UK BBC Transcription Service 130421 S : [Pop Spectacular]


ジャケット画像

英国BBC放送のラジオ番組、"The Sound Of The Seventies"のために、ロンドンはパリス・シアターで行われたコンサートを収録した放送用トランスクリプション・ディスク。レーベルに記されている"Expiry Date"は1976年7月31日になっているので、配布されたのはおそらく1975年くらいでしょうか。BBCの番組をレコードでネットに配布するようになったのがいつ頃なのか、調べていないのでわかりませんが、当初はテープで配布していたとも聞いていますので、当ディスクが放送当時にプレスされていなかった可能性は十分にあります。収録曲は以下のとおり。

Side A

  1. Highway Star
  2. Strange Kind Of Woman
  3. Smoke On The Water

Side B

  1. Never Before
  2. Maybe I’m A Leo
  3. Lazy
  4. Lucille

"Space Truckin’"はこの番組で放送するには長過ぎたので、別の日の番組で改めて放送されたようです。当ディスクと同内容で出回っていたアングラ盤には[Highway Star]があります。1990年代前半にリリースされていたライヴCDでも2、3種類出ていました。これらは当ディスクの盤起こし、もしくは実際に放送された番組のエア・チェックがソースでありましょう。ポイントは「いわゆる"In Concert"を収録したBBCのトランスクリプション・ディスクで、"Space Truckin’"が収録されたディスクは確認されていない(……つーか、自分が見たことないというだけの話ではありますが(^^;)」ということで、"Space Truckin’"が当時ディスクにカッティングされたとすれば、別番組のディスクが存在するか、ネットに配布されないローカル番組としてテープの段階で葬られたか、どちらかではないかと推定しています。

"Space Truckin’"がディスクとして日の目を見たのは1980年にリリースされた[In Concert]が最初ではないかと思います。この時、1972年の録音に関しては、奇跡的に残っていた8トラック・テープからリミックスされた音源がカッティングされていました。そのため、1970年代に放送されていたラジオ放送で聴かれていたと思われるミックスを確認出来る一番確かな素材は当トランスクリプション・ディスクとなります。聴き較べると、こちらはリッチーのギターの音がなんとも心地良い感じに入っており、低域がかなりすっきりとしていた[In Concert]よりも若干迫力があって、全体のドライヴ感が増しています。当ディスクから盤起こししたという触れ込みのライヴCDもかつて出回りましたが、あっちには何故か"Space Truckin’"が入っており、音源の出所が非常に、非常に、非常に気になるところです(笑)

ジャケット画像