06-27 [Tokyo 1991 Final Night]


ジャケット画像

Darker Than Blue [218/19]
Tokyo 27 June 1991

Disc 1

  1. Intro.
  2. Burn
  3. Black Night
  4. Long Live Rock’n’Roll
  5. Child In Time
  6. Black Night (Reprise)
  7. Truth Hurts
  8. The Cut Runs Deep
  9. Hush
  10. The Cut Runs Deep (Reprise)
  11. Hey Joe
  12. Perfect Strangers
  13. Fire In The Basement

Disc 2

  1. MC
  2. Love Conquers All
  3. Difficult To Cure
  4. Keyboard Solo
  5. Knocking At Your Back Door
  6. Lazy
  7. Highway Star
  8. Smoke On The Water
  9. Drum Solo
  10. King Of Dreams
  11. Woman From Tokyo
  12. Smoke On The Water (Reprise)

ジョー・リン・ターナーを迎えて制作されたアルバム[Slaves And Masters]のプロモーションとして行われた日本公演から、最終日となる6月27日に日本武道館で行われたステージを収録したとされるオーディエンス音源をソースとした2枚組プレスCD。アングラ音源がCDで登場しだした頃、Deep Purpleのこの手のブツとしてはかなり初期にリリースされていた[Slaves And Masters Tour 1991:Tokyo](おっと、レビューをサボっているではないか。後でこっそり書いておこう(^^;)で使用されていたDATをソースとしているとの触れ込みです。この年の日本公演はこれらの初期CDが登場して以来、これ以降のアイテムは全てCD-Rでしかリリースされていませんので、プレスCDを中心に聴いている人々にとって、今回はありがたいリリースとなっています。

音が左チャンネルに偏り気味な音場でスタートしますが、だんだんとセンターで音場が展開するようになり、大阪同様バランス、距離感共に良好な録音です。[Slaves And Masters Tour 1991:Tokyo]でも特徴的だったシュワシュワノイズも、マスタリングでかなり抑えられています。私はこの日、アリーナで観ていますが、やはり"Truth Hurts"から始まる中盤で観られたこのラインナップならではのパフォーマンスが脳裏に焼き付いています。

全世界のパープル・ファンから一番ブーイングを浴びることが多い当ラインナップはプレスCDとして登場する機会は少なく、この年の日本公演でも初日、二日目の日本武道館がまだプレスCDとして登場していません。リッチーのDeep Purple時代最後の来日の記録となるわけなので、全日程揃い踏みを期待するのですが、果たして揃うか否か?


06-26 [Osaka 1991]


ジャケット画像

Darker Than Blue [216/17]
Osaka 26 June 1991

Disc 1

  1. Intro.
  2. Burn
  3. Black Night
  4. Long Live Rock’n’Roll
  5. Child In Time
  6. Black Night (Reprise)
  7. Truth Hurts
  8. The Cut Runs Deep
  9. Hush
  10. The Cut Runs Deep (Reprise)
  11. Perfect Strangers
  12. Fire In The Basement

Disc 2

  1. MC
  2. Love Conquers All
  3. Difficult To Cure
  4. Keyboard Solo
  5. Knocking At Your Back Door
  6. Lazy
  7. Highway Star
  8. Smoke On The Water
  9. Drum Solo
  10. King Of Dreams
  11. Woman From Tokyo
  12. Smoke On The Water (Reprise)

ジョー・リン・ターナーを迎えて制作されたアルバム[Slaves And Masters]のプロモーションとして行われた日本公演から、3日目となる6月26日に大阪城ホールで行われたステージを収録したとされるオーディエンス音源をソースとした2枚組プレスCD。アングラ音源がCDで登場しだした頃、Deep Purpleのこの手のブツとしてはかなり初期にリリースされていた[Slaves And Masters Tour 1991:Osaka](おっと、レビューをサボっているではないか。後でこっそり書いておこう(^^;)で使用されていたDATをソースとしているとの触れ込みです。この年の日本公演はこれらの初期CDが登場して以来、これ以降のアイテムは全てCD-Rでしかリリースされていませんので、プレスCDを中心に聴いている人々にとって、今回はありがたいリリースとなっています。

