USA Cleopatra CLP 7062 : [William Shatner / Seeking Major Tom]


ジャケット画像

出るとは思わなかったアナログ盤。しかも3枚組ボックス・セットという重量級リリース。面割りは以下のとおりです。

Disc 1 Side A

  1. Major Tom (Coming Home) – Featuring Nick Valensi
  2. Space Oddity – Featuring Richie Blackmore & Candice Night
  3. In A Little While – Featuring Lyle Lovett

Disc 1 Side B

  1. Space Cowboy – Featuring Brad Paisley & Steve Miller
  2. Space Truckin’ – Featuring Ian Paice & Johnny Winter
  3. Rocket Man – Featuring Steve Hillage

Disc 2 Side A

  1. She Blinded Me With Science – Featuring Bootsy Collins & Patrick Moraz
  2. Walking On The Moon – Featuring Toots Hibbert
  3. Spirit In The Sky – Featuring Peter Frampton
  4. Bohemian Rhapsody – Featuring John Wetton

Disc 2 Side B

  1. Silver Machine – Featuring Wayne Kramer & Carmine Appice
  2. Mrs. Major Tom – Featuring Sheryl Crow
  3. Empty Glass – Featuring Michael Schenker

Disc 3 Side A

  1. Lost In The Stars – Featuring Ernie Watts
  2. Learning To Fly – Featuring Edgar Froese
  3. Mr. Spaceman – Featuring Dave Davies
  4. Twilight Zone – Featuring Warren Haynes

Disc 3 Side B

  1. Struggle – Featuring Adam Hamilton
  2. Iron Man – Featuring Zakk Wylde & Mike Inez
  3. Planet Earth – Featuring Steve Howe

1面に3曲程度づつってのははっきり言って架け替えに忙しいのでもうちっと詰めて2枚組くらいでカッティングして欲しかったところですが、メモラビリアとして見れば豪華な分、所有する喜びみたいなものは大きいと思います。

ジャケット画像


UK MGM CS 8090 : [Sun Dragon / Green Tambourine]


ジャケット画像

Sun Dragon唯一のアルバム、こちらはステレオ・ミックスの盤となります。1968年のこの時期にモノとステレオ、両方のミックスでリリースされるのは珍しくなっていたと思われます。近年復刻された[Sun Dragon / Listen To The Sky][V.A. / Pre-Purple People]などのCDでも、収録されているのはモノラル・ミックスであり、本作のステレオ・ヴァージョンは未CD化というか未復刻というか。ということで、ステレオ・ヴァージョンを聴いてみたい向きには本作を探し出すしかありませんが、遭遇できる機会は意外と少ないかもしれません。内容についてはモノラル盤の記事を参照してください。

Side A

  1. Green Tambourine
  2. I Want To Be A Rock’n’Roll Star
  3. Seventeen
  4. Peacock Dress
  5. Five White Horses
  6. Far Away Mountain

Side B

  1. Blueberry Blue
  2. Love Minus Zero
  3. I Need All The Friends I Can Get
  4. Windy
  5. Empty Highway
  6. Look At The Sun

ジャケット画像


UK MGM C 8090 : [Sun Dragon / Green Tambourine]


ジャケット画像

Sun Dragonは1968年に活動していたBob FreemanIan McLintockのデュオです。彼らは1964年にThe Othersというグループでデビューしています。しかしヒットに恵まれず、その後に結成していたグループも長続きしていなかったようですが、アメリカのThe Lemon Pipersが1967年にヒットさせた"Green Tambourine"をデレク・ローレンスのプロデュースでカヴァーしたシングルをSun Dragon名義で発表したところヒットしたため、本作が制作されることになりました。リッチーが参加しているとされているのは、太字で示した4曲です。"Love Minus Zero"はボブ・ディランのナンバー。ボブ・ディラン・ファンのリッチーにとっては同時期に制作されていたBozのシングル、"I Shall Be Released"に続くディラン・ナンバーの録音(え?他にもあったような気が?)。

Side A

  1. Green Tambourine
  2. I Want To Be A Rock’n’Roll Star
  3. Seventeen
  4. Peacock Dress
  5. Five White Horses
  6. Far Away Mountain

