01-31 [Perfect Cow Palace]


ジャケット画像

Darker Than Blue [181/82]
San Francisco 31 January 1985

Disc 1

  1. Introduction
  2. Highway Star
  3. Nobody’s Home
  4. Strange Kind Of Woman
  5. Blues
  6. A Gypsy’s Kiss
  7. Perfect Strangers
  8. Under The Gun
  9. Lazy
  10. Ian Paice Drum Solo
  11. Child In Time
  12. Knocking At Your Back Door

Disc 2

  1. Beethoven 9th
  2. Jon Lord Keyboard Solo
  3. Space Truckin’
  4. Woman From Tokyo
  5. Member Introduction
  6. Speed King
  7. Smoke On The Water

1985年1月18日にスタートしたアメリカ・ツアー。再結成Deep Purpleの本格的なお披露目となったこのツアー、4月上旬まで続くというハードなサーキットを繰り広げており、回数も期間に応じて多いのですが、ディスク化される機会は以外と多くなく、初音源ともなると滅多に出てこないのが悩ましいところ。これは、そんな滅多に出てこない初音源、ツアー序盤の1月31日に行われたサンフランシスコはカウ・パレスでのステージを収録したとされるオーディエンス音源をソースとした2枚組プレスCDです。

当カウ・パレス公演はかつてCD-Rが出回っていましたが、当ディスクの主要なソースはそれとは別音源。それほどオン・マイクというわけではないものの、臨場感はそれなりにあり、バランスもまぁまぁ。濁りのない低世代のテープで聴きやすさも十分です。オーディエンス・ノイズやホール・トーンは適度に入っていて会場の雰囲気を想像させてくれますし、そばで騒ぐ観客もそれほど気にならないので、音場に没頭できると思います。

このツアーでは三日から四日間続けてコンサートをやった後に二日から三日間程度のインターバルをおく、というローテーションでサーキットしていて、この日はインターバル空けの初日でした。ツアーそのものの序盤ということでこのローテーションがまだ常態化していない時期のせいか、メンバー各自のパフォーマンスのムラがかなり感じられるような気がします。前半部、"Strange Kind Of Woman"や"Under The Gun"あたりのムードは素晴らしいです。中盤でややダレる感というか微妙な噛み合わなさが出る瞬間がありますが、ジョンのソロ以降は持ち直して"Space Truckin’"からアンコールまで一気に行く感じ。テープの方は"Space Truckin’"の途中から別ソースとなるので一気には行けてません(笑)

前年のオーストラリア・ニュージーランド公演でのアンコールは"Black Night"で始まっていましたが、アメリカ・ツアーでは"Woman From Tokyo"で始めるようになりました。この頃の"Woman From Tokyo"はリズムが変わるパートの直前で「ジャン」で終わりますが、この日のギランはリズム・チェンジ後のパートを少し歌いかけますがやっぱりやめてます。歌詞覚えてないんだから無理せんでえぇ(汗

1月は都合8ヶ所でコンサートが行われていますが、これはその最終日となります。24日のヒューストンでのステージはCD-Rが出回っていますがプレス盤は未登場。その他のコンサートはテープの存在は知られているもののディスク化されているものは未確認です。テープの存在そのものが知られていないものも多く、アメリカ・ツアー初日となるオデッサでのステージもテープの存在は未確認。つか、このオデッサがアメリカのどこの州のオデッサのことなのか知ってる人いたら教えてください。ググったらアメリカにはオデッサが6ヶ所くらいあるので目眩がしてきたんですけど(汗。まぁ、たぶんテキサスだとは思うのですが、聴けるものが出てきたら「オデッサの激戦」みたいなタイトルでディスク化希望……あっちはウクライナだが(笑)


02-17 [Made In Capone’s Domain]


ジャケット画像

Tarantura TCDDP 11/12
Disc 3 & 4 : Chicago 17 February 1985

Disc 1 & 2は省略

  1. Opening
  2. SE – Start
  3. Highway Star
  4. Nobody’s Home
  5. Strange Kind Of Woman
  6. Blues
  7. A Gypsy’s Kiss
  8. Perfect Strangers
  9. Under The Gun
  10. Lazy
  11. Drum Solo
  12. Lazy
  13. Child In Time
  1. Knocking At Your Back Door
  2. Difficult To Cure
  3. Jon Lord Solo
  4. Space Truckin’
  5. Standard Medley – Jam
  6. Space Truckin’ (Reprise)
  7. Woman From Tokyo
  8. Band Introduction
  9. Speed King
  10. Smoke On The Water

