USA Eagle ER 2022332 : [Live In London 1974]


ジャケット画像 ジャケット画像

2011年8月にリリースされたアメリカ盤。意外にも、当音源のアメリカに於けるオフィシャル・リリースは当ディスクが初めてとなります。全体のパッケージはEU盤CDに準じており、アメリカ盤では簡略化されがちなブックレットもEU盤どおりの体裁で添付されています。詳細についてはEU盤の記事を参照してください。


JP Victor VICP 64300/01 : [Live In London 1974]


ジャケット画像 ジャケット画像

Disc 1

  1. Burn
  2. Might Just Take Your Life
  3. Lay Down, Stay Down
  4. Mistreated
  5. Smoke On The Water

DIsc 2

  1. You Fool No One
  2. Space Truckin’

2008年に、ビクターよりリリースされた2枚組CD。2007年にイギリスでリリースされた[Live In London 1974]の日本盤にあたります。英文ライナーが掲載されたブックレットはオリジナル盤と同様のものになっていますが、日本語訳は用意されていません。そのかわり、酒井康氏が書かれた、2003年リリースのVAP盤向けのライナーをアップデートしたものが掲載されています。


Germany Purple Records TPSP 352 : [Live In London 1974]


ジャケット画像

2007年、CDと同時にリリースされたアナログ盤。ハーヴェスト盤[Live In London]のジャケットをアレンジしたデザインは、レコード・サイズのジャケットとしても見栄えのするものとなっています。レコードは180gの重量盤で、2枚組ということもあり、かなりどっしりとしたものとなっています。

レーベルは各面共通のカスタム・レーベルとなっています。ジャケットには製造国のクレジットがありませんが、レーベルには"Made in Germany"とあり、ドイツ・プレスのアナログ盤となります。各面の割り振りは以下のとおりとなります。

Disc 1 Side A

  1. Burn
  2. Might Just Take Your Life
  3. Lay Down, Stay Down

Disc 1 Side B

  1. Mistreated
  2. Smoke On The Water

Disc 2 Side A

  1. You Fool No One

Disc 2 Side B

  1. Space Truckin’

ジャケット画像

見開きの内側。メンバーの写真がレイアウトされ、メンバーの使用機材、PA機材などのクレジットが左側に掲載されています。

ジャケット画像

1枚目のレコードが収められた内袋。ツアー・ポスターにここまで大きくElfの名前が取り上げられていたとは知りませんでした。Purple Recordsとして、新バンドをプッシュしたということでしょう。

ジャケット画像

1枚目の内袋のもう片方の面。CDではブックレットになっているライナーノーツの内容が、掲載写真とともにびっしりとプリントされています。

2枚目のレコードが収められた内袋。こちらはロンドン・エリアのみのツアー・ポスター。

ジャケット画像

2枚目の内袋のもう片方の面。CDではブックレットになっているライナーノーツの内容が、掲載写真とともにびっしりとプリントされています(コピペすまんです(^^;)。

ジャケット画像

一つ気になるのが、CDのブックレットにも掲載されている、BBCトランスクリプション・ディスクのレーベル。ロゴやクレジットが黒色でプリントされていますが、これってコピー盤ぽくないかなと。「Purple Collection」によれば、レーベルは緑色でプリントされている部分があるらしいんですが……。もしかしたら、ライナーノーツの中に、掲載物の詳細が書かれているかもしれませんが、そうだとしたら私の見落としとゆーことになりますので、スルー願います。

ジャケット画像

裏ジャケット。CDのスリップ・ケースに使用されていた、会場のキルバーン・ステート・ゴーモントの全景です。看板がすげーですな。


EU EMI [5099950035823] : [Live In London 1974]


ジャケット画像 ジャケット画像

Disc 1

  1. Burn
  2. Might Just Take Your Life
  3. Lay Down, Stay Down
  4. Mistreated
  5. Smoke On The Water

DIsc 2

  1. You Fool No One
  2. Space Truckin’

2007年にEMIよりリリースされた、海外での初CD化盤となる、EUプレスの2枚組CD。十数年越しで企画されていたもので、当日収録された音を可能な限り再現し、リミックスおよびリマスタリングが施されています。今後、決定版となりうる形態でのリリースとなっています。

オープニングのMCはもとより、曲間のメンバーのMCや手慣らしも可能な限り収録されています。また、"Space Truckin’"も[Listen Learn Read On]収録時とは異なるミックスで収録されています。個人的なポイントは、なんといっても"You Fool No One"でのリッチーのフリー・ソロがより完全な形で収録されたことに尽きます。これまで公式では聴けなかったバッハのガボットが、これでようやく聴けるようになったのは感無量でした。

