07-14 [Made In Florida]


ジャケット画像

Darker Than Blue [226]
Florida 14 July 1972

  1. Highway Star
  2. Smoke On The Water
  3. Strange Kind Of Woman
  4. The Mule
  5. Lazy
  6. Space Truckin’

1972年の夏に行われたアメリカ・ツアー、第3レグとされる時期にフロリダはウエスト・パーム・ビーチで行われたステージを収録したとされるオーディエンス音源をソースとしたプレスCD。二十数年前(改めてショックを受ける事実である)にパープル大全(懐かしい名前である)の第1弾リリースとなった[Chicago 7.20.71]の後半部で一部がCD化されて以来、プレスCDでの登場はありませんでしたが近年再び出回るようになり、久々のプレスCDでの登場となりました。今回は[Live Cassette Analysis]に掲載されているとおりの曲数、曲順で収録されたテープがソースとなっているようです。

[Chicago 7.20.71]で聴けた混沌とした音場、音像がどうなっているのか、興味津々で聴いてみたところ……大して変わっちゃいない(笑)あそこに書いた通りのバランスでともかくリッチーのギター「だけ」がはっきりと聴こえ、あとのメンバーの音はひとかたまりというか、ギランはエコーの消える間際にまで追いやられ、ドラムはエコー音の方が大きく聴こえたりしてグルーブなんてもんは何の話ですか的なリズム隊、オルガンが全体を包み込んでいるけれどリッチーだけ嫌がって外に出てるみたいな感じの音です(わかってくれよなwww)

曲数的には当盤の方が完全に近いものなのでこちらを決定版とするにやぶさかではないのですが、音の歪み具合は[Chicago 7.20.71]の方が耳に優しい感じもあり、音質の好みで言えば個人的には[Chicago 7.20.71]の音で全曲聴きたいところです。たぶん両者ではマスターとした音源の世代が異なるのでしょうが、ここまでカオスな音源にこれ以上のクオリティを求めてもなぁ、という気もするので、アップグレード盤は当分いりませんね、はい(笑)