前年に発表した[Perfect Strangers]を引っ提げて臨んだ1985年のアメリカ・ツアー、序盤の2月中旬に行われたシカゴでの2公演を収録したとされるオーディエンス音源をソースとした4枚組プレスCD。当サイトでは日付ごとに掲載します。

[Perfect Chicago Nights]の登場からさほど時を置かずにリリースされたペーパースリーヴと紙製ボックスのパッケージで、使用されている音源も同じ録音だと思われます。ただ、マスタリングに相違があり、聴かせようとしている音域が異なっているため、どのような聴こえ方が好みかで、どちらに軍配をあげるかは分かれそうな雰囲気。リスニング・ルームで自分の好みに音を作りたい人は[Perfect Chicago Nights]を、モバイルで聴く機会が多い人、音作りの手間を省きたい向きは当アルバムを、それぞれチョイスすればそれぞれ幸せになれ……るかもしれまへん(・∀・)

このシカゴの2日間、せっかくオン・マイク、オフ・マイクの優秀録音が2日間とも揃っているのですから、CD-Rしかないオン・マイク録音のソースを永久保存がっちりプレス盤でひとつ、と誰に言うとでもなくお願いしてみるなど(笑)


02-16 [Made In Capone’s Domain]


ジャケット画像

Tarantura TCDDP 11/12
Disc 1 & 2 : Chicago 16 February 1985

Disc 1

  1. SE
  2. Highway Star
  3. Nobody’s Home
  4. Strange Kind Of Woman
  5. Blues
  6. A Gypsy’s Kiss
  7. Perfect Strangers
  8. Under The Gun
  9. Lazy
  10. Drum Solo
  11. Lazy
  12. Child In Time

Disc 2

  1. Knocking At Your Back Door
  2. Difficult To Cure
  3. Jon Lord Solo
  4. Space Truckin’
  5. Standard Medley – Jam
  6. Woman From Tokyo
  7. Band Introduction
  8. Speed King
  9. Smoke On The Water
  10. Tape Music Outro.

Disc 3 & 4は省略

前年に発表した[Perfect Strangers]を引っ提げて臨んだ1985年のアメリカ・ツアー、序盤の2月中旬に行われたシカゴでの2公演を収録したとされるオーディエンス音源をソースとした4枚組プレスCD。当サイトでは日付ごとに掲載します。

[Perfect Chicago Nights]の登場からさほど時を置かずにリリースされたペーパースリーヴと紙製ボックスのパッケージで、使用されている音源も同じ録音だと思われます。ただ、マスタリングに相違があり、聴かせようとしている音域が異なっているため、どのような聴こえ方が好みかで、どちらに軍配をあげるかは分かれそうな雰囲気。リスニング・ルームで自分の好みに音を作りたい人は[Perfect Chicago Nights]を、モバイルで聴く機会が多い人、音作りの手間を省きたい向きは当アルバムを、それぞれチョイスすればそれぞれ幸せになれ……るかもしれまへん(・∀・)

このシカゴの2日間、せっかくオン・マイク、オフ・マイクの優秀録音が2日間とも揃っているのですから、CD-Rしかないオン・マイク録音のソースを永久保存がっちりプレス盤でひとつ、と誰に言うとでもなくお願いしてみるなど(笑)


02-17 [Perfect Chicago Nights]


ジャケット画像

Darker Than Blue [177/80]
Disc 3 & 4 : Chicago 17 February 1985

Disc 1 & 2は省略

Disc 3

  1. Intro.
  2. Highway Star
  3. Nobody’s Home
  4. Strange Kind Of Woman
  5. A Gypsy’s Kiss
  6. Perfect Strangers
  7. Under The Gun
  8. Lazy
  9. Drum Solo
  10. Child In Time

Disc 4

  1. Knocking At Your Back Door
  2. Difficult To Cure
  3. Keyboard Solo
  4. Space Truckin’
  5. Woman From Tokyo
  6. Member Introduction
  7. Speed King
  8. Smoke On The Water

前年に発表した[Perfect Strangers]を引っ提げて臨んだ1985年のアメリカ・ツアー、序盤の2月中旬に行われたシカゴでの2公演を収録したとされるオーディエンス音源をソースとした4枚組プレスCD。当サイトでは日付ごとに掲載します。

