04-10 [Live In Germany]


ジャケット画像
First Edition

ジャケット画像
Second Edition (Special Cover Version)

Darker Than Blue [068/70]
Offenbach 10 April 1971
Disc 3-4 : Offenbach 27 November 1970

Disc 1は省略

Disc 2

  1. Intro.
  2. Yodel
  3. Speed King
  4. Strange Kind Of Woman
  5. Child In Time
  6. Paint It Black
  7. Into The Fire

Disc 3

  1. Mandrake Root
  2. Black Night
  3. Lucille
  4. Wring That Neck

1970年と1971年、二つのオッフェンバッハ公演をオーディエンス音源でまとめた、3枚組のプレスCD。当初、別レーベルから1971年のモノクロ映像を収めたDVD-RをつけたCD-Rが先行して登場していましたが、しばらくしてから映像をつけないプレスCDでファースト・エディションがリリースされました。その後、1970年の分の曲順を変更し、ジャケットを変えたものがセカンド・エディションとしてリリースされています。当サイトでは、日付ごとの掲載とします。

1971年の分を収めた2枚目、3枚目のディスクは、かつて[Live In Offenbach 71]というタイトルでリリースされたことがあります。また、1980年代には、部分的な収録でしたが、アナログ盤でも登場しています。

今回、音源自体は同じもののようですが、音の濁りが改善され、聴きやすくなっていると思います。ただ、ドラムが若干引っ込んでいるバランスに難があるのは変わらないので、ドライヴ感が今一つ伝わってこないのが惜しいです。演奏自体は凄まじいです。やっぱ、この日のアンコールはすげぇなぁ、と、あらためて思いました。

従来の盤では登場していなかったのが、最後に収録されている"Wring That Neck"ですが……この日の演奏ではないと思います。"Lucille"のあと、テープが繋げられているようです。プレイ自体は、リッチーのギター・ソロのフレーズの組み立てや、即興部分の構成から推察すると、1970年11月以降の演奏のように思えます。で、"Live Cassette Analysis"に記載されている、1970年11月27日、今回当音源とセットでリリースされた、もう一つのオッフェンバッハ公演のテープの曲目リストには"Wring That Neck"も登場しています。しかし、当CDや先行リリースされた別レーベルのCD-R中の1970年のディスクには、"Wring That Neck"は収録されていません。てことはですね、当"Wring That Neck"のテイクは、1970年11月27日のオッフェンバッハでの演奏とみるのが自然ではないでしょうか。ブートレガーが入手した音源のクレジットに誤りがあった、もしくはディスク3枚にすべての音源を収録する都合から、テープを分割したことを、音源提供者がメモし忘れたとも推論出来るのではないかと思います。