Side B

  1. Blueberry Blue
  2. Love Minus Zero
  3. I Need All The Friends I Can Get
  4. Windy
  5. Empty Highway
  6. Look At The Sun

本作はモノラル・ミックスで、The Lemon Pipersにかなり近いサウンドが聴けるんじゃないかと思いますがそこはまぁ個人の感想ということで。本作を制作した後、2枚ほどシングルをリリースしていますが、アルバムを含めヒットには繋がらなかったようで、Sun Dragonとしての活動は1968年のみで終了しているようです。その後もユニット名を変えたりして1970年初めまではレコードのリリースが確認できますが、その後の動向は未確認です。

ジャケット画像


UK Connoisseur VSOP LP 157 : [Ritchie Blackmore / Rock Profile Vol.2]


ジャケット画像

"Rock Profile Vol.1"アルバムの続編で、はじめて"Richie Blackmore Orchestra"のシングルが復刻されたアルバムです。この時も興奮しましたねぇ。輸入盤のリリースが待ち切れなくて、何度も新宿レコードに足を運んだのを覚えてます。

Deep Purple結成以前のセッションが多かった Vol.1にくらべると、こちらは、どちらかといえばDeep Purple結成以降のセッションが多く収録された構成となっています。このアルバムでのみ聴ける曲に関しては、収録曲名を強調表示しています。

アナログ盤のみ、リッチーのインタビューが収録され、その導入として、1974年にリリースされたアダム・フェイスのソロ・アルバム"I Survived"のタイトル・トラックでリッチーが参加して弾いた、フリー・スタイルのソロが聴けます。また一番最後に、"Like A Bird Without Feathers"が、やはりアナログ盤のみのトラックとして収録されています。

Hurry To The City
1973年にドイツでリリースされたシングルです。 Randy Pie And Familyは1974年から1977年にかけて5枚のアルバムをリリースしたドイツのバンドという事ですが、このシングルはそれらに先駆けて1973年にリリースされたものです。このA面にリッチーが参加した詳しい経緯は不明です。
16th Century Greensleeves
このライヴ・テイクは、このアルバムでしか聴くことが出来ません。1976年のドイツツアー、9月29日のミュンヘン公演で収録されたものです。

ジャケット画像

Disc 1 Side A

  1. Getaway – Richie Blackmore Orchestra
  2. Little Brown Jug – Richie Blackmore Orchestra
  3. Honey Hush – Screaming Load Sutch
  4. The Train Kept A Rollin’ – Screaming Load Sutch
  5. Gemini Suite : Guitar Movement
  6. Ritchie Blackmore Interview

ジャケット画像

Disc 1 Side B

  1. Bullfrog – Green Bullfrog
  2. Good Golly Miss Molly – Load Sutch & Heavy Friends
  3. Great Balls Of Fire – Load Sutch & Heavy Friends
  4. Hurry To The City – Randy Pie & Family

ジャケット画像

ジャケット画像

Disc 2 Side A

  1. Still I’m Sad
  2. Man On The Silver Mountain
  3. Lady Of The Lake

ジャケット画像

DIsc 2 Side B

  1. 16th Century Greensleeves
  2. I Call, No Answer – Jack Green
  3. Son Of Alerik
  4. Like A Bird Without Feathers – Burr Bailey & The Six-Shooters

ジャケット画像


UK Connoisseur VSOP LP 143 : [Ritchie Blackmore / Rock Profile Vol.1]


ジャケット画像

セッション時代のリッチーの演奏をまとめた初めてのアルバムです。CDも同時にリリースされました。アナログ盤のみ、"Fireball"アルバム録音時の演奏で"Show Me The Way To Go Home"が収録されており、リッチーのインタビューも入っています。私が最初に入手したのはアナログ盤で、それまで書籍で曲名だけしか知らなかった曲をいっぺんに聴けた時の興奮は、今でも覚えています。これ以来、Ritchie Blackmore名義のオムニバスや、各種アンソロジーアルバムでこれらの曲はたびたび収録されており、現時点でこのアルバムでしか聴く事が出来ないトラックは"Guitar Job"と"Show Me The Way To Go Home"だけとなっています。詳細は以下をご覧ください。