後半部の2枚は2日目にあたる2月17日とされる音源を収録しており、この日付がプレスCDで登場するのは初めてのことになります。CD-Rではかなり以前に登場したことがあり、そちらとは別音源。"Chicago Connection"というCD-Rで聴くことができた音源は"The Untouchables"同様の音像(歪みやかすれなどの存在も同様)でしたが、こちらはやはり環境丸録りと言えるオーディエンス録音です。前半部の2枚に収録された初日の音源よりも空気感のやや多い音場で録られていますが、音の歪みや濁りはないので聴くのにストレスはありません。初日よりも固まり気味の音像ですが何をやっているかがわからないほどではありません。各パートの動きは"Chicago Connection"で聴ける音源の方がよくわかりますが、こちらも捨てがたい録音です。

ギランの曲紹介ではいつもの出鱈目バイリンガルではなく、色と数字を使ってますが、英語がわからん身としてはついていけんというかなんというか。前日よりも喉の調子は戻ってきてるようなパフォーマンスなので、この時期のDeep Purpleのパフォーマンスに心置きなく身を委ねることが出来るんじゃまいかと。


02-16 [Perfect Chicago Nights]


ジャケット画像

Darker Than Blue [177/80]
Disc 1 & 2 : Chicago 16 February 1985

Disc 1

  1. Intro.
  2. Highway Star
  3. Nobody’s Home
  4. Strange Kind Of Woman
  5. A Gypsy’s Kiss
  6. Perfect Strangers
  7. Under The Gun
  8. Lazy
  9. Drum Solo
  10. Child In Time

Disc 2

  1. Knocking At Your Back Door
  2. Difficult To Cure
  3. Keyboard Solo
  4. Space Truckin’
  5. Woman From Tokyo
  6. Member Introduction
  7. Speed King
  8. Smoke On The Water

Disc 3 & 4は省略

前年に発表した[Perfect Strangers]を引っ提げて臨んだ1985年のアメリカ・ツアー、序盤の2月中旬に行われたシカゴでの2公演を収録したとされるオーディエンス音源をソースとした4枚組プレスCD。当サイトでは日付ごとに掲載します。

初日となる2月16日を収録したとされる前半の2枚は、1990年代にリリースされたプレスCD[Chicago ‘85]で前半部分が初登場し、その数年後に"The Untouchables"として全長版のCD-Rが登場していたテープとは別の音源を使用しているとの触れ込み。ライン録音に近い"Band Recording"であったものの、録音時に生じたと思われる音の歪みやテープの状態による音のかすれなどが多かった"The Untouchables"音源と比較すると、会場の大きさが想像できる適度なホール・トーンを伴いながらもオン気味の音が録られており、バランスもまあまあで低音の輪郭もかなりしっかりしており、大変聴きやすい音像。もちろん濁りのほとんどないマスター・グレードの世代のテープで、ストレスなく聴くことができます。

個人的には歪んじゃったオン・マイク録音よりもこーいう「環境丸撮り」みたいな録音のほうに惹かれるのですが、この手のブツを聴く方々にはあまり理解されたことないのが悲しいヽ(;▽;)ノ


05-16 [The Magnificent Five]


ジャケット画像

Calm & Storm [035]
Tokyo 16 May 1985

Disc 1

  1. Intro.
  2. Highway Star
  3. Nobody’s Home
  4. Strange Kind Of Woman
  5. Blues
  6. A Gypsy’s Kiss
  7. Perfect Strangers
  8. Under The Gun
  9. Lazy
  10. Drums Solo
  11. Child In Time

Disc 2

  1. Knocking At Your Back Door
  2. Difficult To Cure
  3. Jon Lord Keyboard Solo
  4. Space Truckin’ incl. Guitar Crash
  5. Woman From Tokyo
  6. Black Night
  7. Smoke On The Water

1985年の来日公演、最終日となった5月16日の武道館公演を収録したとされるオーディエンス音源をソースとした2枚組プレスCD。武道館初日となる13日の公演が未だにプレスCDで日の目を見ていない1985年日本公演の中でこの日の音源がプレスCDとしてリリースされるのは[Final Crash!]以来であり、多数のディスクが出回っている14日、15日にようやく追いついて来た感もあります。今回は初登場となる音源を使用しての登場。タイトルは映画「荒野の七人」の原題をもじったもの。

