08-24 [Live In Kyoto 1981]


ジャケット画像

Shakuntala SICD 099/100
Kyoto 24 August 1981

Disc 1

  1. Land Of Hope And Glory
  2. Over The Rainbow
  3. Spotlight Kid
  4. Love’s No Friend
  5. I Surrender
  6. Man On The Silver Mountain
  7. Catch The Rainbow
  8. Can’t Happen Here

Disc 2

  1. Don Airey Keyboard Solo
  2. Lost In Hollywood
  3. Ritchie Blackmore Guitar Solo
  4. Difficult To Cure
  5. Bob Rondineli Drum Solo
  6. Long Live Rock’n’Roll
  7. All Night Long
  8. Outroduction

[Kyoto 1981]の後を追うようにしてリリースされた、同じく1981年8月24日の京都公演を収録したとされるオーディエンス音源をソースとした2枚組プレスCD。時期を同じくして同じ音源を使用した複数のディスクが登場したところをみるとこの音源も近年になって新たに表に出てきたものかもしれません。ジャケットのテイストが従来のレーベルとは一線を画す印象があり、こちらで食指が動く方もおられるのではないかと思います。

録音やフィルム撮影、ビデオでの録画など、アーティストや主催者が「やらないでください」とお願いしていたとしても、個人的に記録を残したい人はいつの時代でもおられるわけで、そのおかげで現在でもこーいうブツを通して当時の状況をより詳しく知ることが可能なわけですが、そういう人が自分の残したものをすぐに人に見せたり聴かせたりしたいものなのか、というと一概にそうでもなかったりするわけで、記録してからトレードにも出さず人にも披露せず何十年と持ってる人の方が実は多いのかもしれないと思います。事実、私も「昔、記録として残したものでこれまで人には披露してこなかったが、自分のこれからの人生を考えると、受け継いでいってくれる人がいると嬉しい」みたいな申し出を受ける機会もたまにあったりします。なので、この京都の音源もそういった人が誰かに託したものなのかもしれません。

前述のように、使用されている音源は[Kyoto 1981]と同じものです。テープの世代もさほど差はないと思われます。マスタリングに関してはやはりレーベルのポリシーが両者とも出ていて、[Kyoto 1981]をリリースしたレーベルの系列はオーディエンス音源はサウンドボードの感触に近づけるという前提がまずあって、そのためにどういう作業を施していくか、みたいな姿勢を感じるのに対し、こちらのレーベルは素材の音場、音像を保ちつつ音にエネルギーを与えようとしているのではないかなぁ、と思っています。この京都音源もそんな両者の姿勢をしっかりと感じ取れる仕上がりとなっているので、聴き比べてみるのも面白いかと思います。


08-24 [Kyoto 1981]


ジャケット画像

Black Box [013]
Kyoto 24 August 1981

Disc 1

  1. Land Of Hope And Glory
  2. Over The Rainbow
  3. Spotlight Kid
  4. Love’s No Friend
  5. I Surrender
  6. Lazy Intro.
  7. Man On The Silver Mountain
  8. Catch The Rainbow
  9. Can’t Happen Here

Disc 2

  1. Keyboard Solo
  2. Lost In Hollywood
  3. Guitar Solo
  4. Diffucult To Cure
  5. Jam
  6. Drum Solo
  7. Long Live Rock’n’Roll
  8. All Night Long
  9. Maybe Next Time
  10. Over The Rainbow

1981年、[Difficult To Cure]アルバムのプロモーションとして行われた日本公演から、8月24日に行われた京都でのステージを収録したとされるオーディエンス音源をソースとした2枚組プレスCD。1981年の京都公演がプレス盤として登場するのは初めての機会となります。

1976年から1984年までの間に行われていたRainbowの来日公演は多数にのぼりますが、現在までの数十年間でその公演内容のかなりの部分が明らかになってきています。しかし、それでもまだ全てとはいかないわけで、満足なプレス盤が現れたことのない公演が1978年、1981年、1982年に幾つか存在します。それに加え、1981年と1982年はなかなか上質な音源に恵まれない年でもあり、一層の充実を望みたい部分なわけですが、このディスクはその穴を埋めるようにリリースされました。かなり以前に[京都の夜]と名付けられたCD-Rが登場したことがありましたが、そちらは所有していないので聴き比べみたいなことは出来ませんが、何はともあれ当音源を聴いてみますのだ。

濁りの感じられない良質なソース、ところどころでピークでの歪みをやや感じますが聴きづらくはないテープが使用されています。ホール・トーンはほとんどありません。オーディエンス・ノイズはそれなりにありますが、至近距離からのものはほとんどなく、邪魔に感じる場面は少ないと思います。バランスはやはりこの録音でもリズム隊の低域にやや不満があります。どうもこのツアーではどこの会場でもPAはリッチーとジョーをメインに音決めをしていったような印象を持ちます。

