08-17 [Louder Than Everything Else]


ジャケット画像

Darker Than Blue [126/27]
Tokyo 17 August 1972

Disc 1

  1. Intro.
  2. Highway Star
  3. Smoke On The Water
  4. Child In Time
  5. The Mule
  6. Strange Kind Of Woman

Disc 2

  1. Lazy
  2. Space Truckin’
  3. Black Night
  4. Speed King
  5. Outro.

1972年の初来日公演から、最終日となった8月17日の日本武道館に於けるステージを収録したとされるオーディエンス音源をソースとした2枚組プレスCD。[Live In Japan Complete]に収録されていた音源とは別のテープで、プレスCDとしては初の単独アイテムでのリリースとなります。

[Live In Japan Complete]収録のソースよりも低域のアバレがなく、濁りや歪みも少なめなので、聴きづらくはないと思います。ただ、会場のホールトーンがほとんど入らないため、ライヴの臨場感が伝わってきづらい部分があります。この辺りは、[Live In Japan Complete]収録のソースの方に分があるかなぁと思いました。

センターに固まった音像は、ややリズム隊が引っ込み気味のバランスのため、若干演奏のノリが伝わってきづらいパートはありますが、全体的にはストレス無く聴けるディスク。オーディエンスの会話や拍手、歓声はそれなりに入りますが、演奏中にはほとんど聴こえてこないところがポイント。当時のメンバーの回想によく出てくる「演奏中は静かなのに、終了するときちんと反応がある日本のオーディエンス」の様子がよくわかります。"Child In Time"終了後の「ターギが凄い」という一言がおかしい(^^;。"The Mule"のドラム・ソロ中の論評等も面白いですが(笑)

演奏は来日の全日程を通して一番ノリが良いと思います。録音の結果が良ければ、[Live In Japan]にも、もっと多くのテイクが使われたかもしれません。後にリリースされた"Black Night"のライヴ・テイクがこの日のものだったことも、この日のノリの良さを表しています。観客もただ静かに座ってただけじゃないことは、ここに収録された2曲のアンコールを聴いてもわかります。コンサート終了後の観客の反応も聴き物。