78-01-17 [Live At The Koseinenkin Kaikan, Osaka Japan (Black)]


ジャケット画像

Iron Eagle
IER 109/11
Osaka 17 January 1978

Disc 1 Side A

  1. Intro
  2. Over The Rainbow
  3. Kill The King
  4. Mistreated

Disc 1 Side B

  1. Greensleeves
  2. 16th Century Greensleeves
  3. Long Live Rock’n’Roll

Disc 2 Side A

  1. Catch The Rainbow

Disc 2 Side B

  1. Man On The Silver Mountain
  2. Blues
  3. Starstruck
  4. Man On The Silver Mountain (Reprise)

Disc 3 Side A

  1. Still I’m Sad

Disc 3 Side B

  1. Cozy Powell Drum Solo
  2. Still I’m Sad (Reprise)
  3. Do You Close Your Eyes
  4. Ritchie Blackmore’s Guitar Solo
  5. Outro (Over The Rainbow)

ジャケット画像

2016年になって出回り始めた、欧州プレスと思われる3枚組アナログ盤。1978年1月17日、Rainbowにとって2度目の来日公演、大阪でのステージを収録したとされる音源を使用しています。ジャケットのクレジットではアメリカのIron Eagleというレーベルがリリースしているようになっていますが、嘘に違いない(ヲイ)。

[Live At The Koseinenkin Kaikan, Osaka Japan]と同内容のアルバムですが、こちらは通常の黒ヴィニールでプレスされています。裏ジャケを信用するならば、当アルバムは200枚のプレスらしいですが、クリア・ヴィニールよりも黒ヴィニールの方が少ないんじゃないかと言われております。真偽のほどはわかりませんが、こちらの黒ヴィニールもセンター・ホールの処理が良い加減でターン・テーブルのスピンドルにうまくセット出来ないケースが頻出しているんじゃないかと思われます。偏心修正用の丸ヤスリなどがあれば解決できるとはいうものの、慣れない人がうっかり触ると逆に偏心を広げたりしてしまうので、挑戦する場合は自己責任でよろしく(笑)音質は従来出回っていたプレスCDと比較すると一番ニュートラルな感じのトーン・カーブで再生されているような「気がします」。ところどころで感じられる音のこもりはアナログでは少々キツいものの、ヌケの良い部分では[On Stage]に迫る音像を味わうことも不可能ではありません。しかしまぁ、無理して探したり聴いたりしなくてもいいぢゃないか(・∀・)

ジャケット画像


78-01-17 [Live At The Koseinenkin Kaikan, Osaka Japan]


ジャケット画像

Iron Eagle
IER 109/11
Osaka 17 January 1978

Disc 1 Side A

  1. Intro
  2. Over The Rainbow
  3. Kill The King
  4. Mistreated

Disc 1 Side B

  1. Greensleeves
  2. 16th Century Greensleeves
  3. Long Live Rock’n’Roll

Disc 2 Side A

  1. Catch The Rainbow

Disc 2 Side B

  1. Man On The Silver Mountain
  2. Blues
  3. Starstruck
  4. Man On The Silver Mountain (Reprise)

Disc 3 Side A

  1. Still I’m Sad

Disc 3 Side B

  1. Cozy Powell Drum Solo
  2. Still I’m Sad (Reprise)
  3. Do You Close Your Eyes
  4. Ritchie Blackmore’s Guitar Solo
  5. Outro (Over The Rainbow)

ジャケット画像

2016年になって出回り始めた、欧州プレスと思われる3枚組アナログ盤。1978年1月17日、Rainbowにとって2度目の来日公演、大阪でのステージを収録したとされる音源を使用しています。ジャケットのクレジットではアメリカのIron Eagleというレーベルがリリースしているようになっていますが、嘘に違いない(ヲイ)。