演奏内容は素晴らしいと思います。観客のノリもいいのですが、このコンサートをご覧になった方のお話を以前伺った時には観客がステージに押し寄せてきたため、演奏を早めに切り上げてしまったとのことでした。事実、アンコールに応えたのは一回だけで、"Smoke On The Water"も披露せず、"Maybe Next Time"が流れている最中に会場側の強引なアナウンスでコンサート終了を告げています。翌年の京都では"Fire"をプレイしているのは前年のことを覚えてでもいたのかどーか……


08-26 [Definitive Budokan 1981 1st Night]


ジャケット画像

Black Box [011]
Tokyo 26 August 1981

Disc 1

  1. Land Of Hope And Glory
  2. Over The Rainbow
  3. Spotlight Kid
  4. Love’s No Friend
  5. I Surrender
  6. Lazy Intro.
  7. Man On The Silver Mountain
  8. Catch The Rainbow
  9. Can’t Happen Here

Disc 2

  1. Keyboard Solo
  2. Lost In Hollywood
  3. Guitar Solo
  4. A Light In The Black
  5. Difficult To Cure
  6. Jam
  7. Drum Solo
  8. Long Live Rock’n’Roll
  9. All Night Long
  10. Smoke On The Water
  11. Maybe Next Time
  12. Since You Been Gone
  13. Blues
  14. Over The Rainbow

1981年8月、[Difficult To Cure]アルバムのプロモーションとして行われた日本公演、武道館初日となる8月26日のステージを収録したとされるオーディエンス音源をソースとした2枚組プレスCD。従来登場していた[Nowhere To Hide][Spotlight Night]とは異なる音源を使用しており、かつてリリースされていたアナログ盤、[A Paris 1981]のアンコール部分で使用されていたテープの全長版という触れ込みです。90年代以降のリッチーを追うレーベルと勝手に期待していた[Black Box]からのリリースとなりました。[Black Box]よ、お前も先達と同じ道を歩むわけなのだね(悲)

[Nowhere To Hide]や[Spotlight Night]よりもとっつきやすい音場、音像で聴ける音源で、濁りのほとんど感じられないマスター・グレードのテープ。告知文によればアナログ盤[A Paris 1981]をリリースした某店が使用していたテープということらしいですが(以下略

バランスは良好ではありますが、リズム隊の音像がもう少し安定していればなぁ、という歯がゆさは感じます。これは当日のPAの傾向がそうだったのでどの録音を聴いても多かれ少なかれ感じるものなのですが、これだけ聴きやすいディスクであるからこそ余計に感じてしまうという困った問題でありますな。

年々変化していくリッチーのギター・トーンの中でも、クォーターパウンドのPUを使い始めてからの時期では一番私の好きなトーンが聴ける81年ですが、ここでも好みのトーンで鳴っていてくれて嬉しい限り。アナログ盤で聴けたアンコールもオーディエンス・ノイズが懐かしく、現時点におけるこのステージの音源では、選択肢の第一に置いても良いと思います。


07-08 [Rainbow Theatre 1981]


ジャケット画像

Darker Than Blue [209/10]
London 8 July 1980

Disc 1

  1. The Land Of Hope And Glory
  2. Over The Rainbow
  3. Spotlight Kid
  4. Love’s No Friend
  5. I Surrender
  6. Man On The Silver Mountain
  7. Catch The Rainbow

Disc 2

  1. Can’t Happe Here
  2. Keyboard Solo
  3. Lost In Hollywood
  4. Guitar Solo
  5. Difficult To Cure
  6. Drums Solo
  7. Long Live Rock’n’Roll
  8. Rule Britania
  9. All Night Long
  10. Lazy
  11. Since You Been Gone
  12. Smoke On The Water
  13. Maybe Next Time
  14. Over The Rainbow

[Difficult To Cure]アルバムのプロモーションとして行われた1981年のヨーロッパ・ツアーの後半となるイギリス・ツアー初日となる7月8日ロンドン、レインボー・シアター公演のステージを収録したとされるオーディエンス音源をソースとした2枚組プレスCD。アナログ盤[London Rainbow Theatre July 8 1981]で初めて音盤化された後、盤起こしでCD化されてはいましたが、テープソースからのプレスCD化は今回が初めてとなります。そして、今回のポイントは[London Rainbow Theatre July 8 1981]として初登場した時に使用されていたカセットをマスターとしたということらしく、パッケージにもそのカセットらしき写真がレイアウトされています。

[London Rainbow Theatre July 8 1981]よりも広がりを感じる音場が聴け、もともと悪くなかったバランスとも相まって聴きやすい音像となっています。初日ならではの展開となっているステージは一聴の価値のあるもの。今までまともなプレスCDが存在していなかった日付なので、機会があれば聴いておいていいディスクと言えるでしょう。


07-27 [Hammersmith 1981 2nd Night]


ジャケット画像

Darker Than Blue [207/08]
London 27 July 1981

Disc 1

  1. The Land Of Hope And Glory
  2. Over The Rainbow
  3. Spotlight Kid
  4. Love’s No Friend
  5. I Surrender
  6. Man On The Silver Mountain
  7. Catch The Rainbow