バランス、距離感共に良好な、聴きやすい録音です。[Slaves And Masters Tour 1991:Osaka]で特徴的だったシュワシュワノイズもかなり目立たないようにマスタリングされており、よりとっつきやすいアイテムになっていると思います。全世界のパープル・ファンから一番ブーイングを浴びることが多い当ラインナップはプレスCDとして登場する機会は少なく、この年の日本公演でも初日、二日目の日本武道館がまだプレスCDとして登場していません。リッチーのDeep Purple時代最後の来日の記録となるわけなので、全日程揃い踏みを期待するのですが、果たして揃うか否か?


08-21 [Slaves And Kings]


ジャケット画像

RSG Music [001/02]
Sao Paulo 17 or 21 August 1991

Disc 1

  1. Burn
  2. Black Night
  3. Truth Hurts
  4. The Cut Runs Deep
  5. Perfect Strangers
  6. Fire In The Basement
  7. Hey Joe
  8. Love Conquers All

Disc 2

  1. Difficult To Cure
  2. Keyboard Solo
  3. Knockin’ At Your Back Door
  4. Lazy
  5. Highway Star
  6. Smoke On The Water – Woman From Tokyo

コメント未作成


06-27 [Slaves And Masters Tour 1991:Tokyo]


ジャケット画像

No Label Credit 9-106271/72
Tokyo 27 June 1991

Disc 1

  1. Intro
  2. Burn
  3. Black Night
  4. Long Live Rock’n’Roll
  5. Child In Time – Long Live Rock’n’Roll – Black Night
  6. Still I’m Sad – Truth Hurts
  7. The Cut Runs Deep
  8. Hush – The Cut Runs Deep
  9. Hey Joe
  10. Perfect Strangers
  11. Fire In The Basement – Roger Glover Solo – Love Is Blue

Disc 2

  1. Love Conquers All
  2. Difficult To Cure
  3. Jon Load Solo
  4. Knockin’ At Your Back Door
  5. Lazy – Blues
  6. Highway Star
  7. Smoke On The Water – Ian Paice Solo
  8. King Of Dreams
  9. Woman From Tokyo – Smoke On The Water

コメント未作成


06-26 [Slaves And Masters Tour 1991:Osaka]


ジャケット画像

No Label Credit 9-106261/62
Osaka 26 June 1991

Disc 1

  1. Intro
  2. Burn
  3. Black Night
  4. Long Live Rock’n’Roll
  5. Child In Time – Long Live Rock’n’Roll – Black Night
  6. Still I’m Sad – Truth Hurts
  7. The Cut Runs Deep
  8. Hush – The Cut Runs Deep
  9. Perfect Strangers
  10. Fire In The Basement – Roger Glover Solo – Love Is Blue

Disc 2

  1. Love Conquers All
  2. Difficult To Cure
  3. Jon Load Solo
  4. Knockin’ At Your Back Door
  5. Lazy – Blues
  6. Highway Star
  7. Smoke On The Water – Ian Paice Solo
  8. King Of Dreams
  9. Woman From Tokyo – Smoke On The Water

コメント未作成


02-04 [Stand By Me]


ジャケット画像

No Label Credit No Number
Ostrava 4 February 1991
Disc 1 8-10, Disc 2 8,9:from Europe Tour (Date Unknown)

Disc 1

  1. Burn
  2. Black Night – Long Live Rock’n’Roll
  3. Truth Hurts
  4. The Cut Runs Deep – Hush
  5. Perfect Strangers
  6. Fire In The Basement – Roger Glover Solo
  7. King Of Dreams
  8. King Of Dreams
  9. Stand By Me
  10. Love Conquers All