使用されている音源は昔から有名なもので、1990年初頭に[On Tour 1978 – Starstruck -]で登場して以来、[Steel Breeze][An die Freude – 歓喜の歌]で再三リリースされてきました。オフィシャル盤ボックス・セット、[A Light In The Black]にも"Catch The Rainbow"が収録されるなど、音質、内容には定評があります。

盤はクリア・ヴィニールによるプレス。センター・ホールの処理が良い加減でターン・テーブルのスピンドルにうまくセット出来ないケースが頻出しているんじゃないかと思われます。偏心修正用の丸ヤスリなどがあれば解決できるとはいうものの、慣れない人がうっかり触ると逆に偏心を広げたりしてしまうので、挑戦する場合は自己責任でよろしく(笑)音質は従来出回っていたプレスCDと比較すると一番ニュートラルな感じのトーン・カーブで再生されているような「気がします」。ところどころで感じられる音のこもりはアナログでは少々キツいものの、ヌケの良い部分では[On Stage]に迫る音像を味わうことも不可能ではありません。しかしまぁ、無理して探したり聴いたりしなくてもいいぢゃないか(・∀・)

ジャケット画像


76-12-00 [Catch The Rainbow]


ジャケット画像

No Label Credit BR 1214
Osaka Dec 1976

Disc 1 Side A

  1. New Song (Kill The King)
  2. Mistreated
  3. 16th Century Greensleeves

Disc 1 Side B

  1. Catch The Rainbow
  2. Man On The Silver MountainBlues – Starstruck – Man On The Silver Mountain (Reprise)

Disc 2 Side A

  1. Keyboard Solo
  2. Stargazer
  3. Still I’m Sad

Disc 2 Side B

  1. Drum Solo – 1812 Overture
  2. Still I’m Sad (Reprise)
  3. Do You Close Your Eyes

1976年12月の来日公演からわずか一ヶ月ほどで店頭に並んでいたという伝説がある、Rainbow初のアングラ盤とされるアルバム。モノクロながら見開きデラックス・ジャケットにパッケージされた2枚組で、レーベルはなんの愛想もない黒レーベル。表、裏、見開き内側とも、当日撮影されたと思われる隠し撮りフォトを使用したこだわりのあるデザイン。カナダの専門誌(なんの)、Hot Waxでは200枚、近年盤起こしでコピー盤をリリースしたメーカーの当初のインフォによれば100枚とも言われますが、どちらにせよ少数の限定プレスだったようです。

内容は、1枚目のA面の3曲とアンコールが12月5日、その他が12月9日の大阪公演。音質はかなり良好ですが、高域にややクセのあるカッティングなのか、全音域に渡るバランスの良い再生は多少難しいかもです。まぁ、無造作に再生していても、聴いていてだんだんとヴォリュームを上げたくなってくる内容と音質で聴くことができます。裏ジャケットのリッチーと背後に据えられたテープ・デッキを眺めながら聴くのがなんともたまらんのだな(・∀・)

ジャケット画像


76-12-05 [Seven Bridge]


ジャケット画像

JP No Label Credit BR 726
Osaka 5 December 1976

Side A

  1. Still I’m Sad

Side B

  1. Stargazer
  2. Do You Close Your Eyes

日本プレスとされるスリック・ジャケのアナログ盤。スリックは映画「アメリカン・グラフィティ」のサントラで使われてたイラスト等とリッチーの写真とのコラージュですが、コピーの質が悪くてあまり効果的とは言えません。

カナダの専門誌(だから、何の)[Hot Wax]によれば200枚限定だそうです。当書籍に掲載されているアルバム・データはあまり信用してかからないほうが良いのですが、当書籍で日付が「1976年12月8日」とされて以来、各種書籍やネット(当サイトを含めて)などでも12月8日の大阪公演とするのが一般的だったかと思います。今回久々に聴き直したところ、これは12月8日ではなく、12月5日の大阪初日であるような気がしますので、この記事の掲載を機に当サイトでの記述等を訂正したいと思います。こっそりとね(笑)

