EU Not Now NOT3CD 098 : [Joe Meek / Telstar – Anthology]


ジャケット画像 ジャケット画像

Disc 1

  1. Telstar – The Tornados
  2. It’s Just A Matter Of Time – Mike Berry
  3. Can Can 62 – Peter Jay & The Jaywalkers
  4. Sioux Serenade – The Outlaws
  5. Lonely Week-End – Ray Dexter
  6. My Little Girl’s Come Home – Geoff Goddard
  7. Stage To Cimarron – The Fleerekkers
  8. Poor Joe – Cliff Bennett & The Rebel Rousers
  9. You Gave Me The Blues – Alan Klein
  10. North Wind – Houston Wells
  11. Always On Saturday – Andy Cavell
  12. Mr Lovebug – Iain Gregory
  13. Jungle Fever – The Tornados
  14. Lone Rider – John Leyton
  15. It Matters Not – Mark Douglas
  16. Black Buffalo – The Fleerekkers
  17. The Hermit Of Misty Mountain – Don Charles
  18. Honey ‘Cause I Love You – Michael Cox
  19. Hatashiai – The Moontrekkers
  20. Every Little Kiss – Mike Berry
  21. The Road To Love – Neil Christian & The Crusaders
  22. Fort Knox – The Outlaws
  23. Three Coins In The Sewer – Alan Klein
  24. Dear One – Tony Vicror
  25. Poppin’ Part 1 – The Chaps (The Outlaws)

Disc 2

  1. Magic Star – Kenny Hollywood
  2. Ku-Pow – The Outlaws
  3. Hey There Senorita – Andy Cavell
  4. Hurtin’ Inside (Twist) – Cliff Bennett & The Rebel Rousers
  5. Love And Fury – The Tornados
  6. Guess That’s The Way It Goes – Don Charles
  7. How Many Times – Mike Berry & The Outlaws
  8. Sunburst – The Flee-Rekkers
  9. Try Once More – Geoff Goddard
  10. Heart Of Stone – John Leyton
  11. Striped Purple Shirt – Alan Klein
  12. Upside Down – Mark Douglas
  13. There’s Something At The Bottom Of The Well – The Moontrekkers
  14. Stand Up – Michael Cox
  15. Crazy Man Crazy – Don Charles
  16. Twistin’ The Chestnuts – The Fleerekkers
  17. Little Sue – The Dowlands & The Soundtracks
  18. Big Beat Drum – Neil Christian & The Crusaders
  19. Loneliness – Mike Berry & The Outlaws
  20. Danger Ahead – Alan Klein
  21. Dreaming On A Cloud – The Tornados
  22. Big Feet – Stonehenge Men
  23. Cha Cha On The Moon – Pat Reader
  24. There Was A Time – Tony Victor
  25. Poppin’ Part 2 – The Chaps (The Outlaws)

Disc 3

  1. Johnny Remember Me – John Leyton
  2. Tribute To Buddy Holly – Mike Berry
  3. Orbit Around The Moon – The Blue Men
  4. Two Timing Baby – Carter-Lewis & The Southeners
  5. Good Golly Miss Molly – Screaming Lord Sutch
  6. Dream Of The West – The Outlaws
  7. I’m In Love With You – Cliff Bennett & The Rebel Rousers
  8. Green Jeans – The Fabulous Flee-Rakkers
  9. Girl Bride – Geoff Goddard
  10. Tell Laura I Love Her – John Leyton
  11. Night Of The Vampire – The Moontrekkers
  12. Angela Jones – Michael Cox
  13. Just Too Late – Peter Jay & The Blue Men
  14. Entry Of The Globbotts – The Blue Men
  15. My Baby Doll – Mike Berry & The Outlaws
  16. Ducks Away From My Fishin – Chris And The Students
  17. Valley Of The Saroos – The Blue Men
  18. Can’t You Hear My Heart – Danny Rivers
  19. You’ve Got What I Like – Cliff Bennett & The Rebel Rousers
  20. Valley Of The Sioux – The Outlaws
  21. Don’t Want To Know – Michael Cox
  22. Blue Tango – The Flee-Rekkers
  23. Will It Happen To Me – Carter, Lewis & The Southerners
  24. Magnetic Field – The Blue Men
  25. Don’t Tell Me Not To Love You – Yolanda

2013年5月にリリースされたジョー・ミークの3枚組アンソロジー。Heinzを本格デビューさせる1963年以前の音源でまとめられています。そのため、リッチーが参加したナンバーはほとんどないのでスルーしちゃっても別にかまわないのですが、The Chapsが気になる方には、シングルの両面が聴けるCDとして便利かもしれません。

