USA Rhino R2 5551153 : [Machine Head : 40th Anniversary]


ジャケット画像 ジャケット画像

2016年5月にリリースされたアメリカ盤。2012年10月にEUでリリースされていたボックス・セットから[2012 Remaster][Quad SQ Stereo]の2枚のディスクをピックアップしてアメリカ盤としてリリースしたものとなります。アメリカ盤だからSQミックスじゃなくてCD-4方式のアメリカ盤アナログ4chのミックスを入れてくれるかなぁ?とちょびっと期待していましたが無駄に終わりましたね(笑)しかし、この歪み気味の音はなんとかならんのか?


EU Purple Records TPSAX 7504 : [Machine Head : 40th Anniversary]


ジャケット画像

2012年10月に登場した、[Machine Head]のリリース40周年を記念した再発盤。アルバム全曲と"When A Blind Man Cries"を、Jon Astleyというエンジニアが2012年にリマスタリングした音源を使用し重量盤にプレスされた高音質盤となっています。"When A Blind Man Cries"は当時リリースされた形態に倣い、"Never Before"とのカップリングでシングルとして封入されています。

ジャケット画像
ジャケット画像

レーベルはLP、シングルとも、Purple Recordsが使用していたデザインを模したもの、歌詞が印刷されたポスターも、オリジナル盤と同様に添付されています。CDのボックス・セットに添付されていた解説等の文章は、LPにはついていません。

ジャケット画像


EU EMI TPSAR 7504 : [Machine Head]


ジャケット画像 ジャケット画像

2012年10月に登場した、[Machine Head]のリリース40周年を記念した再発盤。2012年に新たにリマスターされたオリジナル音源を収録しています。ボックスに収録されたものと同じ体裁のペーパースリーヴですが、ボックス収録のジャケと違い、番号が与えられています。どっちにしても日本の紙ジャケを想像されるとあまりのチャチさに言葉もないパッケージですが……(汗


EU EMI TPSAD 7504 : [Machine Head]


ジャケット画像 ジャケット画像

2012年10月に登場した、[Machine Head]のリリース40周年を記念した再発盤ボックス・セット。以下の5枚のディスクが収められています。

  • 2012 Remaster
  • Roger Glover’s 1997 Mixes
  • Quad SQ Stereo
  • In Concert ’72 (2012 Remix)
  • Audio Only DVD

2012 Remaster

アルバム全曲と"When A Blind Man Cries"を、Jon Astleyというエンジニアが2012年にリマスタリングした音源。この"Digital Remaster"というのが、アナログ・テープを改めてデジタル・トランスファーしたのか、以前から存在するデジタル・マスターをカッティングし直したのか、もっと違う工程を辿ったのかはよくわかりません。分厚いブックレットのどこかに書いてあるかもしれませんが、最近はこーいうものをなかなか読む気にならないのは歳とった証拠か(笑)

Roger Glover’s 1997 Mixes

25周年記念盤に収録されていた、ロジャー・グローヴァーが手掛けたリミックスを収録。これはリマスタリングされていないようです。

Quad SQ Stereo

アナログ盤でリリースされていた4チャンネル盤を初めてCD化(SACDでは出ていましたがCDレイヤーでは聴けませんでした)。若干音が荒々しい感じですが、SQ 4チャンネルが全曲CDで手軽に聴けるのはありがたいところ。……ところで、USAのCD-4 Quadはまだ聴けるようにならんのですかぁ?

In Concert ’72 (2012 Remix)

  1. Introduction
  2. Highway Star
  3. Strange Kind of Woman
  4. Maybe I’m a Leo
  5. Smoke On the Water
  6. Never Before
  7. Lazy
  8. Space Truckin
  9. Lucille

このセットの一番の目玉はこれ。アルバムリリース直後、プロモーション用に行われた、BBCでの放送用録音のためのコンサートを、2012年にリミックスした音源を収録。この放送用音源はマルチ・チャンネルのマスターが残されており、1980年に初めてオフィシャル・リリースされた時にも、リミックスが施されていたようですが、今回改めてリミックスされ、収録曲順も修正されています。曲間のMC等も従来聴けなかった部分まで収録されており、若干のエコーがかかった音場も迫力を増していて、この音源の新たな角度で楽しめるディスクになっています。