当アルバムは会場だったキルバーン・ステート・ゴーモントの建物を背景にしたスリップ・ケースに収められ、CDケースにはアナログ盤[Live In London]のジャケット・デザインを踏襲した新たなデザインのジャケットが採用されています。ブックレットも相当力が入っており、当時のツアー・ポスターやチケットの半券はもちろん、新聞評なども掲載され、ライナーノーツも詳細を極めています。執筆者が不明なのですが、おそらくサイモン・ロビンソンが中心になっているのだと思われます。

同じEU盤でも、"Made In Asia"とステッカーが貼られているものは、スリップ・ケースがつかない仕様になっており、番号も[50999500358021]で、当CDとは異なります。また、番号が同じものでも、アルゼンチン・プレスのCDも流通していますので、入手の際には混乱しないよう、注意してください。


JP Trio AW 25019 : [Live In London]


ジャケット画像

Rainbowの日本公演が行なわれていた1982年10月にトリオよりリリースされた日本盤。ジャケットはイギリス盤とほぼ同じで、リッチーのスペルもそのままです。右上隅の文章がなくなっており、ジャケットとしては日本盤の方がスッキリして見えます。

ジャケット画像

レーベルのA面。オリジナル盤についていた内袋は見開きのインサートとなり、内側にはライナーノーツと歌詞が掲載されています。

ジャケット画像


UK Harvest SHSP 4124 : [Live In London]


ジャケット画像

アナログ盤のオリジナルとなる、1982年にハーヴェスト・レーベルよりリリースされたイギリス盤です。ジャケット右上隅に"Over 57Minutes of Heavy Rockin’ Music"というタタキ文句がプリントされています。下部にメンバーの名前がクレジットされており、ファースト・ネームがサインっぽくデザインされていますが、リッチーのスペルが"Richie"になっています。

ジャケット画像

レーベルのA面。1980年リリースの[In Concert]では文字まで緑色でしたが、こちらは昔のような「グリーン・ハーヴェスト」になっています。収録曲は以下のとおり。

Side A

  1. Burn
  2. Might Just Take Your Life
  3. Lay Down, Stay Down
  4. Mistreated

当時の新作"Burn"からの曲で固められていた序盤のセットを曲順どおり収録していて、初めて聴いた時(日本盤でしたが)アルバムをライヴで聴いている感覚(なんか言い方がヘンだ……上手く言えんのですがぁ、わかっていただきたい(^^;)になって、非常に面白かったのを覚えています。

ジャケット画像

インナー・バッグ。どちらが表かは知らん(笑)こちらは新メンバーふたりとイアン・ペイス。

ジャケット画像

レーベルのB面です。こちらの収録曲は以下のとおり。

Side B

  1. Smoke On The Water
  2. You Fool No One

リリース当時のお目当てはこちらで聴ける「第三期の"Smoke On The Water"」でした。当時はまだそれほど海賊盤も聴いてなかったので、「リッチー・ブラックモア – 狂気の雷舞」で読んだ第三期のライヴの模様を体験したいという一心だったと思います。初めて聴いた時の感想は……ないしょだ(笑)

ジャケット画像

インナー・バッグ。こちらはジョンとリッチーです。リッチーのフォトだけ2枚掲載になってますね。よしよし(ばく)

ジャケット画像

裏ジャケット。当時はリッチーのパフォーマンスの連続写真が目をひきました。カヴァーデイルのシャツは、この時期はどのステージ写真を見てもおんなじですねー。


JP Teichiku 18DN 32 : [Live In London]


ジャケット画像 ジャケット画像

  1. Burn
  2. Might Just Take Your Life
  3. Lay Down, Stay Down
  4. Mistreated
  5. Smoke On The Water
  6. You Fool No One

1989年7月にテイチクよりリリースされた、初CD化となる日本盤。CD化にあたり、伊藤政則氏が新たに書かれたライナーノーツと、"Lay Down, Stay Down"のギター譜がついています。これ以降、テイチクはゴールドCDや缶入り、ピクチャー・ディスクや紙ジャケットなど、さまざまな形態でリイシューを繰り返していきます。音圧がある程度上げられたりしているディスクもありますが、どのディスクもイギリス盤LPで使用されたものと同一音源からのリマスタリングとなっています。