08-24 [Kyoto 1981]


ジャケット画像

Black Box [013]
Kyoto 24 August 1981

Disc 1

  1. Land Of Hope And Glory
  2. Over The Rainbow
  3. Spotlight Kid
  4. Love’s No Friend
  5. I Surrender
  6. Lazy Intro.
  7. Man On The Silver Mountain
  8. Catch The Rainbow
  9. Can’t Happen Here

Disc 2

  1. Keyboard Solo
  2. Lost In Hollywood
  3. Guitar Solo
  4. Diffucult To Cure
  5. Jam
  6. Drum Solo
  7. Long Live Rock’n’Roll
  8. All Night Long
  9. Maybe Next Time
  10. Over The Rainbow

1981年、[Difficult To Cure]アルバムのプロモーションとして行われた日本公演から、8月24日に行われた京都でのステージを収録したとされるオーディエンス音源をソースとした2枚組プレスCD。1981年の京都公演がプレス盤として登場するのは初めての機会となります。

1976年から1984年までの間に行われていたRainbowの来日公演は多数にのぼりますが、現在までの数十年間でその公演内容のかなりの部分が明らかになってきています。しかし、それでもまだ全てとはいかないわけで、満足なプレス盤が現れたことのない公演が1978年、1981年、1982年に幾つか存在します。それに加え、1981年と1982年はなかなか上質な音源に恵まれない年でもあり、一層の充実を望みたい部分なわけですが、このディスクはその穴を埋めるようにリリースされました。かなり以前に[京都の夜]と名付けられたCD-Rが登場したことがありましたが、そちらは所有していないので聴き比べみたいなことは出来ませんが、何はともあれ当音源を聴いてみますのだ。

濁りの感じられない良質なソース、ところどころでピークでの歪みをやや感じますが聴きづらくはないテープが使用されています。ホール・トーンはほとんどありません。オーディエンス・ノイズはそれなりにありますが、至近距離からのものはほとんどなく、邪魔に感じる場面は少ないと思います。バランスはやはりこの録音でもリズム隊の低域にやや不満があります。どうもこのツアーではどこの会場でもPAはリッチーとジョーをメインに音決めをしていったような印象を持ちます。

演奏内容は素晴らしいと思います。観客のノリもいいのですが、このコンサートをご覧になった方のお話を以前伺った時には観客がステージに押し寄せてきたため、演奏を早めに切り上げてしまったとのことでした。事実、アンコールに応えたのは一回だけで、"Smoke On The Water"も披露せず、"Maybe Next Time"が流れている最中に会場側の強引なアナウンスでコンサート終了を告げています。翌年の京都では"Fire"をプレイしているのは前年のことを覚えてでもいたのかどーか……