Audio Only DVD

最近はすっかりDVD-Audioとゆーフォーマットは廃れてしまい、DVD-Videoフォーマットに音声を収録したディスクにマルチ・チャンネルやハイレゾ音源をパッケージする方向が主流になってきました。このディスクもその一枚で、Jon Astleyが手掛けた2012年リマスターと、今回初登場したQuad SQ Stereoをそれぞれハイレゾとマルチ・チャンネルで収録し、2001年にリリースされたDVD-Audioに収録されていたマルチ・チャンネル音源の一部をボーナスとして収録したディスクになっています。

これら5枚のディスクと、写真が満載されたハードカヴァーのブックレットを収納したボックス・セットとなりますが、25周年記念盤の時のような一般にアピールするようなポイントが存在するかというとキビシいかなと。あくまでも、ファン向けのお祭りアイテムと言えるでしょう。BBC音源はそのうち単品でリリースしてほしいものです。


JP Warner Music Japan WPCR 14166 : [Machine Head]


ジャケット画像 ジャケット画像

2011年8月にリリースされた日本盤SACD。Deep PurpleのSACDとしては初の日本盤となります。リリース当初は2003年にリリースされたEU盤SACDの日本盤かと単純に考えていたのですが、どうやら2001年に登場したDVD-Audioのマスターを日本独自にDSDフォーマットへコンバートしたものがソースとなっているようです。ハイブリッドSACDなのでCDレイヤーでも視聴出来ますが、やはり真価を発揮するのはSACDレイヤーでしょう。わたしゃまだSACDを聴けないので良いとも悪いとも言えません(汗 いーんだ、いーんだ、レコード聴けるからいーんだもんね、ふんっ(`へ´)


USA Audio Fidelity AFZ 065 : [Machine Head]


ジャケット画像 ジャケット画像

2010年3月に発売されたCD。アメリカの高音質盤専門レーベル、Audio Fidelityからリリースされた、いわゆるゴールドCDでプレスされたリマスター盤となります。マスタリングはSteve Hoffman。DCC盤の[Made In Japan]もカッティングしている人です。ゴールドCDについての詳細はWikipediaを参照してください。ワーナーからライセンスを受けているので、内容的にはアメリカ盤に準拠しています。

日本でも、独自に金蒸着CDでDeep Purpleのバック・カタログがリリースされた事がありますが、アレのマスター自体は当時使用されていた旧規格音源と思われ、音質面での有利さはあるかもしれませんが、音源としてはさほど重要なディスクではない(持ってない故のひがみで言っているわけでは……ありますがwww)のに比して、DCCやMFSL、当Audio Fidelity盤は原盤所有者よりオリジナル・マスター・テープを借り受けて新たにマスタリングしたものとなるため、音源的な興味は日本盤GOLD CDよりも惹かれるものがあります。ただ、この音に価値を見いだすか否かは各々のリスナーが決める事であり、ここで決めつけることもないかなと(うちのボロい環境じゃわかんないし、と、逃げてみる(^^;)。

パッケージはスリップ・ケースの窓から金色の盤が見えるようになっており、本来CDケースに入れられるジャケットはCDケースと一緒にスリップ・ケースに挟まれたように入っています。文章じゃわかりにくいかもしれませんが、なんとかわかってください(笑) CDケースの裏ジャケットはワーナー盤と異なったものになっているのもポイント。また、アナログ盤に添付されていた歌詞掲載ポスターの体裁を模した歌詞カードが封入されています。


JP Warner Pioneer P 8224W : [Machine Head]


ジャケット画像

1972年5月にリリースされた日本盤。前月の4月にワーナー・ブラザーズ・パイオニアからワーナー・パイオニアに社名変更したため、帯やジャケットに入る社名は、ワーナー・パイオニアに変更されています。掲載した盤は、「来日記念盤」の帯も追加でかけられています。本来の来日であった1972年5月はギランの体調不良により延期されたため、この「来日記念帯」も結果的にタイミングを外してしまいましたが、初期プレスを見分ける簡単な方法ではあります。しかし、掛け替えられる可能性も一番高いものなので、注意が必要です。

ジャケット画像
ジャケット画像

レーベルのA面。米ワーナーと同様のグリーン・レーベルです。社名変更後のリリースとなっていますが、まだレーベルの在庫が残っていたからか、レーベル・リムの会社名がWarner Bros. Pioneer Corporationのままとなっています。

ジャケット画像

レーベル・クレジット部分のアップ画像。

ジャケット画像

歌詞のインサートです。レイアウト、印刷のシェード等は英米盤とさほど変わりません。後期プレスでは水色に近い青になっています。

ジャケット画像