当時の平均的なオーディエンス録音。テープがアレなのか、録った状況が良くなかったのか、バランス、音質ともにさほど特筆すべきものではありません。濁りはそれほど感じませんが、カッティングに起因するのかソースがそういった状態だったのか、音のこもりがきついので聴きづらいことこのうえなく、同じ日付の録音とされる[Nippon Eyes][War Of Nerves In 1976]の2枚組LPのほうが鑑賞にはおすすめかもです。……まぁ、もっと良いソースを使用したCDも多種出ておりますので聴く分にはそちらをあたってください。てことでこれは私みたいな救われないものたちのためのアイテムであります(放っといてくれ(^^;)


76-12-05 [War Of Nerves In 1976]


ジャケット画像

No Label Credit No Number
Osaka 5 December 1976

Disc 1 Side A

  1. Intro
  2. Kill The King
  3. Mistreated
  4. Blues – Starstruck – Man On The Silver Mountain (Reprise)

Disc 1 Side B

  1. 16th Century Greensleeves
  2. Catch The Rainbow

Disc 2 Side A

  1. Keyboard Solo
  2. Stargazer

Disc 2 Side B

  1. Still I’m Sad
  2. Drum Solo – 1812 Overture
  3. Still I’m Sad (Reprise)

[Nippon Eyes]とほぼ同時期に登場したとされる、やはりヨーロッパ・プレス、シングル・ジャケットの2枚組アナログ盤。[Nippon Eyes]と同じ、1976年12月5日の大阪公演を、やはり同じ録音と思われるオーディエンス音源を使用しているのですが、なぜかカッティングは異なっており、こちらの方は送り溝がなく、ランアウト・グルーヴの刻印も異なっています。どちらのカッティングが優れているかというのは、ドングリの背比べというかなんというかですが、個人的には[Nippon Eyes]の方が好みかなぁと。ジャケットはこちらの方が眺め甲斐がありますが(汗

ジャケット画像


78-01-16 [Satisfaction]


ジャケット画像

JP No Label Credit BL 409
Osaka 16 January 1978

Side A

  1. Kill The King
  2. Long Live Rock’n’Roll
  3. Man On The Silver Mountain

Side B

  1. Still I’m Sad

日本プレス、デラックス・シングル・ジャケットのアナログ盤。モノクロではありますが、会場隠し撮りの写真をジャケット両面にあしらったデザインで気合いは入ってます。特に裏ジャケットのギター・クラッシュの連続写真はなかなか。レーベルもヴァーティゴを思わせる渦巻き模様ですが、本家ほどの催眠効果はありません(汗

1978年の来日公演、大阪初日となった1月16日のステージを収録したオーディエンス音源。歪み、濁りは気になりませんが、ピッチのふらつき等々で締りのある演奏に聴こえないのが残念。この日の全長版の音源を収録したプレスCDは現時点ではまだ一種類のみなので、未だに決定盤のない福岡や音盤が出てこない秋田等々とともに一層の充実を望みたいところです。

ジャケット画像


69-10-04 [Live In Montreux Casino]


ジャケット画像

No Label Credit No Number
Montreux 4 October 1969

Side A

  1. Kentucky Woman
  2. Paint It Black

Side B

  1. Mandrake Root

近年(2014年頃)出回るようになったヨーロッパ・プレスと推定されるアナログ盤。1969年秋にスイス・モントルーのカジノで行われたステージを録音したとされる音源をソースとしています。すでに2004年に公式盤が[Kneel & Pray]として出ている音源ですが、アナログ盤は未登場。150枚限定のクリア・ヴィニール盤です。

こちらはコンサート後半を収めたものとなっていて、前半は[Just Like The Rabbits]というタイトルで分売されています。収録時間の関係で、アンコール曲だった"Kentucky Woman"の位置が少々異なっています。

……ただ、オフィシャルでも2枚組くらいでそろそろ出そうな気もしてるんですが……

ジャケット画像