Disc 2

  1. Can’t Happen Here
  2. Keyboard Solo
  3. Lost In Hollywood
  4. Guitar Solo
  5. Difficult To Cure
  6. Drums Solo
  7. Long Live Rock’n’Roll
  8. Lazy
  9. All Night Long
  10. Rule Britania
  11. Fire
  12. Maybe Next Time
  13. Since You Been Gone
  14. Kill The King
  15. Long Live Rock’n’Roll
  16. Over The Rainbow

[Difficult To Cure]アルバムのプロモーションとして行われた1981年のヨーロッパ・ツアー、終盤のロンドン、ハマースミス公演の二日目となる7月27日のステージを収録したとされるオーディエンス音源をソースとした2枚組プレスCD。アナログ盤[Can’t Happen Here]で初めて音盤化された後、盤起こしでCD化されてはいましたが、サウンドボード音源を使用した[Fire][Outrage]といったアイテムが登場するようになり、オーディエンス音源のテープソースからのプレスCD化は今回が初めてとなります。そして、今回のポイントは[Can’t Happen Here]として初登場した時に使用されていたカセットをマスターとしたということらしく、パッケージにもそのカセットらしき写真がレイアウトされています。

[Can’t Happen Here]では耳障りに感じられた会場のエコーもこのディスクではそのようなことはなく、ヴォーカル中心のバランスに変わりはないものの、アナログ盤よりも聴きやすい音像となっています。この日はロンドンでの最終日ということもありマスコミの注目度も高く、そんな中での機材トラブルなどの悪条件が重なり、演奏の出来としては必ずしも良いものではないですが、そのような状況ならではの気迫みたいなものが感じられるライヴとなっています。なので聴き手の状況次第で聴くたびにキツかったり感心したり印象がコロコロと変わる音源。オーディエンス音源でようやくまともなリリースとなったので、これを機に聴いてみられるのもいいかと思います。


07-26 [Hammersmith 1981 1st Night]


ジャケット画像

Darker Than Blue [205/06]
London 26 July 1981

Disc 1

  1. Over The Rainbow
  2. Spotlight Kid
  3. Love’s No Friend
  4. I Surrender
  5. Man On The Silver Mountain
  6. Catch The Rainbow

Disc 2

  1. Can’t Happen Here
  2. Keyboard Solo
  3. Lost In Hollywood
  4. Guitar Solo Incl. A Light In The Black
  5. Difficult To Cure
  6. Drum Solo
  7. Long Live Rock’n’Roll
  8. Maybe Next Time
  9. All Night Long
  10. Woman From Tokyo – Rule Britannia
  11. Since You Been Gone
  12. Fire
  13. Over The Rainbow

[Difficult To Cure]アルバムのプロモーションとして行われた1981年のヨーロッパ・ツアー、終盤のロンドン、ハマースミス公演の初日となる7月26日のステージを収録したとされるオーディエンス音源をソースとした2枚組プレスCD。アナログ盤[A Paris 1981]で初めて音盤化された後、[Difficult To Reappear]というタイトルでプレスCDが出回って以来、久々の登場となります。今回のポイントは[A Paris 1981]として初登場した時に使用されていたカセットをマスターとしたということらしく、パッケージにもそのカセットらしき写真がレイアウトされています。

[Difficult To Reappear]と比較するとよりリアルな音像となっており、高域がやや丸まっていた[Difficult To Reappear]よりも聴きやすい仕上がりとなっているように思います。このツアーでの録音物のポイントの一つはドンのキーボードのカラフルな音色がどれだけ捉えられているかという点にあると思いますが、このポイントから見るとロッテルダム音源に迫るものになってきたと言ってもいいかもしれません。[Difficult To Reappear]をお持ちの方も一聴の価値はあるディスクとなっていると思います。この音質で"Rule Britannia"から"Fire"に至る一連の流れを聴けるのが、個人的に一番の収穫です。


05-07 [Definitive Boston 1981]


ジャケット画像

Darker Than Blue [203/04]
Boston 7 May 1981

Disc 1

  1. Over The Rainbow
  2. Spotlight Kid
  3. Love’s No Friend
  4. I Surrender
  5. Man On The Silver Mountain
  6. Catch The Rainbow

Disc 2

  1. Can’t Happen Here
  2. Keyboard Solo
  3. Lost In Hollywood
  4. Guitar Solo Incl. A Light In The Black
  5. Difficult To Cure
  6. Drum Solo
  7. Long Live Rock ‘n’ Roll
  8. Lazy – Woman From Tokyo – Smoke On The Water

1981年5月、アメリカ・ツアー終盤となるボストンでのステージを収録したサウンドボード音源をソースとした2枚組プレスCD。基本的には[Ultimate Surrender]の出し直しとなります。全体的な印象は[Ultimate Surrender]の記事を参照してください。