08-30 [Matching Head]


ジャケット画像

Tarantura TCDDP 09
New York 30 August 1972

  1. Highway Star
  2. Smoke On The Water
  3. Strange Kind Of Woman
  4. The Mule
  5. Ian Paice Drum Solo
  6. The Mule (Reprise)
  7. Jon Lord Keyboard Solo
  8. Lazy
  9. Space Truckin’
  10. Jon Lord Keyboard Solo
  11. Ritchie Blackmore Guitar Solo
  12. Space Truckin’ (Reprise)
  13. Speed King

ライヴCD黎明期に[Bronx 1972]というタイトルで初登場し、近年では[The Bronx]として知られることが多い、1972年の初来日直後に行われたアメリカ・ツアーからの音源。当アルバムの日付クレジットは8月31日となっていますが、当音源の日付に関してはいまだに8月30日か8月31日か決めかねているところです。

当アルバムのポイントは、従来登場してきた2タイトルで使用されていたテープとは別ソースとなるテープを使用しているところ。おそらくプレスCDでは初登場です(CD-Rで登場していたかもしれませんが自分は未確認です)。[Live Cassette Analysis]で紹介されているこの日のテープはおそらく当アルバムで使用されているソースの方ではないかと思います。

従来プレスCDで知られていたソースは"Lucille"が一番最後に収録されていて、録音もややオフ気味でした。それでもバランスは良好でオーディエンスノイズもそれほど目立たないことから初登場時にはライン収録と喧伝されていました。今回使用されているソースはやや歪みが多いものの各楽器の音が非常に近く録られており、やはりバランスも良好です。どちらのソースが優れているかというのは難しい選択で、ここはひとつ聴き比べていただきたいと思う次第。