Disc 2

  1. Love Conquers All
  2. Difficult To Cure – Jon Load Solo
  3. Knockin’ At Your Back Door
  4. Lazy
  5. Wicked Ways
  6. Highway Star
  7. Smoke On The Water – Ian Paice Solo – Woman From Tokyo
  8. Hey Joe
  9. Lazy

コメント未作成


03-17 [Conquers London]


ジャケット画像

Darker Than Blue [137/40]
London 17 March 1991

Disc 1,2は省略

Disc 3

  1. Intro
  2. Burn
  3. Black Night
  4. Child In Time – Long Live Rock’n’Roll – Black Night (Reprise)
  5. Truth Hurts
  6. The Cut Runs Deep incl. Hush
  7. Perfect Strangers
  8. Fire In The Basement incl. Bass Solo
  9. Love Conquers All

Disc 4

  1. Difficult To Cure
  2. Keyboard Solo
  3. Knocking At Your Back Door
  4. Hey Joe
  5. Lazy
  6. Highway Star
  7. Smoke On The Water incl. Drum Solo – Woman From Tokyo

[Slaves And Masters]アルバムのプロモーションとして行われた1991年のツアー、1月から3月にかけて廻ったヨーロッパ・ラウンドの最終レグ、イギリス公演の最終日程となったロンドンはハマースミス・オデオンでの4連続公演から、初日と最終日を収録したとされるオーディエンス音源をソースとした4枚組プレスCD。当サイトでは日付ごとに取り上げます。

このハマースミス4連続公演は、日本では[Purple Collection-]の著者である杉山氏がその全公演を観に行き、雑誌[Gold Wax]誌上でレポートを掲載したりして有名な公演です。4日間全てのオーディエンス・ショットを収めたVHSカセットが、1991年当時に日本国内の極一部で出回った事がありますが、それ以降は音源や映像がまとまって出てくる事はありません。プレスCDとしては全長版が3月15日のオーディエンス音源を収めたとされる[Yesterday]があるのみで、3月16日の一部が[A Whiter Shade Of Purple]で聴けますが、今回登場した2日間はプレスCD初登場となるものです。

3月17日、最終日となるこちらのテープは、所々でテープの状態に起因する掠れがあるものの、濁り、歪みは少ない、ロウ・ゼネレーションの素材である事が伺えます。決してオン気味の音像ではありませんが、ステレオ感は程よくあるオーディエンス録音。バランスは良好で、序盤の多少の聴きづらさを乗り越えればあとは演奏に没頭出来るだけのクオリティはあると思います。

最終日とあってジョーは緊張が取れているのか、MCでも口数が多いような感じです。ジョン・ロードも長めのスピーチを披露しており、ロンドンの最終日という雰囲気が感じられます。演奏も全体を通してリラックスした好いムードのプレイが多いように思いますが、リッチーが所々でステージから引っ込んだような様子も、音を聴いていると伺えます。何か機材のトラブルでもあったのかどうなのか。

"King Of Dreams"が演奏されず、その代りのように演奏されている"Hey Joe"は、この時期のDeep Purpleのツアーではしばしば聴かれるものですが、当時のプレイはリッチーがステージ上で演奏しているどの時期よりも、ちゃんと曲としての体裁を持ったプレイとなっており、日本公演でも東京最終日で披露されています。

この日は初日と違って"Lazy"をプレイし(初日もやっていたのにテープからカットされている可能性もまだあると思っていますが)、"Highway Star"で本編終了します。当時の"Lazy"のハーモニカ・ソロのパートはギランがいなくなったためにロジャー・グローヴァーが代行しています。"Fire In The Basement"でのベース・ソロとあわせ、ロジャーの見せ場が多いセットでした。

アンコールはいつもの流れで終わっていますが、リッチーが全く出て来ず、4人のみの"Smoke On The Water"や"Woman From Tokyo"が聴けます。最終日だってのにやってくれるあたりがさすがリッチー……最終日「だから」のスペシャルな行動だったのかもしれません(笑)