JP Universal UICY 76027 : [Difficult To Cure]


ジャケット画像 ジャケット画像

2013年12月、SACDやプラチナSHM-CDと同時にリリースされたSHM-CD。ケースに収められていた前述の二種と異なり、紙ジャケットのみのシンプルなパッケージとなっています。これこれ以来、RainbowのCDはほとんどがSHM-CDで発売されてきたので、これが一番の普及版という位置付けであると思われます。SACDの再生環境がない場合には、こちらの紙ジャケットで十分。プラチナなんとかはオーディオ・マニアに任せておいて大丈夫です(笑)


JP Universal UICY 40041 : [Difficult To Cure]


ジャケット画像 ジャケット画像

2013年12月、日本企画のSACDと同時にリリースされたディスク。「プラチナSHM-CD」というわけのわからん名称がついていますが、要するにCDです。そう思うと馬鹿高いお値段ですよ奥様ヽ(;▽;)ノ。使用されている音源はSACDと同様、イギリスにあるアナログ・マスターからDSDサンプリングされたデジタル音源となります。パッケージもSACDと同様、特殊ケースに紙ジャケットとディスクがセットされたものとなっています。

DSDフォーマットを直接収録できるSACDとは異なり、DSD音源はCDにマスタリングされる段階でいろいろとあります。えぇ、それはもういろいろと(笑)まずはPCMフォーマットにコンバートするわけですが、パッケージに記載されているクレジットを信用するなら、24bit/176.4kHzでコンバートされているようです(どうでもいいけどサンプリングの記述ってやっぱ最初に量子化数が来る方が良いと思いません?周波数の方が数字が大きいから最初に持ってきた方がハッタリは効くけど……輪切りの数より器の大きさだと思うわけだな。てことで当サイトでは基本的に量子化数を先に表記していきたいなと)。

で、どれだけハイレゾなPCMフォーマットのデジタル音源を使おうがですね、最終的な盤には16bit/44.1kHzでサンプリングされたデジタルデータがカッティングされるわけで。んで、このPCMフォーマットのまま盤面に記録されるわけじゃないのがCDフォーマットの厄介なところであり。詳細は省きますが、通常のCD規格ではCDの盤面に記録されるビット(穴)の長さは7種類しかありません。16ビットで記録されているはずの元データをこの「7つの穴」で全て記録できる形にしたのが「CDフォーマット」です。

このディスクは、そんなCDフォーマットを「プラチナSHM」という素材でプレスしたディスクです。通常、CDの反射膜はアルミが使われますが、このディスクはその名のとおりプラチナが使われています。わーすごい(棒)。で、樹脂の方の素材にはSHMを使っていると。わーすごい(棒)。プラチナはCD-Audioの規格から外れているものですが、パッケージには「音質を優先するため」ということで使ってるよ、と書かれています。こーいうディスクの存在に対しての是非は言いません。ただ、共感できないだけです。


JP Universal UIGY 9540 : [Difficult To Cure]


ジャケット画像 ジャケット画像

2013年12月にリリースされたSACD。RainbowのSACDは[Rainbow Rising][Long Live Rock’n’Roll]に続くもので、これら2作同様、日本のユニバーサルが企画したものとなります。欧米盤はリリースされていません。SACDシングル・レイヤーのため、CDプレーヤーでの再生は不可です。でぃふぃかると・とぅ・ぷれい、なんつって(・∀・)

上蓋にディスク・トレイがついた紙ケースにCDの紙ジャケットとディスクを別々に収めたパッケージ。ディスク素材はSHMで、SHM-SACDとなります。SHM-CDでかなり悪いイメージがついたSHMですが、数年前にSHM-SACDとして登場した際にはなかなか好評価だったと記憶しています。ただ、高いです(笑)それこそ、オリジナルのUKアナログ盤に手が届く勢い。

前2作は日本国内に存在していたアナログ・マスターからDSDマスタリングを施したものが音源とされていましたが、本作はイギリスにあるアナログ・マスターからDSDサンプリングしたとされています。聴いてみると従来のユニバーサル・マスターに比べ、広がりのある音場が再生されるような「気が」します。とくに"I Surrender"のコーラス等で伺える自然さはこのマスタリングの成果と言っていいでしょう。前2作よりも意義のあるディスクではあると思います。

それより何より、添付されているブックレットに掲載された"Maybe Next Time"の曲目クレジットがちゃんと"Vielleicht Das Nächste Mal"に訂正されているのがポイント。欧米では1986年のCD発売時に修正されていたものですが、それに遅れること30年近く、日本でもようやく修正タイトルがクレジットされるようになりました。


UK Rock Classics RCV 024 LP : [Difficult To Cure]


