02-19 [Hubz And Gyaldem]


ジャケット画像

Tarantura TCDDP 22
1-4 : London 4 October 1971
5-12 : Dagenham 19 February 1972

  1. Introduction
  2. Keyboard Solo
  3. Lazy
  4. Fireball
  5. Opening
  6. Highway Star
  7. Strange Kind Of Woman
  8. No No No
  9. Child In Time
  10. The Mule
  11. Drum Solo
  12. The Mule (Reprise)

2016年になって出回るようになってきたDeep Purpleの1971年、1972年の高音質オーディエンス音源をカップリングしたアイテム。[Dagenham Roundhouse 1972]と同様のソースを使用しています。タイトルの[Hubz And Gyaldem]はスラングのようですが正確な意味合いはわかりません。バンドに群がる女の子たち、みたいな雰囲気かもしれませんが、わかりません(汗

[Dagenham Roundhouse 1972]では1972年の音源を先にカッティングしていましたが、こちらは1971年のロイヤル・アルバート・ホールでのライヴ2曲を先に収録しています。マスタリングが異なっていますが、どちらの音をリアルと捉えるかは聞き手次第のような気がします。当盤の方がより手を加えた音のようにも聴こえますが、実際そうなのかどうかはわかりません。

後半に収録されている1972年のラウンドハウスでのステージも[Dagenham Roundhouse 1972]同様素晴らしい音質で聴くことが出来ます。当盤はどちらかというと左右のバランスに気を使っているようにも思いますが、やや高域を強調したと思えるEQが好みに合うかはやはり聞き手次第。

いずれにしても、現時点でプレスCDとして出回っている2作品、どちらを選んでもハズレはないと思っていいです。クロノジカルな編集が好みであれば当盤を選択するのがいいかもです。