リッチー参加曲にこだわらなければいろいろと興味深いナンバーがてんこ盛りなので、ジョー・ミークに興味を持った方には現時点でおすすめの3枚組です。


USA Castle [02182362762] : [Joe Meek / Vampires, Cowboys, Spacemen and Spocks]


ジャケット画像 ジャケット画像

Disc 1

  1. Night of the Vampire
  2. Ridin’ the Wind (UK Version)
  3. Theme from the Traitors
  4. The Spook Walks
  5. Green Jeans
  6. Surfin’ John Brown
  7. Oo La La
  8. Moon Rocket
  9. Dance Legless, Russian
  10. Husky Team
  11. Swingin’ Low
  12. Life on Venus (German Version)
  13. Taboo
  14. Cry My Heart
  15. March of the Spacemen
  16. Hatashiai (Japanese Sword Fight)
  17. Jackson’s Jump
  18. Just for Chicks
  19. Union Pacific
  20. Keep Moving
  21. Robot
  22. The Monster
  23. Pinto
  24. Valley of the Sioux
  25. Saxon War Cry
  26. Exodus (Undubbed Version)
  27. Yashmak
  28. Can Can 62
  29. The Kennedy March – Joe Meek Orchestra
  30. Jungle Fever (Stereo Version)

Disc 2

  1. Telstar (Stereo Version)
  2. Sunday Date
  3. Totem Pole
  4. Ambush
  5. Lost Planet
  6. Besame Mucho
  7. Tom Tom Cat
  8. Globetrotter
  9. Dodge City
  10. Lass of Richmond Hill
  11. Big Breaker
  12. West Point
  13. Wipe Out
  14. Order of the Keys
  15. Reindeer Ride
  16. The Theme of Freedom – Joe Meek Orchestra
  17. Big Feet
  18. Dragonfly
  19. There’s Something at the Bottom of the Well
  20. Poet & Peasant
  21. Last Stage West
  22. The Spy
  23. The Ice Cream Man
  24. Evening in Paris
  25. Kickin’ Around
  26. Midnight in Luxembourg
  27. Christmas Stocking
  28. Shenandoah
  29. The Phantom Hussar
  30. Return of the Vampire (The Bogey Man)

2007年にリリースされた、ジョー・ミークのコンピレーション。この年はジョー・ミークの伝記ミュージカルや映画のおかげで、音楽にも注目が集まったのか、こうしたコンピレーションが何種類か続けてリリースされました。当アルバムは、ジョー・ミークの作品の中でも、特にインストルメンタルに焦点を当てた2枚組で、Telstarやリッチー参加前のThe Outlawsなどなど、多数のアーティストのナンバーを聴くことが出来ます。モノラル・テイクが一般的な"Telstar"のステレオ・ミックスなどという、珍しいヴァージョンも収録され、ボリュームたっぷりなCDとなっています。

リッチーの関わったとされるナンバーはJoe Meek Orchestra名義でリリースされたシングルのA面、B面のみではありますが、B面曲の"The Theme of Freedom"はなかなかCDに収録される機会がないナンバーなので、見逃せません。見逃せませんが……リッチーのギターを期待して、それだけのために当アルバムを入手すると、たぶん空しさが襲ってくると思います(笑)。ここは、ジョー・ミークのサウンド・マジックを歌モノのレコードを聴くときよりも堪能出来るインストルメンタルをたっぷりと楽しむつもりで聴いてみてください。


USA Castle [02182362772] : [Joe Meek / Freak Beat – You’re Holding Me Down]


ジャケット画像 ジャケット画像

  1. You’re Holding Me Down – The Buzz
  2. Come On Back – Paul & Ritchie & The Cryin’ Shames
  3. Baby I Go For You – The Blue Rondos
  4. Crawdaddy Simone – The Syndicats
  5. She Comforts My Sorrow – The Bystanders
  6. Love Gone Again – The Birds Of Prey
  7. Little Baby – The Blue Rondos
  8. I Love To See You Strut – David John & The Mood
  9. What’cha Gonna Do Baby – Jason Eddie & The Centreman
  10. It Ain’t Right – The Saxons
  11. Let Me In – The Cryin’ Shames
  12. I Take It That We’re Through – The Riot Squad
  13. Diggin’ For Gold – David John & The Mood
  14. Summer Without Sun – The Charles Kigslley Creation
  15. Walking On Ice – The Riot Squad
  16. Big Fat Spider – Heinz & Wild Boys
  17. Come On Baby – Jason Eddie & The Sentremen
  18. What’s News, Pussycat – The Cryin’ Shames
  19. What Can I Do – The Blue Rondos
  20. City Lights – The BIrds Of Prey
  21. No More You And Me – Tornados ’66
  22. Too Far Out – The Impac
  23. Shake With Me – THe Puppets
  24. Leave My Kitten Alone – The Syndicats
  25. Bluebirds Over The Mountain – Shade Joey & The Night Owls
  26. Bring It To Jerome – David John & The Mood
  27. I Gotta Buss – The Buzz
  28. I Don’t Love Her No More – The Hotrods
  29. I’m Not A Bad Guy – Heinz & The Wild Boys
  30. Singing The Blues – Jason Eddie & The Centremen

