源が確認されていますが、最終日にあたるバーミンガム2日目の3月8日の音源も、かなり以前から海外では音質の評価が高いテープが存在し、CD-Rが登場した事もあります。


05-01 [Runnnig Bear]


ジャケット画像

Tarantura DP 5
Chicago 1 May 1987

Disc 1

  1. Highway Star (fade in)
  2. Strange Kind Of Woman
  3. Unwritten Law
  4. Drum Solo
  5. Unwritten Law
  6. Allright Now
  7. Dead Or Alive
  8. Perfect Strangers
  9. Hard Lovin’ Woman
  10. Bad Attitude
  11. Child In Time

Disc 2

  1. Difficult To Cure
  2. Keyboard Solo
  3. Knocking At Your Back Door
  4. Lazy
  5. Space Truckin’
  6. Woman From Tokyo (encore)
  7. Black Night – Old Songs Jam (Includes Running Bear) (encore)

1987年4月16日のポートランドでのステージからスタートした、[The House Of Blue Light]のリリースに合わせて行われた1987年のアメリカ・ツアーから、中盤にあたる5月1日にシカゴはRosemontで行われたステージを収録したとされるオーディエンス音源をソースとした2枚組プレスCD。当ツアーの音源は、ほとんどの日程でテープが残されていますが、CD-R以外で出てくることが少ないので、貴重なリリースと言えます。

この日も、[Live Cassette Analysis]に音源の記載がありますが、記載されているコメントを読んだり、収録内容を比較したりする限りでは、別音源のようです。[Live Cassette Analysis]記載の音源は"Poor quality, very distant thin sound"とのことですが、ここで聴かれる音像はそのような印象はありません。序盤こそテープの掠れによるノイズが散見しますが、その後はややセンターにまとまった音像ながら、比較的バランスも良く、オーディエンス・ノイズも最小限で、イコライジングの好みはあると思うものの、全体的には聴きやすい音源ではないかと思います。また、[Live Cassette Analysis]記載の音源にはラストに"Smoke On The Water"が収録されているようですが、当音源は未収録となっています。"Highway Star"冒頭もほんの少し欠けていますし、"Bad Attitude"もカット・インの状態ですが、これだけの音質で聴けるのなら、"Poor quality"の別音源は不要と言えるでしょう。……個人的には両方欲しかったりしますが(笑)

内容はこの頃の平均的な感じといいますか、リッチーとギランのパワー・バランス次第で良くも悪くもなる、この頃のDeep Purpleのステージの典型を聴くことが出来ると思います。ただ、全体を通して、リッチーのプレイはなかなか全開になりません。モニターの具合が万全でなかったような、不安定なパフォーマンスになっているように思います。これでギランの喉もメタメタだったら最悪なのですが、序盤はパワフルなパフォーマンスを確認出来ます。中盤からはややペースを落としていますが、ゴリゴリに押し進めていく印象のあるアメリカでのステージの展開が損なわれるところまでは行かず、オーディエンスの反応も上々です。"Dead Or Alive"はリッチーがイントロでFreeの"All Right Now"のリフを挿入したりして、興味深い演奏例となっています。


02-08 [Master Of Blue Light]


ジャケット画像

Darker Than Blue [106/07]
Cologne 8 February 1987

Disc 1

  1. Intro.
  2. Highway Star
  3. Strange Kind Of Woman
  4. The Unwritten Law incl. Drum Solo
  5. Blues
  6. Dead Or Alive
  7. Perfect Strangers
  8. Hard Lovin’ Woman
  9. Child In Time

Disc 2

  1. Difficult To Cure
  2. Keyboard Solo
  3. Knocking At Your Back Door
  4. Lazy
  5. Space Truckin’
  6. Speed King
  7. Black Night
  8. Smoke On The Water

アルバム[The House Of Blue Light]のプロモーションとして、1987年1月末からスタートしたヨーロッパ・ツアー、ドイツでの公演から2月8日にケルンで行われたステージを収録したとされる音源をソースとした2枚組プレスCD。サウンド・ボード音源とオーディエンス音源のハイブリッドで制作されています。

基本的なテープは数年前に[Autobahn]というタイトルで登場したサウンド・ボード音源。登場時は同じケルンでも1988年の音源としてクレジットされていたものです。このテープに未収録の部分をオーディエンス音源で補完したものとなっています。このオーディエンス音源は、アナログ盤[Ritchie’s Dream]で登場し、CDでも盤起こしで同タイトルの[Ritchie’s Dream]として出回ったものです。演奏内容に関してはリンク先の記事をご覧ください。

二つの音源のハイブリッドではありますが、音の輪郭やヌケなどの傾向を揃えているようで、極端な違和感はありません。オーディエンス音源がもともとデッドな響きで収録されていたため、それも幸いしているようです。盤起こしCDの[Ritchie’s Dream]ではやや低めだった音圧もサウンド・ボード音源と揃えられており、ハイブリッド・ディスクとしては聴きやすい仕上がりになっているように思います。


01-28 [Hungary Days]


ジャケット画像
No Number (Ritchie’s Box)
Budapest 28. January 1987
Disc 1

  1. Highway Star
  2. Strange Kind Of Woman
  3. The Unwritten Law
  4. Dead Or Alive
  5. Perfect Strangers
  6. Hard Lovin’ Woman
  7. Bad Attitude
  8. Child In Time
  9. Difficult To Cure

Disc 2

  1. Knocking At Your Back Door
  2. Lazy
  3. Space Truckin’
  4. Black Night
  5. Smoke On The Water
  6. Speed King
  7. Call Of The Wild
  8. Woman From Tokyo

またまたコピー盤ですが、魅力あるセットリスト、迫力の演奏でこのツアーの音源ではベストの1枚でしょう。2001年にリリースされたオフィシャル・ブートレッグ・ボックスにも収録されたもので、ツアー開始2日目のハンガリー、ブダペストでのライヴをコンプリート収録しています (曲間のフェイド・アウト、カットが若干あります)。オープニングのSEで、リッチーが"Shadow Of The Moon"アルバム中の"Magical World"で取り上げたクリスマス・キャロル、"Wassail"のインストルメンタルがかかります。

なかなか迫力のあるオーディエンス録音です。ヴォーカルが少しオフ気味になる部分もありますが、全体としてはまあまあのバランスで収録されていると思います。ただ、やはりアナログ盤のコピーのため、スクラッチノイズが気になる部分があります。

演奏は、ツアー始めということもあって、なかなかテンションの高いものになっています。2曲目、"Strange Kind Of Womanの掛け合いでは、バッハの「主よ人の望みの喜びよ」のフレーズが出て来ます。このパターンは、たしか"Coloured
Purple"というタイトルのテープ (おそらく2月4日のドイツ、ドルトムントでのライヴ音源。同名のアナログ・ブート、CDのコピー盤がありますが、同一音源かどうかは確認していません)でもやっています。この年のツアーは、1984年、1985年のツアーよりも、各メンバーの即興が充実している印象を受けます。オフィシャルライヴ"Nobody’s Perfect"では、その辺があまりうまく伝わってこないような気がします。

この日はアンコールを多くやっていて、これも聴き所となっています。なかでも、"Call Of The Wild"が演奏されたのは珍しく、この他のライヴ音源では2月27日、ストックホルムでの演奏を収録した"Call Of The Wild"というアナログ盤にリッチー抜きの演奏が収録されているのみです。ただ、このアンコール、ブダペスト3公演分を集めてるのではないかという説を、"Live Cassette Analysis"の著者は述べています。