05-16[Budokan Night 1985]


ジャケット画像

Shakuntala SICD 153-54
Tokyo 16 May 1985

Disc 1

  1. Highway Star
  2. Nobody’s Home
  3. Strange Kind Of Woman
  4. Blues
  5. A Gypsy’s Kiss
  6. Perfect Strangers
  7. Under The Gun
  8. Lazy

Disc 2

  1. Child In Time
  2. Knocking At Your Back Door
  3. Difficult To Cure
  4. Organ Solo
  5. Space Truckin’
  6. Woman From Tokyo
  7. Black Night

1985年、再結成Deep Purpleの来日公演最終日、5月16日のステージを収録したとされるオーディエンス音源をソースとした2枚組プレスCD。CDとしては初登場の音源です。アナログ盤[The Perfect Stranger]で使用されていた録音をソースとしています。少しステージから距離を感じる音場ですが、会場の残響があまりないデッドな録音のせいか、各楽器の音が非常によく録れており、とくにリッチーのギターの音が生々しくて、昔から大好きな録音でした。この録音がCDでよみがえったのはありがたいことです。ジャケットも東芝盤「ブラック・ナイト」のオマージュとなっており、全体の作りも丁寧です。

この日はアンコールの最後に"Smoke On The Water"でスタッフ全員のラインダンスが披露されたという話ですが、アナログ盤の頃からこの音源では"Smoke On The Water"を聴くことが出来ませんでした。本作でも"Smoke On The Water"は未収録となっていますので、ソースとなったテープからこうなっていると推定できます。


02-19 [Detroit 1985]


ジャケット画像

Darker Than Blue [259/60]
Detroit 19 February 1985

Disc 1

  1. Intro
  2. Highway Star
  3. Nobody’s Home
  4. Strange Kind Of Woman
  5. Blues
  6. A Gypsy’s Kiss
  7. Perfect Strangers
  8. Under The Gun
  9. Lazy
  10. Drum Solo
  11. Child In Time

Disc 2

  1. Knocking At Your Back Door
  2. Difficult To Cure
  3. Keyboard Solo
  4. Space Truckin’
  5. Woman From Tokyo
  6. Speed King
  7. Smoke On The Water

1985年前半のアメリカ・ツアー、序盤の締めというか中盤の差し掛かりというか、2月19日にデトロイトで行われたステージを収録したとされるオーディエンス音源をソースとした2枚組プレスCD。既発盤[Welcome Back]でも使用されていた録音です。[Welcome Back]よりも全体的にふくよかな印象の音になっていて、聴きやすさが増しているように思います。テープのヨレなどは解消されていない部分も多いですが、[Welcome Back]が登場して十数年、この演奏が埋もれてしまうのはもったいない、と思うくらいのステージではあるので、未聴の方はとっとと探して聴きましょう。


02-26 [New Haven 1985]


ジャケット画像

Darker Than Blue [247/48]
New Haven 26 February 1985

Disc 1

  1. Intro
  2. Highway Star
  3. Nobody’s Home
  4. Strange Kind of Woman
  5. Blues
  6. A Gypsy’s Kiss
  7. Perfect Strangers
  8. Under The Gun
  9. Lazy

Disc 2

  1. Child in Time
  2. Knocking at Your Back Door
  3. Difficult To Cure
  4. Keyboard Solo
  5. Space Truckin’
  6. Smoke on the Water

1985年前半のアメリカ・ツアーから、2月26日に行われたニュー・ヘイヴン公演を収録したとされるオーディエンス音源をソースとしたプレスCD。[Live Cassette Analysis]には、"Smoke On The Water"を別ソースで補填したらしきテープについて言及されていますが、本作に使用されているソースは(たぶん)すべてこの日の録音で構成されていると思っていいでしょう。デッドな響きのステージに近い音場で、バランスも良好です。24日のピッツバーグの後、1日置いたにもかかわらずギランの声が少々荒れ気味ですが、それがパフォーマンスに気迫を与えているように思います。


01-31 [Perfect Cow Palace]


ジャケット画像

Darker Than Blue [181/82]
San Francisco 31 January 1985

Disc 1

  1. Introduction
  2. Highway Star
  3. Nobody’s Home
  4. Strange Kind Of Woman
  5. Blues
  6. A Gypsy’s Kiss
  7. Perfect Strangers
  8. Under The Gun
  9. Lazy
  10. Ian Paice Drum Solo
  11. Child In Time
  12. Knocking At Your Back Door

Disc 2

  1. Beethoven 9th
  2. Jon Lord Keyboard Solo
  3. Space Truckin’
  4. Woman From Tokyo
  5. Member Introduction
  6. Speed King
  7. Smoke On The Water

