USA RKO [071378] : [BBC Rock Hour No.29 1978]


ジャケット画像

1978年に行われたアメリカ・ツアーで一番知られている、6月24日にアトランタで行われたステージを収録した放送用音源のラジオ局配布用オープン・リール・テープ。[Finyl Vinyl]収録の"Man On The Silver Mountain"や"Long Live Rock’n’Roll"はこの時の演奏がベースになっています。全体の演奏内容については[I’m Losing Control]を参照してください。

ジャケット画像

"BBC Rock Hour"という番組は放送局への音源配布をトランスクリプション・ディスクとオープン・リール・テープの二つのフォーマットで行っていました。当音源のトランスクリプション・ディスクは未確認です。入手したテープは巻きムラがあり、テープ自体の保存状態もあまり良くなさそうなので聴いていません。だいたいハード持ってないしなぁ(ヲイ)。それに、オープン・リール・デッキ入手するならエコー・マシンにするよなぁ(ヲイヲイ)

てことでこのテープを安全に再生できる環境を持っておられる方、ぜひご連絡くださいませ(ヲイヲイヲイ)


UK Old Gold OG 9772 : [Since You Been Gone (Dif.Cover)]


ジャケット画像

1988年にリリースされたらしい、イギリス盤7インチ・シングル。こちらに掲載した記事とおなじシングルとなりますが、ジャケット・デザインが若干異なっています。先ほどの記事であちらのジャケットを「初回プレス」と紹介していますが、これを見つけたことでわけがわからなくなりつつあります(笑)

どちらのジャケが先発だったにせよ、グラハムの頃である1979年の楽曲をカップリングしているにも関わらず、1982年のラインナップのグループ・フォトを使用するという残念さには変わりがありません。どうせデザイン変えるならそっちをなんとかせいと(以下略

ジャケット画像


EU Universal R7 547362 : [Black Night]


ジャケット画像

2015年4月のRecord Store Dayにリリースされた、7インチ・シングル。青というか、青に近い水色というか、そんな色のヴィニールでプレスされています。レーベルは、ワーナーのグリーン・ラベルを模していますが、やはり黄土色に近いベクトル。

A面は"Black Night"で、1995年のアニヴァーサリー・エディション製作時にロジャー・グローヴァーによってリミックスされたテイク。かつて12インチ・シングルにもなりました。B面は"Speed King"で、ピアノ・ヴァージョンとして知られているテイクを収録しています。

ジャケット画像


UK EMI EMK 251 : [V.A. / Puregold On EMI]


ジャケット画像

Side A

  1. Sold Gold Easy Action – T.Rex
  2. Lookin’ Through The Windows – Jackson Five
  3. Crazy – Mud
  4. Mad About You – Bruce Ruffin
  5. Doobedood’ndoobe,Doobedood’ndoobe,Doobedood’ndoo – Diana Ross
  6. Ball Park Incident – Wizzard
  7. Stay With Me – Blue Mink
  8. Living In Harmony – Cliff Richard
  9. Heaven Help Us All – Stevie Wonder
  10. All Because Of You – Geordie

Side B

  1. Power To All Our Friends – Cliff Richard
  2. Psychedelic Shack – Temptations
  3. Who Was It? – Hurricane Smith
  4. 20th Century Boy – T.Rex
  5. Step Inside Love – Cilla Black
  6. Roll Over Beethoven – The Electric Light Orchestra
  7. Keeper Of The Castle – Four Tops
  8. Sister Jane – New World
  9. Strange Kind Of Woman – Deep Purple
  10. Heart Of Stone – Kenny

1973年にリリースされたコンピレーション盤。どーいう企画でこーいう組み合わせのアルバムがリリースされることになったのか不勉強で調べていないのですが、英米の様々なアーティストがジャンルを問わずセレクトされています。売価は1ポンド99ペンス。カセットもリリースされたりギリシャ盤も出ていることから何かの曰くがありそうなものですが、何かご存じのことがありましたらお知らせ頂けると喜びます(・∀・)

ジャケット画像


JP Warner Pioneer PCS 16 : [Forever Young Series – CD Collection]


ジャケット画像 ジャケット画像

  1. Hush
  2. Kentucky Woman
  3. Speed King
  4. Into The Fire
  5. Fireball
  6. Strange Kind Of Woman
  7. Highway Star
  8. Never Before
  9. Smoke On The Water(Live)
  10. Woman From Tokyo
  11. Super Trouper
  12. Burn
  13. Mistreated
  14. Stormbringer
  15. Comin’ Home

1989年2月10日にリリースされたDeep Purpleのバックカタログ・コレクション、Forever Young Seriesのプロモーションとしてワーナー・パイオニアが配布したコンピレーション盤。各アルバムから1,2曲づつセレクトして収録しています。サード・アルバムコンチェルトが抜けていますが、これらは翌年、他のベスト・アルバムなどのコンピ盤と共に第2弾のリリースへ回されました。極端なプレミアがついて市場に登場することもありますが、そこまでして入手しなくてもいいアイテムではあります。


JP Warner Music Japan WPCR 877 : [When We Rock, We Rock When We Roll, We Roll]


ジャケット画像 ジャケット画像

1996年、ワーナー・パイオニアから社名変更をした、ワーナー・ミュージック・ジャパンからリリースされたリマスター盤になります。当時漏れ聞いた話によれば、日本側はリマスターに積極的だったものの、Warner Brothersは乗り気でなく、結局日本独自でのリマスタリングになったようですが、これもうろ覚えの茶飲み話なので、本気に取られると困るなーと。リマスタリングはLee Herschbergというエンジニアが手掛けたとされていて、このリマスターは日本でのみ流通しているもの……だと、思うんだけどなー(^^;

このリマスター・シリーズ、当初はここに掲載した、通常のCDケースに収められたパッケージでリリースされましたが、1998年に紙ジャケットでリリースされたのを皮切りに、帯を再現したり、UK盤ジャケットを再現したり、SHM-CDにしたり、なんだりかんだり、いーかんげんにしろよと言いたくなるくらい何度も何度もリリースされています……が、当アルバムはそこまで頻繁ではないかも(汗。音源自体は変わらないので、日本独自のリマスターとは言っても、どれか一つ聴いてれば十分かと思います。全部聴きたい、という人を止めるつもりはさらさらありませんが(汗