CD-R[Perfect Gunners]で初登場となった、SEを2回かけ直したオープニングはここでも聴かれますが、デヴィッド・マンロウが指揮するところのスサートの作品("Renaissance Faire"の原曲)がかかるところは、途中で録音が止められています。観客の反応も「なんじゃこりゃ」的な戸惑いを感じますが、これがまさか12年後にリッチーの手で奏でられるとは録音者も観客も思ってもみなかったことでしょう。

多少歪みがありますが、音の濁りは少なく、所々で発生するテープの掠れもそれほど気になりません。リズム隊が少々引っ込んだバランスですが、程よい距離感で会場のエコーも捉えられた音場はとっつきは良いと思います。ただ、ここまで登場してきているオーディエンス音源の中でベストか、と言われると、好み等もあるので一概には言えませんが、個人的には[The Perfect Stranger]で聴ける音場が一番オン気味の録音になっていると思います。カッティングレベルが少々低いのが残念ポイントではありますが、リッチーのギターに関してはこのアナログ盤が一番生々しいかと。[The Magnificent Five]は現時点でデジタル・メディアで聴ける音源としてはベストとして良いかと思います。高域の整え方のせいか、録音時のわずかな歪みが刺々しい印象を残しているのがちょっと残念。それでも、Blackmore’s Nightの原点が聴けるオープニングから日本ではこれが最後となるリッチーのギター・クラッシュまで、一気に聴けると思います。

さて、初日もプレスCDで登場すると期待しちゃって良いですヨネ?(・∀・) "Strange Kind Of Woman"の後の、あの堪え難い空気感も完璧に収録した武道館初日のディスクを楽しみにしちゃって良いですヨネ?(・∀・)


05-11 [Far From God]


ジャケット画像

Darker Than Blue [115/20]
Nagoya 11 May 1985

Disc 1-4は省略

Disc 5

  1. Intro.
  2. Highway Star
  3. Nobody’s Home
  4. Strange Kind Of Woman
  5. Blues
  6. A Gypsy’s Kiss
  7. Perfect Strangers
  8. Under The Gun
  9. Lazy
  10. Drums Solo
  11. Child In Time

Disc 6

  1. Knocking At Your Back Door
  2. Difficult To Cure
  3. Keyboard Solo
  4. Space Truckin’
  5. Woman From Tokyo
  6. The Yellow Rose Of Texas
  7. Black Night

1985年5月に行われた再結成DPの来日公演から、前半戦にあたる3日間を収録したとされるオーディエンス音源をソースとした6枚組プレスCD。当サイトでは日付ごとに掲載します。

5月11日に行われた名古屋公演は、これまで音源が出回ることが何故か少なく、プレスCDでのリリース例は皆無(言い切ってしまった(^^;)です。CD-Rでは当レーベルの前身の系列にあたるLangleyがリリースした[Reunion In Nagoya]をはじめとしていくつかが出回っていました。今回はこの{Reunion In Nagoya]で使用されていた音源を、リマスタリングの上、プレスしたもので、名古屋公演待望のプレスCDとなります。これで、1985年の来日公演でプレスCDが出ていないのは、東京初日の5月13日のみとなりました。いろいろと期待しております(笑)

濁り、歪みの少ないテープで、オン気味の音像が展開し、大阪の2日間と比較すると広がりのある音場が再現される、上質の録音となっています。オーディエンス・ノイズも程よい感じで、当日のライヴを再現するには申し分のないディスクだと思います。

演奏は大阪2日目のノリを引き継いだような、勢いのあるプレイが楽しめます。勢いあまって所々で構成がすっ飛んじゃう(誰とは言わない、みんないろんなところですっ飛んでいる(^^;)ところも、いつものDeep Purpleのステージになって来ていると言えると思います。大阪はやはり「あの」大阪っていう気負いがやや感じられたのですが、この名古屋公演ではそのような気負いも取れていて、メンバーの楽しんでいる様子が伝わってきます。

この日はこの年の日本公演で唯一"Smoke On The Water"をプレイしていないのですが、"Black Night"の導入で、スタンダードの"The Yellow Rose Of Texas"で遊んでいたりするのがポイントです。なぜ"Smoke On The Water"をやらなかったのかは定かではありませんが、ステージの出来以外の要因などがあったのではなかろうかとか、いろいろと想像して楽しみましょう(^^)