1985年1月18日にスタートしたアメリカ・ツアー。再結成Deep Purpleの本格的なお披露目となったこのツアー、4月上旬まで続くというハードなサーキットを繰り広げており、回数も期間に応じて多いのですが、ディスク化される機会は以外と多くなく、初音源ともなると滅多に出てこないのが悩ましいところ。これは、そんな滅多に出てこない初音源、ツアー序盤の1月31日に行われたサンフランシスコはカウ・パレスでのステージを収録したとされるオーディエンス音源をソースとした2枚組プレスCDです。

当カウ・パレス公演はかつてCD-Rが出回っていましたが、当ディスクの主要なソースはそれとは別音源。それほどオン・マイクというわけではないものの、臨場感はそれなりにあり、バランスもまぁまぁ。濁りのない低世代のテープで聴きやすさも十分です。オーディエンス・ノイズやホール・トーンは適度に入っていて会場の雰囲気を想像させてくれますし、そばで騒ぐ観客もそれほど気にならないので、音場に没頭できると思います。

このツアーでは三日から四日間続けてコンサートをやった後に二日から三日間程度のインターバルをおく、というローテーションでサーキットしていて、この日はインターバル空けの初日でした。ツアーそのものの序盤ということでこのローテーションがまだ常態化していない時期のせいか、メンバー各自のパフォーマンスのムラがかなり感じられるような気がします。前半部、"Strange Kind Of Woman"や"Under The Gun"あたりのムードは素晴らしいです。中盤でややダレる感というか微妙な噛み合わなさが出る瞬間がありますが、ジョンのソロ以降は持ち直して"Space Truckin’"からアンコールまで一気に行く感じ。テープの方は"Space Truckin’"の途中から別ソースとなるので一気には行けてません(笑)

前年のオーストラリア・ニュージーランド公演でのアンコールは"Black Night"で始まっていましたが、アメリカ・ツアーでは"Woman From Tokyo"で始めるようになりました。この頃の"Woman From Tokyo"はリズムが変わるパートの直前で「ジャン」で終わりますが、この日のギランはリズム・チェンジ後のパートを少し歌いかけますがやっぱりやめてます。歌詞覚えてないんだから無理せんでえぇ(汗

1月は都合8ヶ所でコンサートが行われていますが、これはその最終日となります。24日のヒューストンでのステージはCD-Rが出回っていますがプレス盤は未登場。その他のコンサートはテープの存在は知られているもののディスク化されているものは未確認です。テープの存在そのものが知られていないものも多く、アメリカ・ツアー初日となるオデッサでのステージもテープの存在は未確認。つか、このオデッサがアメリカのどこの州のオデッサのことなのか知ってる人いたら教えてください。ググったらアメリカにはオデッサが6ヶ所くらいあるので目眩がしてきたんですけど(汗。まぁ、たぶんテキサスだとは思うのですが、聴けるものが出てきたら「オデッサの激戦」みたいなタイトルでディスク化希望……あっちはウクライナだが(笑)


02-17 [Made In Capone’s Domain]


ジャケット画像

Tarantura TCDDP 11/12
Disc 3 & 4 : Chicago 17 February 1985

Disc 1 & 2は省略

  1. Opening
  2. SE – Start
  3. Highway Star
  4. Nobody’s Home
  5. Strange Kind Of Woman
  6. Blues
  7. A Gypsy’s Kiss
  8. Perfect Strangers
  9. Under The Gun
  10. Lazy
  11. Drum Solo
  12. Lazy
  13. Child In Time
  1. Knocking At Your Back Door
  2. Difficult To Cure
  3. Jon Lord Solo
  4. Space Truckin’
  5. Standard Medley – Jam
  6. Space Truckin’ (Reprise)
  7. Woman From Tokyo
  8. Band Introduction
  9. Speed King
  10. Smoke On The Water

前年に発表した[Perfect Strangers]を引っ提げて臨んだ1985年のアメリカ・ツアー、序盤の2月中旬に行われたシカゴでの2公演を収録したとされるオーディエンス音源をソースとした4枚組プレスCD。当サイトでは日付ごとに掲載します。

[Perfect Chicago Nights]の登場からさほど時を置かずにリリースされたペーパースリーヴと紙製ボックスのパッケージで、使用されている音源も同じ録音だと思われます。ただ、マスタリングに相違があり、聴かせようとしている音域が異なっているため、どのような聴こえ方が好みかで、どちらに軍配をあげるかは分かれそうな雰囲気。リスニング・ルームで自分の好みに音を作りたい人は[Perfect Chicago Nights]を、モバイルで聴く機会が多い人、音作りの手間を省きたい向きは当アルバムを、それぞれチョイスすればそれぞれ幸せになれ……るかもしれまへん(・∀・)