2007年にリリースされたジョー・ミークのコンピレーション。彼のコンピレーションはそれぞれ特色がありますが、当アルバムは、ジャケットやタイトルから想像がつくように、ジョーのプロデュース作品の中でもサイケデリックの香りが強いナンバーを集めています。結果的に彼が非業の死を遂げるまでの一年半の間に録音されたナンバーが多数を占めていて、この間の彼の心情等を想像すると、このようなサウンドに向かっていったのもわかるような気もしますし、一方で、斬新なサウンドを作り続けて来た彼が、サイケの波に飲み込まれようとしていたとも思え、なんとも聴き応えのある一枚に仕上がっています。

当サイト的には、リッチーの参加曲について述べなければなりませんが、とりあえず強調表示した曲目にリッチーが参加しているのはほぼ確実です。一番のポイントはThe Puppetsのナンバー、"Shake With Me"。このバックはリッチー在籍時のThe Outlawsが担当しており、このシングルをレコーディングしてからしばらく後、彼等自身のシングルとしてリリースしたのが、リッチー・ファンにはよく知られた[Keep A Knockin’ / Shake With Me]です。The Outlawsのヴァージョンは、The Puppetsのテイクよりもブっ壊れ具合が数段上となっており、「史上初のヘヴィ・ロック・レコード」と言われることがあるのは伊達じゃない、といったことが、このThe Puppetsのテイクを聴くことによって伺えたりします。

その他の曲は、リッチーが参加しているとされているナンバーではありません。Paul & Ritchieというアーティストがいますが、男性のヴォーカル・デュオで、リッチーが歌っているわけではありません(笑)。しかし、ギターのサウンドやフレーズを聴いていると、リッチーのプレイがはめ込まれていてもおかしくないようなナンバーも何曲かあります。サイケデリックなアプローチということで、ジョー・ミークお得意のテープ・マジックがいつも以上に駆使されているわけで、もしかしたらリッチーのプレイが他のナンバーでも入っているのかもしれません。


UK Decca DPA 3035/36 : [Joe Meek / The Joe Meek Story]


ジャケット画像

1977年4月にリリースされた2枚組。ジョー・ミークがデッカでリリースしていたアーティストのコンピレーションです。ジョー・ミークのコンピレーションはいくつか出ていますが、アナログ盤でリリースされたコンピレーションは種類が少なく、しかも原盤のシングルをリリースしたレーベルが編集した例はリアル・タイムで登場したオムニバス盤を除けば、おそらく当アルバムのみと思われます。"Who Told You?"は、まだCD化されていないはずですが、見落としがあるかもしれません。

ジャケット画像

Disc 1 Side A

  1. My Baby Doll
  2. Walk With Me My AngelGeoff Goddard
  3. Can Can 62
  4. There Was A Time
  5. Guess That’s The Way It Goes
  6. Telstar

Disc 1 Side B

  1. Dreamin’ On A Cloud
  2. Jack The Ripper
  3. Angel Of Love
  4. Christmas Stocking
  5. Who Told You? – Freddie Starr & Midnighters
  6. Keep Moving

ジャケット画像

DIsc 2 Side A

  1. All The Stars In The Sky
  2. Dreams Do Come TrueHeinz
  3. My Friend Bobby
  4. Monster In Black Tights
  5. Country BoyHeinz
  6. Totem Pole

Disc 2 Side B

  1. Life On Venus
  2. Just Like EddieHeinz
  3. In My Way
  4. Saxon Warcry
  5. Wishing Well
  6. Please Stay

ジャケット画像


EU Universal [5319850] : [Joe Meek / Telstar – The Story Of Joe Meek]


