01-17 [Mary Lose Gear In Fire]


ジャケット画像
GYPSY EYE 042/43
Hamburg 17. January 1973
Disc 2-3 : Boblingen 16 February 1972
Disc 1

  1. Highway Star
  2. Smoke On The Water
  3. Strange Kind Of Woman
  4. Mary Long
  5. Lazy Incl. Drum Solo – The Mule

Disc 2

  1. Space Truckin’
  2. Black Night
  3. No No No

こちらはドイツツアー2日目、ハンブルグ公演と言われている音源です。この時期のオーディエンスにしては、なかなかいいバランスで録音されています。ただ、ヒスノイズが若干目立ちます。この時期でアンコールまで収録されている音源は少なく、その点はポイントです。"Hamburg 1.17.73"よりもあとになってリリースされたもので、よりマスターに近い世代のテープを使用しているらしく、"Hamburg 1.17.73"でカットされていた部分が復活していたり、音質自体も向上していたりと、これからこの音源を聴く方にはこちらのほうがお薦めです。このライヴCDに限らず、「 Deep Purple大全」シリーズの音源は他にリリースされているCDやCD-Rがあれば、音質、盤質ともに(CD-Rは盤質云々という話は出来ませんが)、明らかに「大全」よりもいいものばかりなので、そちらをお薦めします。

演奏の方は、「テンションが落ちた"Made In Japan"」という感じの、この頃の典型的な雰囲気です。リッチーのギターの音は、この頃が一番好きな音なのですが、こう演奏がダルだと、それもあまり楽しめません。

このツアーでの新曲である、"Mary Long"は、ニューアルバムからの唯一の曲です。なんでこの曲なのか、という疑問はありますが、日本公演以外のツアーでは、"Child In Time"の代りにレギュラーで演奏されていました。この日は、リッチーのギターがイントロで調子が悪くなり、しばらくギターなしで演奏が続きます。

ボーナスとして収録されている"No No No"は、「Deep Purple大全」シリーズの"Stuttgart 2.16/17.72"に収録されていたテイクと同一です。この"Stuttgart 2.16/17.72"は、途中になぜか1970年の音源が入ってきたり、クレジットじたいもかなりアヤシいものでしたが、今回のデータを信用するならば、この日のテープはボブリンゲンで行なわれたステージを収録したもの、ということになります。この後、ボブリンゲンのテープのみで構成されたCD"Really Hate The Another Life"がリリースされました。1972年の項を参照してください。