05-26 [Live In Italy]


ジャケット画像
GYPSY EYE 017/18
Rome 26. May 1971
Disc 1

  1. Speed King
  2. Strange Kind Of Woman
  3. Child In Time

Disc 2

  1. Mandrake Root
  2. Black Night
  3. Lucille

アナログ盤"Live In Italy 71"と同じ曲目、ジャケット・デザインでリリースされたものです。アナログ盤では薄紫色のジャケットに黒の一色刷りだった写真を、ここではカラーで見ることができます。余談ですが、このアナログ盤というのがなかなかお粗末なプレスで、センターホールが狭く、無理やりターンテーブルに押し込まないと入らない、入っても今度は外すのにひと苦労するという厄介な代物でした。レーベルもなにも印刷されていないもので、紙が薄いため地のビニールの色が透けて見えるという ( 笑 ) このアナログ盤の印象が強かったため、このCDがリリースされた時は、「盤起こしだったらやだな」と思い、すぐには入手しませんでした。今回入手して聴いてみたところ、盤起こしではないような、あるような……。このフェイド・イン、フェイド・アウトはアナログ盤っぽいかな?

音質は両方に共通しますが、ホールエコーたっぷりの音質は好き嫌いが別れるところでしょう。私はこういう音が好みではありますが、音が遠いとして敬遠する方もいるかもしれません。リズム隊、特にドラムが埋ってしまってますが、この時代としては平均的なオーディエンス録音だと思います。どちらかといえば聴きやすくなっているのは"Live In Italy"の方です。"Kings Of Speed"は、若干定位が右に片寄る傾向があります。しかし、"Live In Italy"は"Mandrake Root"に若干カットがあったりするので、出来れば両方見つけて"King Of Speed"収録曲はそちらで聴いた方がいいでしょう。

演奏は言わずもがな、というか、この時期のDeep Purpleの典型的な演奏で、"Child In Time"では20分近く、"Mandrake Root"に至っては30分以上の演奏を繰り広げています。ここで聴けるだけでも1時間半以上の演奏を繰り広げていますが、おそらく"Wring That Neck"、"Paint It Black"といったところも演奏したでしょうから、この時期の破壊力は想像を絶するものがあります。現在の水準では音質に難がある音源が多いこの年ですが、なんとか決定版となるテープが出てきて欲しいものです。