11-27 [Live In Germany]


ジャケット画像
First Edition

ジャケット画像
Second Edition (Special Cover Version)

Darker Than Blue [068/70]
Disc 1 & Disc 3-4 : Offenbach 27 November 1970

Disc 1 (First Edition)

  1. Child In Time
  2. Speed King
  3. Into The Fire
  4. Paint It Black
  5. Mandrake Root

Disc 2は省略

Disc 3

  1. Mandrake Root
  2. Black Night
  3. Lucille
  4. Wring That Neck

Disc 1 (Second Edition)

  1. Speed King
  2. Into The Fire
  3. Child In Time
  4. Paint It Black
  5. Mandrake Root

Disc 2は省略

Disc 3

  1. Mandrake Root
  2. Black Night
  3. Lucille
  4. Wring That Neck

1970年と1971年、二つのオッフェンバッハ公演をオーディエンス音源でまとめた、3枚組のプレスCD。当初、別レーベルから1971年のモノクロ映像を収めたDVD-RをつけたCD-Rが先行して登場していましたが、しばらくしてから映像をつけないプレスCDでファースト・エディションがリリースされました。その後、1970年の分の曲順を変更し、ジャケットを変えたものがセカンド・エディションとしてリリースされています。当サイトでは、日付ごとの掲載とします。

この日の音源は以前からトレードされていましたが、最近、録音者提供の低世代の音源が出回り、ライヴCDでも初登場となったものです。音質は、1971年のオッフェンバッハと同等のもので、濁りの少ない聴きやすいモノですが、若干ドラムが引っ込み気味のバランスなので、そのあたりで好みが別れるような気がします。演奏は、[Scandinavian Nights]からさほど時間が経っていないので、即興の流れなども良く似ており、ノリも良いので、一聴の価値はあります。"Live Cassette Analysis"のコメントでは"Tremendous voice for Child In Time"と書かれていたギランのヴォーカルですが、微妙にフラットしてるのはテープのせいではないと思います(笑)まぁ、ノリ一発のライヴですから、全然キズになってはいないのですが。

1971年の記事でも触れましたが、当日の"Wring That Neck"だけ、Disc 1から抜け落ちており、Disc 3の最終曲として収録されています。トレードで出回っていたテープの曲順は以下のとおりです。

  1. Speed King
  2. Into The Fire
  3. Child In Time
  4. Wring That Neck
  5. Paint It Black
  6. Mandrake Root

曲順を変えたセカンド・エディションはお疲れさまって感じでしたが、こうなると余り意味のないリリースだったかなと(^^;。ちゃんと曲順どおりに全曲をまとめれば、2枚組でこの年だけのアルバムが出来そうではありますが、もう曲順修正しただけのディスクは出さないで欲しいっす(笑)もしリリースされたら罵倒しまくるでしょう(ばく)

以前トレードされていたテープはかなりピッチが早かったようですが、当CDでは正常なピッチで聴くことが出来ます。テープでは"Wring That Neck"のタイムは25分程度だったようですが、当CDでは28分あまりで収録されており、昔のテープのピッチの高さが伺い知れるところです。アンコールが未収碌(たぶん録られていないです)なのが惜しいです。