このシカゴの2日間、せっかくオン・マイク、オフ・マイクの優秀録音が2日間とも揃っているのですから、CD-Rしかないオン・マイク録音のソースを永久保存がっちりプレス盤でひとつ、と誰に言うとでもなくお願いしてみるなど(笑)


02-16 [Made In Capone’s Domain]


ジャケット画像

Tarantura TCDDP 11/12
Disc 1 & 2 : Chicago 16 February 1985

Disc 1

  1. SE
  2. Highway Star
  3. Nobody’s Home
  4. Strange Kind Of Woman
  5. Blues
  6. A Gypsy’s Kiss
  7. Perfect Strangers
  8. Under The Gun
  9. Lazy
  10. Drum Solo
  11. Lazy
  12. Child In Time

Disc 2

  1. Knocking At Your Back Door
  2. Difficult To Cure
  3. Jon Lord Solo
  4. Space Truckin’
  5. Standard Medley – Jam
  6. Woman From Tokyo
  7. Band Introduction
  8. Speed King
  9. Smoke On The Water
  10. Tape Music Outro.

Disc 3 & 4は省略

前年に発表した[Perfect Strangers]を引っ提げて臨んだ1985年のアメリカ・ツアー、序盤の2月中旬に行われたシカゴでの2公演を収録したとされるオーディエンス音源をソースとした4枚組プレスCD。当サイトでは日付ごとに掲載します。

[Perfect Chicago Nights]の登場からさほど時を置かずにリリースされたペーパースリーヴと紙製ボックスのパッケージで、使用されている音源も同じ録音だと思われます。ただ、マスタリングに相違があり、聴かせようとしている音域が異なっているため、どのような聴こえ方が好みかで、どちらに軍配をあげるかは分かれそうな雰囲気。リスニング・ルームで自分の好みに音を作りたい人は[Perfect Chicago Nights]を、モバイルで聴く機会が多い人、音作りの手間を省きたい向きは当アルバムを、それぞれチョイスすればそれぞれ幸せになれ……るかもしれまへん(・∀・)

このシカゴの2日間、せっかくオン・マイク、オフ・マイクの優秀録音が2日間とも揃っているのですから、CD-Rしかないオン・マイク録音のソースを永久保存がっちりプレス盤でひとつ、と誰に言うとでもなくお願いしてみるなど(笑)


02-17 [Perfect Chicago Nights]


ジャケット画像

Darker Than Blue [177/80]
Disc 3 & 4 : Chicago 17 February 1985

Disc 1 & 2は省略

Disc 3

  1. Intro.
  2. Highway Star
  3. Nobody’s Home
  4. Strange Kind Of Woman
  5. A Gypsy’s Kiss
  6. Perfect Strangers
  7. Under The Gun
  8. Lazy
  9. Drum Solo
  10. Child In Time

Disc 4

  1. Knocking At Your Back Door
  2. Difficult To Cure
  3. Keyboard Solo
  4. Space Truckin’
  5. Woman From Tokyo
  6. Member Introduction
  7. Speed King
  8. Smoke On The Water

前年に発表した[Perfect Strangers]を引っ提げて臨んだ1985年のアメリカ・ツアー、序盤の2月中旬に行われたシカゴでの2公演を収録したとされるオーディエンス音源をソースとした4枚組プレスCD。当サイトでは日付ごとに掲載します。

後半部の2枚は2日目にあたる2月17日とされる音源を収録しており、この日付がプレスCDで登場するのは初めてのことになります。CD-Rではかなり以前に登場したことがあり、そちらとは別音源。"Chicago Connection"というCD-Rで聴くことができた音源は"The Untouchables"同様の音像(歪みやかすれなどの存在も同様)でしたが、こちらはやはり環境丸録りと言えるオーディエンス録音です。前半部の2枚に収録された初日の音源よりも空気感のやや多い音場で録られていますが、音の歪みや濁りはないので聴くのにストレスはありません。初日よりも固まり気味の音像ですが何をやっているかがわからないほどではありません。各パートの動きは"Chicago Connection"で聴ける音源の方がよくわかりますが、こちらも捨てがたい録音です。

ギランの曲紹介ではいつもの出鱈目バイリンガルではなく、色と数字を使ってますが、英語がわからん身としてはついていけんというかなんというか。前日よりも喉の調子は戻ってきてるようなパフォーマンスなので、この時期のDeep Purpleのパフォーマンスに心置きなく身を委ねることが出来るんじゃまいかと。