Guitar Job
Show Me The Way To Go Home
上記2曲は"Fireball"アルバム録音時のアウト・テイクといわれています。さらに、"Guitar Job"はリッチーが当時手がけようとしていたプロジェクト、"Baby Face"でのレコーディングではないか、ともいわれています。詳細は不明です。この"Guitar Job"はドラムとギターしか入っていないトラックで、ドラマーはおそらくイアン・ペイスだと思われます。とりとめのないジャムが延々と続く、曲とも言えないものです。
"Show Me The Way To Go Home"は、"Fireball"25周年記念盤に収録されていた"Backwards Piano"と同じ性格のもので、スタジオでの遊びを収録したものとなっています。おそらくギターの弦が切れて演奏が中断した際に、リッチーが照れ隠しに弾いたメロディーにメンバーがノッてきたものでしょう。

ジャケット画像

Disc 1 Side A

  1. Return Of The Outlaws – The Outlaws
  2. Texan Spiritual – The Outlaws
  3. If You Gotta Pick A Baby – Glenda Collins
  4. Big Fat Spider – Heinz
  5. Doo Dah Day – The Outlaws
  6. Thou Shalt Not Steal – Glenda Collins
  7. I’m Not A Bad Guy – Heinz
  8. Ritchie Blackmore Interview

ジャケット画像

Disc 1 Side B

  1. Been Invited To A Party – Glenda Collins
  2. Shake With Me – The Outlaws
  3. Movin’ In – Heinz
  4. Keep A Knocking – The Outlaws
  5. I Shall Be Released – Boz
  6. Playground
  7. Ritchie Blackmore Interview

ジャケット画像

ジャケット画像

Disc 2 Side A

  1. Wring That Neck
  2. Why Didn’t Rosemary
  3. Living Wreck
  4. Guitar Job

ジャケット画像

Disc 2 Side B

  1. No No No
  2. Highway Star
  3. "A"200
  4. Gypsy
  5. Hold On
  6. Show Me The Way To Go Home

ジャケット画像

ジャケット画像

ジャケット画像


UK Decca DPA 3035/36 : [Joe Meek / The Joe Meek Story]


ジャケット画像

1977年4月にリリースされた2枚組。ジョー・ミークがデッカでリリースしていたアーティストのコンピレーションです。ジョー・ミークのコンピレーションはいくつか出ていますが、アナログ盤でリリースされたコンピレーションは種類が少なく、しかも原盤のシングルをリリースしたレーベルが編集した例はリアル・タイムで登場したオムニバス盤を除けば、おそらく当アルバムのみと思われます。"Who Told You?"は、まだCD化されていないはずですが、見落としがあるかもしれません。

ジャケット画像

Disc 1 Side A

  1. My Baby Doll
  2. Walk With Me My AngelGeoff Goddard
  3. Can Can 62
  4. There Was A Time
  5. Guess That’s The Way It Goes
  6. Telstar

Disc 1 Side B

  1. Dreamin’ On A Cloud
  2. Jack The Ripper
  3. Angel Of Love
  4. Christmas Stocking
  5. Who Told You? – Freddie Starr & Midnighters
  6. Keep Moving

ジャケット画像

DIsc 2 Side A

  1. All The Stars In The Sky
  2. Dreams Do Come TrueHeinz
  3. My Friend Bobby
  4. Monster In Black Tights
  5. Country BoyHeinz
  6. Totem Pole

Disc 2 Side B

  1. Life On Venus
  2. Just Like EddieHeinz
  3. In My Way
  4. Saxon Warcry
  5. Wishing Well
  6. Please Stay

ジャケット画像


USA RCA AFL1 3639 : [Jack Green / Humanesque]


ジャケット画像

イラストを使用した面を表ジャケットにしている、アメリカ盤です。日本ではこちらのジャケットのほうがポピュラーかもしれません。

当アルバムの詳細は[Jack Green / Humanesque]を参照してください。

ジャケット画像

Side B

  1. I Call, No Answer
  2. Life On The Line
  3. Bout That Girl
  4. Thought It Was Easy
  5. Factory Girl
  6. This Is Japan

Side Aは省略

ジャケット画像