ジャケット画像

2010年、イギリスのBack on BlackというディストリビューターのRock Classicsというレーベルからリリースされた、再発盤となります。透明なクリア・ヴィニールを使用した180gの重量盤に、ジャケットのイメージでデザインされたカスタム・レーベルでプレスされたレコード(……透明ヴィニールに遭遇するのはこのシリーズで二度目なので、もしかしたら各アルバムとも、色違いの盤が存在するのかもしれませんが、未確認ですし、確認したいとも思いませんwww)。ジャケットのレタリング、レイアウト等はイギリス盤に準拠したものですが、シングル・ジャケットだったオリジナル盤と異なり、イギリス盤で使用されていたカスタム・インナーのデザインを使用した内ジャケを持つ、ダブル・ジャケットとして制作されています。インナー・スリーヴは黒となっています。ユニヴァーサルのライセンス生産というクレジットがあるので、使用されているマスターはおそらく1999年にリマスタリングされたデジタル・ソースではないかと考えられます。音はふつう(・∀・)

ジャケット画像


JP Polydor 18MM 0573 : [Difficult To Cure]


ジャケット画像

ロックのアルバムでもCD化の波が進み始めた時期、1987年7月1日にリリースされた、再発日本盤。おそらく、日本における最後のアナログ・プレスとなっています。

ジャケットは初回盤同様の体裁。ただ、初回盤より若干色調が褪せ……てるかもしれないと思わなくもなくはなくなくなく(ヲイ)。ライナー・ノーツも、イギリス盤でインナー・バッグとして使用されていたデザインを使用した、初回盤同様のものがついています。レーベルは通常のポリドール・ラベル。裏ジャケットのバーコードが時代を感じさせます……帯に隠れていて、帯のバーコードしか見えませんが(汗。帯には「オリジナル・テープよりデジタル・マスタリング」の文字が惹句として入っています。CD化の際に作成されたデジタル・マスターからのプレスとなり、それまで日本に送られていたコピー・テープからのプレスではないことが伺えます。ただ、当時リリースされていたCDで確認されている、"No Release"イントロにおける音飛びが確認出来ない事が少々引っ掛かるポイント。CDでここの音飛びが修正されたのは、1998年にリリースされた日本盤リマスターからなので、当再発盤に使用されたマスターが、CDと同じマスターかどうかについては若干の疑問が残ります。

ジャケット画像


UK Polydor SPELP 76 : [Difficult To Cure]


ジャケット画像

1984年か1985年頃にリリースされた、廉価盤になります。若干薄目の紙質で作られたジャケットは、印刷がこれまたチープな感じのコントラストになっています。右上に貼られたステッカーは、違うパターンのも見たような記憶があるので、メーカーからの出荷時ではなく、流通過程のどこかで貼られたものではないかと推測しています。裏ジャケットもオリジナル盤との大きな違いはありません。ということは、A面5曲目のタイトル・クレジットもオリジナル盤どおりということです。カスタム・インナー・バッグは使用されず、通常のカンパニー・スリーブが使われています。

盤は新たにカッティングされたマザーを使用してのプレスとなっています。レーベルはオリジナル盤ではカスタム・レーベルでしたが、当リイシュー盤は通常のポリドール・ラベルです。こちらのクレジットも、"Vielleicht Das Nächster Zeit"となっています。なので、「 it was corrected on later releases of the album and consequently listed as ‘Vielleicht Das Nächste Mal’. ("Black Knight – Ritchie Blackmore" P378)」という文章が正しいのだとすれば、ここで書かれている"later releases"とは、当リイシュー盤を差したものではなく、CDの記事で検証したように、CDでの再発盤ということになります。

ジャケット画像


JP Universal UICY 9195 : [Difficult To Cure]


ジャケット画像 ジャケット画像

欧米でのリマスター盤リリースからやや遅れて登場した日本盤となります。このユニバーサル版のリマスター登場により、ポリドール版のリマスターは役割を終え、廃盤となりました。本邦初登場の盤は通常のジュエル・ケースでのリリースでしたが、掲載したものは2001年後半にリリースされたペーパー・スリーブのパッケージです。音飛びは解消されていますが、"Maybe Next Time"のクレジットは相変わらず"Vielleicht Das Nähster Zeit"のままです。

厚手だったポリドール盤のスリーブと異なり、薄手の紙にイギリス盤アナログを意識したかのようなコーティングが施され、ジャケットの張り合わせもイギリス盤アナログに倣った張り合わせになっています。ただ、そこまでこだわるならなんでUK盤のジャケット・デザインでリリースしなかったの?と文句を言ってみたり。Deep PurpleではUS盤やUK盤でのジャケット・デザインの違いを反映させたリリース等もまれに行われていますが、Rainbowではそのあたりはまだまだ無頓着な感じ。まぁ、こだわってこれ以上リリースを増やされても欲しくないですけども(^^;

ジャケットにはここまでこだわっておきながら、盤は通常のポリドールのアナログ・レーベルを再現しただけのあっさりしたもの。UK盤初回にこだわるならあのカスタム・レーベルを再現すべきだし、日本盤の再現というほど昔のアナログにそっくりなわけでもない。これだったら欧米盤に使われていたカスタム・レーベルを使ってもらった方がどれだけましだったことかと、またもや重箱の隅をちくちくと(笑)

こーいうくだらないことをくどくどと騒ぐファンが多いせいか、ユニバーサルは毎年のようにパッケージと規格番号を新しくして当リマスター版を再発し続けています。全部揃えないと気が済まない向きは別として、どれか一つ聴いていれば十分。ただ、個人的には、SHM-CDは薦めません。