ジャケット画像 ジャケット画像

  1. The Traitors
  2. Johnny Remember Me
  3. Telstar
  4. Play It Cool
  5. Isle Of Capri
  6. Don’t You Just Know It
  7. Jack The Ripper
  8. Dreams Do Come TrueHeinz
  9. Swingin’ Law
  10. Little Baby
  11. Be Bop A Lula
  12. Been Invited To A PartyHeinz
  13. Temptation BabyGene Vinvent & The Outlaws
  14. Just Like EddieHeinz
  15. Three Coins In The Sewer
  16. The Bee Song
  17. Have I The Right
  18. Night Of The Vampire
  19. Diggin’ My PotatoesHeinz
  20. Please Stay
  21. Crawdaddy Simone

映画"Telstar"のサウンド・トラック。ほぼ、映画で使用されている順番で収録されています。再録音ではなく、当時の音源をそのまま使用しています。ストーリー上、Heinzのナンバーが多くなっています。


EU Castle CMQDD 1457 : [Joe Meek / They Were Wrong]


ジャケット画像 ジャケット画像

Disc 1

  1. Voodoo Woman
  2. They Were WrongChad Carson
  3. Come On Let’s GoHeinz
  4. Teenage Love
  5. Hey There Senorita
  6. Big Big Fella
  7. Just Too Late
  8. Tomorrow I’ll Be Gone
  9. It Matters Not
  10. Since You Went Away
  11. Muscles
  12. Guess That’s The Way It Goes
  13. The Big Beat Drum
  14. Andy
  15. Heart Of A Teenage Girl
  16. Just Keep On Dreaming – Freddie Starr & Midnighters
  17. Value For Love
  18. Fast Cars And Money
  19. Break Ups
  20. Lips Were Redder On You
  21. Daybreak
  22. There’s Something I Got To Say
  23. Ducks Away From My Fishin’
  24. Hurt Me
  25. So Nice To Walk You Home
  26. Magic Star
  27. The Song Of The Pine Tree
  28. Because
  29. Baby Blue – Freddie Starr & Midnighters
  30. Don’t You UnderstandDave Adams
  31. Long Tall Jack

Disc 2

  1. Thunder & Lightning
  2. A Fool in LoveChad Carson
  3. In My Way
  4. Temptation BabyGene Vinvent & The Outlaws
  5. Lucky Star
  6. The Road To Love
  7. The Wonderful Story Of Love
  8. Boy Meets Girl
  9. Come Back To Me
  10. Upside Down
  11. There Was A Time
  12. For All Time
  13. Always On A Saturday
  14. Mr. Lovebug
  15. Never Cry On Someone’s Shoulder – Freddie Starr & Midnighters
  16. Friendship
  17. Little Sue
  18. Tell You What I’ll Do
  19. Ridin’ The Rails
  20. Johnny, My Johnny
  21. The Other Side Of The Track
  22. If My Heart Were A Storybook
  23. The Night You Told A Lie
  24. Go On Then
  25. I Saw Pity
  26. I Learned To Yodel – Jimmy Lennon & The Atlantics
  27. Over The Hill
  28. September In The Rain
  29. You’ve Got To Have A Gimmick Today
  30. End Of The WorldHeinz
  31. I’ve Been Good To You

2007年の2月にリリースされたジョー・ミークのコンピレーション・アルバム。当アルバムでおそらく初CD化となったナンバーがいくつかあるのがポイントです。フレディ・スターとジミー・レノンの作品がそれで、フレディ・スターの奇行ぶりはブラック・ナイト – リッチー・ブラックモア伝でも知ることができます。あのリッチーが泣かされたっつってんだから、すごい人です(笑)


EU Castle PLSCD 769 : [Joe Meek / The Legendary Joe Meek]


ジャケット画像 ジャケット画像

  1. Johnny Remember Me
  2. Be Mine
  3. Don’t You Think It’s TimeMike Berry & The Outlaws
  4. Globetrotter
  5. Just Like EddieHeinz
  6. Please Stay
  7. Son This Is She
  8. Diggin’ My PotatoesHeinz
  9. Ridin’ The Wind
  10. Tribute To Buddy Holly
  11. Jack The Ripper
  12. What Do You Want To Make Those Eyes At Me For?
  13. Wild Wind
  14. Questions I Can’t AnswerHeinz
  15. Husky Team
  16. Telstar

最近、イギリスではジョー・ミークの生涯が舞台化されたり、映画にもなったりして、再評価の動きがほんの少しみられたりしています。このCDは、それらの流れの中でリリースされた、入門的なオムニバス・アルバム。特に珍しかったり、初CD化となるナンバーを含んでいるわけではありませんが、イギリスの団塊の世代(なんじゃそら(^^;)がふと懐かしくなって手に取りそうなコンピレーションではなかろうかと思います。